ガーリースタイルのミューズはここにあり。ソフィア・コッポラ監督の名作映画集

女の子の胸の奥に潜んだオトメ心をくすぐるガーリーな映画を数多く手がける、ソフィア・コッポラ監督。彼女の世界観でガーリースタイルを確立した女の子はたくさんいるはずです。今回は、そんなソフィア・コッポラ監督が手がけた『ヴァージン・スーサイズ』や『マリー・アントワネット』などの名作映画を紹介します。

女の子の憧れが詰まった映画

女の子の憧れが詰まった映画

女の子はいくつになってもキラキラしたものにトキメキを感じたい。
カワイイものやガーリーなものに憧れを持っていたい。

そんな私たちの胸の奥に潜んだオトメ心をくすぐる映画を手がけるのが、ソフィア・コッポラ監督。

「ガーリー・カルチャーの先駆者」「ガーリーの神様」なんて言われていて、ガーリーを語る上では欠かせない存在。
彼女が作り出す作品は、ロマンチックな映像や音楽、美しい描写、センス抜群のファッションが融合したとても魅力的なものばかりなんです。

そこで今回は、そんなソフィア・コッポラ監督が手がけた5つの名作映画を紹介していきます。

ヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズ

ソフィア・コッポラ監督のデビュー作品『ヴァージン・スーサイズ』。
90年代のガーリーカルチャーの先駆けとなった作品でもあるんです。

思春期の儚さや危うさを神秘的に表現した作品になっています。
美しい描写やおしゃれなファッションと、奥深いストーリーで人気なんです。

美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのあるリズボン家の5人姉妹。ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれたパーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。

出典:movies.yahoo.co.jp

あのお部屋、憧れちゃうよね

あのお部屋、憧れちゃうよね

『ヴァージン・スーサイズ』を観たら、きっとおしゃれなインテリアに憧れちゃうはず。

リズボン家の美人5人姉妹の部屋は、淡いカラーの壁紙や小物で揃えられていてとっても可愛いんです。
デスクの上にアロマキャンドルやおしゃれな香水を並べるだけで、真似っこできちゃうので挑戦してみるのもいいかも♡

お部屋の中を可愛くしたい!そんな女の子におすすめのアイテムをご紹介します。300円ショップ、3COINSで売っているハンガーやハンドメイドアイテム、自分で簡単に作れるランプなど、簡単に取り入れられるアイテムなので是非可愛いお部屋作りに役立てて下さい。

ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション

なんと舞台が東京のラブストーリー作品。
孤独を抱える2人の男女の出会いを描いています。

映画の中では、ギラギラと輝く新宿の夜景や渋谷のスクランブル交差点など、東京の様々なスポットが主人公の感情とリンクして描かれています。
ソフィア・コッポラ監督目線の東京の景色が美しく映し出されている作品です。

CM撮影のため来日したハリウッドのベテラン俳優とカメラマンの夫に付き添って来日した若妻、2人のアメリカ人が異国で体験する淡い恋心を描く。『ヴァージン・スーサイズ』でデビューしたソフィア・コッポラ監督の2作目にして第76回アカデミー賞の作品賞にノミネートされた秀作。『チャーリーズ・エンジェル』にも出演していたビル・マーレイ。彼はこの役でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。相手役の若妻には『ゴーストワールド』のスカーレット・ヨハンソン。東京の雑踏がコッポラ監督によって、美しく映し出されているのも日本人にとって新たな発見。

出典:movies.yahoo.co.jp

撮影場所に足を運んでみる?

撮影場所に足を運んでみる?

『ロスト・イン・トランスレーション』を観たら撮影場所に足を運びたくなるはず。

主人公の男女が出会うシーンで使われいるのが、新宿にあるホテル「パーク ハイアット 東京」の52階にある『ニューヨーク バー』。
シックで落ち着いた店内で、東京の夜景が一望できるこのバーは映画の主人公気分をそのまま味わうことができちゃいますよ。

official site

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

ソフィア・コッポラ監督と言ったらこの作品という人が多いはず。
マリーアントワネットの半生と心境を描いた作品です。

この映画の魅力は何と言っても、淡いパステルカラーの美しい衣装と実際にヴェルサイユ宮殿で撮影された豪華できらびやかな映像。
ソフィア・コッポラ監督の優れた色彩感覚に魅了されます。

14歳で王家に嫁いで、王太子妃となったマリー・アントワネット。フランス王室のしきたりに時に困惑し、男児懐妊を期待されるプレッシャーに傷つきながらも、少女らしい屈託のなさと、可愛い物・素敵な物に囲まれて暮らすことで、彼女なりに楽しい日々を送っていた。やがてパーティーや夜遊びの楽しさを覚えた彼女の目に、世界はさらにキラキラして見えるようになる。だが、いきり立った貧しい民衆は、それを激しくバッシングする。

出典:www.thecinema.jp

映画のお供はやっぱりマカロンよね

映画のお供はやっぱりマカロンよね

マリー・アントワネットと言ったらやっぱりマカロン。
マカロンは劇中にもたくさん出てきて、一緒に食べたくなっちゃいますよ。
映画を観ながらマカロンを食べて、マリー・アントワネット気分を味わってみては?

