スキンケアだけじゃなく、食生活から美しく。肌に大切な栄養素4つをお勉強しよう
vanillankvanillank

スキンケアだけじゃなく、食生活から美しく。肌に大切な栄養素4つをお勉強しよう

綺麗な肌になるために、スキンケアを頑張っているけれど、なかなか結果が出ない…。そんな方におすすめなのが、食生活を改善すること。肌を綺麗にするために大切な栄養素4つをピックアップ。ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンE・たんぱく質のメリットと、栄養素が含まれている食品、レシピをご紹介。

更新 2019.03.18 公開日 2019.03.18
目次 もっと見る

スキンケアだけじゃ、どうにもならない?

毎日スキンケアを頑張っているけれど、なんだか肌の調子はそこそこ?

スキンケアの効果をより感じるためにも、食生活には気をつけたいもの。どんなに良いスキンケア商品を使っても、バランスの悪い食生活だったらもったいない!

ビタミンからタンパク質まで肌を綺麗にするための栄養素をピックアップしたので、肌のためにも一緒にお勉強!

肌を綺麗にしたい気持ちがあるなら、食生活から改善しなくちゃ。

ビタミンC、肌に良いって聞くけれど…

ビタミンCはなんとなく肌に良いとは思っているけど、実際どんな風に効果があるの?

シミやニキビ跡、肌を滑らかにしてくれる働きがあるので、とにかく肌を綺麗にしたいと思うなら、まず取り入れてみるのがおすすめ。

シミ、くすみ、たるみ、毛穴、ニキビなどなどの肌悩みにマルチな効果を発揮してくれる美容成分についてご紹介します。

そんなにすごい成分、早く教えてほしい、と思ったあなた。きっと、その名前はもう知っているはずです。

その成分とはズバリ、「ビタミンC」。

出典 style.nikkei.com

ビタミンCがたくさん含まれている食材をご紹介。うまく献立に組み込んだりして、食から肌をいたわりましょう。

・パプリカ
・芽キャベツ
・キウイ
・レモン

肌をより綺麗にするためには、スキンケア製品だけに頼らず、食べ物にもこだわりましょうね!

※アレルギーのある方は注意が必要です。

赤パプリカはポタージュにすれば苦手な方でも、食事に取り入れられそう。いつものメニューに彩りも加えてくれるので、食卓が華やかに。

ビタミンB2はニキビや乾燥に

ビタミンB2だって肌に良い効果があるんですよ。

肌の乾燥を防いでくれたり、ターンオーバーを助けたりと、綺麗な肌でいるために必要な要素を補っています。ビタミンB2が足りていないとニキビもできやすくなってしまうので、バランスの良い食生活を心がけたい…!

食生活の偏りやストレスなどが原因となって体内のビタミンB2が減少してくると、肌がカサカサと荒れたり、ポツポツニキビができてしまうというわけです。スキンケアとあわせて、内側からもしっかり美肌ケア。ビタミンB2の補給が賢い美容法と言えそうですね。

出典 www.chocola.com

お肉や魚にたくさん含まれていることが多いので、外食時にも、積極的にビタミンB2の多い食品を選んでみて。

・牛、豚、鶏レバー
・うなぎ
・うずらの卵
・カマンベールチーズ

美味しい食べ物ばかりなので、野菜とのバランスを取りつつ、上手に取り入れましょう!

塩レバーは居酒屋気分がお家で味わえるのが嬉しい。
つけて茹でて味付けをするだけなので、簡単に作れるんですよ。

レバーは美味しいだけじゃなく、肌も綺麗にしてくれるので、女子会にもぴったり。

ビタミンEは日差しが強い季節の救世主?

ビタミンEは、紫外線の気になる季節の味方だったんです。

紫外線によるダメージから肌を守ってくれるので、シミやそばかすを予防できますよ。もちろん日焼け止めを使うこともお忘れなく。

ビタミンEは、日焼け対策、生き生きとした肌づくり、体をあたためるなど、女性にとってうれしいことばかりの大切な栄養素の一つです。

出典 www.weider-jp.com

冷えにも効果的なビタミンEは、どんな食品で取り入れる?あなたのライフスタイルに合いそうなものを見つけましょう。

・たらこ
・モロヘイヤ
・大根の葉っぱ
・アーモンド

モロヘイヤは食物繊維も豊富なので、肌だけでなく、いろんな面で効果が期待できそう。アーモンドはおやつにもぴったりですよね。

じゃがバタたらこで、ビタミンEを摂取。

材料もじゃがいも、たらこ、バターのみで、とっても作りやすい。パクパク食べてしまいそうな料理は、みんなでシェアするのもアリ。

タンパク質で肌のハリツヤを

最近肌の元気がない気がする…そんなあなたは、タンパク質が足りていないのかも?

タンパク質はコラーゲンを構成する必要な栄養素なので、きちんとタンパク質を摂らないとハリツヤのない肌になってしまいます。

特に女性は、肌のハリやツヤ、弾力を維持するコラーゲンを失いたくありませんよね。しかしコラーゲンもタンパク質から構成されているので、体内のタンパク質が不足してしまうと、コラーゲンそのものが減少してしまいます。

出典 cp.glico.jp

たんぱく質が摂れる食材は思いつきやすいですが、ダイエットも気にするなら少し注意が必要。

・お肉
・お魚
・卵
・豆乳

ダイエットをしながら肌の調子を整えたい方は、植物性たんぱく質がおすすめ。お肉や魚の動物性たんぱく質は、脂肪も一緒に摂ってしまうことが多いのが難点ですが、豆乳や豆腐などでたんぱく質を摂取すれば、ダイエットにも響きませんよ。

無調整豆乳って飲みにくいけれど、チンゲン菜の豆乳クリーム煮なら美味しく食べられそう。

飲むのが苦手な方は、アイスで取り入れたり、ご飯で取り入れれば無理なく続けられますよ!

できれば肌は綺麗な方がいいから

肌に大事な栄養素を知って、綺麗な肌を目指しましょう。

毎日の食生活を少しでも気にかけることが、美肌への近道かも?

spacer

RELATED