欲しいのはレアitem。韓国人筆者がオススメする新大久保では買えない神コスメ7選

せっかく韓国に行くなら、日本ではゲットできないコスメを手に入れたいですよね。そんなあなたのために、日本ではなかなか購入することができないコスメを7つご紹介します。シカクリームやアンプル、ゲルなどのスキンケア用品はもちろん、最近注目されているメイクアップのブランドもありますよ。韓国旅行前にチェックしてみて♡

新大久保では買えないコスメが欲しい

新大久保では買えないコスメが欲しい

出典: lipscosme.com

せっかくの韓国旅行。
韓国まで行ったからには、
日本ではゲットできないコスメが欲しいですよね。

今回は、韓国人の筆者が帰国の度に購入する優秀なコスメをご紹介します。

Chapter1:スキンケア用品

01__Cicalfate

01__Cicalfate

出典: lipscosme.com

筆者は韓国に帰国すると、第一に『Eau Thermale Avène(アベンヌ)』の「Cicalfate S.O.S cream(シカルファート S.O.S クリーム)」を購入しています。

韓国では2013年に発売されたシカクリームですが、日本では展開されていないので、韓国で購入するようにしています。

出典: lipscosme.com

肌の損傷を改善して予防する効果のあるとされている成分「シカルファート」が入っているクリームは、17年前にフランスでつくられたシカクリームです。

乾燥が気になる時や、肌荒れ対策をしたい時にオススメです。
オリーブヤング等のドラッグストアでチェックしてみて。

02__CICAPLAST BAUME B5

02__CICAPLAST BAUME B5

続いてご紹介するのは、画像左の『LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)』の「CICAPLAST BAUME B5(シカプラスト バウム B5)」。

日本では展開されていないシカクリームです。

肌にダメージを受けた時や、乾燥による痒みで悩んでいる時に肌を鎮静させてくれますよ。

筆者的にはアベンヌのクリームよりもつけ心地が軽いシカクリームを探している人や赤みで悩んでいる人にオススメです。

03__CICAGOアンプル

03__CICAGOアンプル

出典: lipscosme.com

ニキビや肌荒れ、油水分バランスで悩んでいる人にオススメのブランド、『ISOI(アイソイ)』。

その中でも画像の「ブルガリアンローズブレミッシュケアセラム Ⅱ」は、肌の透明感をUPして、キメを細かく整えてくれるアイテム。

出典: lipscosme.com

ダメージを受けた肌を鎮静させて、赤くなりやすい肌のトーンを均一に整えてくれるのもありがたいポイント。

画像のようなテクスチャーで肌馴染みのいいので、負担なくいつものスキンケアのプラスαとして取り入れられそう。

Store Info

04__ブレミシン ラップ プロックシル ゲル

04__ブレミシン ラップ プロックシル ゲル

出典: lipscosme.com

化粧品を買う時、成分を優先的にチェックするという人にオススメのブランド、『마녀공장(マニョゴンジャン)魔女工場』。

筆者は2年前から魔女工場のアンプルやクリームを愛用していますが、その中でもリピート確定のものは、「ガラクトミセス ナイアシン エッセンス」。

出典: lipscosme.com

肌を保湿することで透明感を足して、キメを整えることが期待できます。
ベタつきなく肌に馴染むので、湿ケアはしたいけれどベタつきが気になるという人にオススメです。

オリーブヤングで購入できるからチェックしてみて。

Website

Chapter2:メイクアップ

01:moonshot(ムーンショット)

01:moonshot(ムーンショット)

出典: lipscosme.com

『moonshot』は、ブラックピンクなどが所属している芸能事務所、YGエンターテインメントがプロデュースしているコスメブランド。

日本でも見かけたことがあるかもしれませんが、画像の「ハニーカバーレットアイシャドウパレット」は、まだ見たことないという人の方が多いはず。

出典: lipscosme.com

「ハニーカバーレットアイシャドウパレット」は、女優のユ・インナさんがプロデュースしていて、デイリー使いに抜群なソフトな色味が特徴的です。

パッケージもとても可愛いくて、パーソナルカラーにかかわらず使える色ばかりだから韓国に行く予定がある人は一度店舗に足を運んでみて。

Store Info

02:hince(ヒンス)

02:hince(ヒンス)

出典: lipscosme.com

『hince』は、今年ローンチしたMood-Narrative(ムードナラティブ)をコンセプトにしたコスメブランド。

このムードナラティブには、「密度ある豊富なカラーを通してあなたの固有の雰囲気を積み重ね、隠れている本来の美しさを発現させる」という意味を込めているんだそう。

出典: lipscosme.com

既にインスタグラムでは、ヒンスのリップスティックは曲線が印象的なパッケージとマットなのに滑らかに塗ることができるテクスチャーだと人気を集めています。

雰囲気美人になれる色のリップを探している人にオススメですよ。

03:Peach C(ピーチシー)

03:Peach C(ピーチシー)

『Peach C』は、オルチャンで名を知られ、ECサイトのECO、そしてユーチューバーとして活動中のハヌルさんがローンチしたコスメブランド。

ハヌルさんのイメージとぴったりな果実メイクができるコスメが集まっています。

出典: lipscosme.com

ローンチ後に筆者がまずチェックしたのは、アイシャドウとチーク。
どれもソフトな色味だからフェミニンで明るい印象を演出することができます。

今っぽいオルチャンメイクを覗き見ることができるから、まずはウェブサイトからチェックしてみて。

Website

韓国の神コスメ、GETしてね

韓国の神コスメ、GETしてね

出典: lipscosme.com

今回ご紹介したコスメ、いかがでしたか?

韓国旅行に行く予定ができた時、是非この記事を参考にして、韓国ならではのコスメをゲットしてみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。