LADUREE

SOMEWHERE

SOMEWHERE

ソフィア・コッポラ監督自身が幼少期時代の思い出から着想を得たという作品。
別々に暮らす父娘が徐々に心をうち解いていく姿を描いたストーリー。

映画の中では、思春期の娘クレオが父の家にやって来たことによる日常の変化が映像や音楽で表現されているんです。
また、クレオの醸し出す穏やかな空気感や自然体な姿には魅了される人も多いはず。

離婚した映画スターのジョニーは、セレブ御用達ホテル“シャトー・マーモント”で酒と女とパーティーに溺れる自堕落な生活を送っている。時おり別居中の11歳の娘クレオをあずかることがあり、そういう時には、ホテルの部屋で一緒にTVゲームに興じたり、プールサイドで肌を焼いたり、娘に料理を作ってもらったりと、2人で“デート”のような、キラキラした輝く時を過ごすのであった。だが、そんな時間も必ず終わる時がやってくる。

出典:www.thecinema.jp

朝食はエッグベネディクトを

週末の極上ブランチ、エッグベネディクト

楽天レシピ:「週末の極上ブランチ、エッグベネディクト」より

『SOMEWHERE(サムウェア)』には、クレオが父親に朝食でエッグベネディクトを作ってあげるシーンがあるんです。
何気ない日常のシーンだけど、どこか魅了されちゃうんです。
作品を観たら、きっとエッグベネディクトを作ってみたくなっちゃうはずです。

こちらは、イングリッシュマフィンを使った本格的なエッグベネディクトのレシピ。
お好みでハムをのせてみたりするのもいいですね。

材 料(2人分)
イングリッシュマフィン2個
オランデーズソース大匙4杯
卵4個
酢大匙2杯

出典:recipe.rakuten.co.jp

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

ソフィア・コッポラ監督の新境地である心理スリラーの作品。
ひとりの男性を巡る嫉妬や妬みなどでドロドロとした女性関係を描いています。

作品内では、どこか不気味なストーリーの中にパステルカラーのヴィンテージドレスや小物がちりばめられていて、ソフィア・コッポラ監督らしい要素も組み込まれているのが魅力の一つなんです。

南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。

出典:eiga.com

淡いヴィンテージドレスが着たくなる

ハイネックレースワンピース

ZOZOTOWN

商品

ハイネックレースワンピース

¥6,372

select MOCA(セレクトモカ)

繊細なレースで上品な印象のヴィンテージ風ドレス。
すっきりとしたシルエットで、春夏に活躍してくれそうな一枚です。

空間にもこだわりを♡

空間にもこだわりを♡

どの作品も魅力的できっと観たくなるはず。
どうせなら、おしゃれな空間で映画を満喫しませんか?

ホームプロジェクターは映画のスクリーンのように大きい画面で映画を見ることができるんです。
映像や音響の性能も良いものが多いので、満足感のあるひとときを過ごせちゃいますよ。

データプロジェクター

商品

データプロジェクター

¥9,980

ワイヤレスでスマホと繋げることができるプロジェクター。
二つのスピーカーが内臓されているので、良い音質で本物の映画館のような空間を演出することができちゃいます。

憧れのホームシアター、家でやりたいけど高そう…って諦めちゃうのはまだ早いです。ホームシアターって意外と手軽に実現できちゃう。映像にこだわっても音響にこだわるのもありな、予算1万円以下から低予算でできるホームシアターに必要なものや、映画のお供、インテリアまでご紹介しちゃいます。

ガーリースタイルのミューズはここにあり

ガーリースタイルのミューズはここにあり

ガーリーな作品で、世界中の女の子を魅了するソフィア・コッポラ監督。
彼女の世界観は、私たちの女の子のお手本になること間違いなしですよ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

アクションすき、車すき、映画すきならこの映画はたまらないはずだよねっ。

アクションすき、車すき、映画すきならこの映画はたまらないはずだよねっ。

  • miiikaaa公式
  • 10257view
おすすめの映画、沢山あります。映画に出会える神アプリ「Filmarks」に注目!

おすすめの映画、沢山あります。映画に出会える神アプリ「Filmarks」に注目!

  • hota公式
  • 18592view
映画のレパートリーをもっと増やしたい!日本で公開していない映画4選

映画のレパートリーをもっと増やしたい!日本で公開していない映画4選

  • lilychild公式
  • 9605view
お気に入り映画からインスピレーション♡今日を特別な日にする3つの映画メイク

お気に入り映画からインスピレーション♡今日を特別な日にする3つの映画メイク

  • もこ公式
  • 15323view
映画好きはどこで映画を見ているの?おすすめサービスと“通”向けな都内の映画館

映画好きはどこで映画を見ているの?おすすめサービスと“通”向けな都内の映画館

  • hota公式
  • 13555view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

lumiukko公式

好きなこといっぱい。

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。