“一駅分歩く”が無理な私はドウスレバ??おさんぽ好き直伝、素敵な歩き方講座
亀

“一駅分歩く”が無理な私はドウスレバ??おさんぽ好き直伝、素敵な歩き方講座

一駅分すら、歩くことが嫌い。そんな人に向けて、歩くことが好きになる方法を3つご提案します。「つもり貯金」、「疲れない歩き方」、「お散歩スポット探し」にフォーカスしてお送りします。併せてご褒美におすすめのデパコスや、歩きやすいスニーカー、東京都豊島区椎名町エリアのおすすめスポットもピックアップしました。

更新 2020.09.14 公開日 2019.05.09

『美容法1|一駅分歩こう!』

ダイエット方法とか、健康的に綺麗になる方法とか、その解決策として提案されがちな『一駅分歩こう!』。

確かに、もっとも身近な有酸素運動って「ウォーキング」だもんね、わかります。

それができたら苦労しないよ…(ガタンゴトン)

それができたら苦労しないよ…(ガタンゴトン)

でもね!!!

それができたら最初から苦労しないんです。
だって私、一駅分歩くことですら億劫なんですもん。

これは、3歩歩けばタクシーを拾っていた私が、楽しく素敵に歩けるようになるまでのコツをまとめた記事です。

散歩好き直伝、歩きたくなるコツ♡

コツ①|乗った‘つもり’の「つもり貯金」

まずは、電車やタクシーなど、必要以上の「交通費」として月にいくら使っているのかを確かめてみましょう。

タクシー代が一駅分で「980円(目安)」かかっているとして、月の半分(15日)利用すると「14,700円」。往復で利用したらその倍です。

なんかそう考えると、ちょっと勿体無くないですか?

例えば、その分を貯金してみる「つもり貯金」を始めてみて。

一駅分電車に乗らずに歩いたら、都度貯金箱に同額を入れていく方法です。

*>>お金が貯まったらご褒美を♡*

お金が貯まったら、趣味に費やすもよし、コスメやお洋服など自分への投資に使ってみるもよし。

旅行だって夢じゃないかもしれません…!
モチベーションに繋がるご褒美を用意してくださいね。

□BOBBI BROWN リップバーム SPF15

私だったら、ちょっぴり奮発したデパコスをチョイスしますね。

例えば、『BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)』の「リップバーム SPF15」。
乾燥対策や紫外線対策になるほんのりピンクのリップバーム。
パッケージの可愛さもポイントです。

価格:3,888円

コツ②|疲れない歩き方をマスター

姿勢編:吊られたようにピンとする

疲れる歩き方をしているのかも。
まずは姿勢を見直して。

猫背や腰が反って腹の出ているS字姿勢は、歩く時に腰への負担が大きくなるため疲れやすくなってしまうんだとか。

理想は、横から見たときに耳と肩の位置が垂直にそろうこと。重心が骨に乗り、首や肩への負担が減る。

出典 gooday.nikkei.co.jp

歩き方編:つま先から着地すると疲れにくい!?

また、歩く時にかかとから地面についている人も多いですよね。

ところが、つま先から優しく着地する歩き方の方が負担が少なく疲れにくいんだとか。

かかとからつく歩き方だと、腰が後ろに引けてしまって、姿勢が悪くなります。また、かかとから着地すると足に力が入りにくいんです。体の中心に足をついたほうが、直接足に力が伝わる。

出典 funpluswalk.jp

また、踏み出す時も、後ろの足をすっと引き上げて、親指の先でそっと床に触れるようにするといいんだとか。

ドカドカ歩くのは疲れる原因になるってことですね。

*>>歩き方に合わせて靴もアップデート*

CM997H COLOR スニーカー

¥9,936

New Balance(ニューバランス)

歩くのにぴったりなスニーカー。
ポップな配色が、春先のカジュアルシーンにもマッチしそうです。

コツ③|家の周りのお散歩スポットを探す

次のポイントは、身近な場所のお散歩スポットを開拓すること。

自宅周りや学校、勤務地の周りなど、散歩スポットを探してみましょう。(家の周りから始めるのがおすすめです)

ポイントは、「まだ知らない魅力に出合う」こと。

Instagramのハッシュタグ検索で地名を調べてみたり、Googleの検索でおすすめスポットを調べてみてもいいですね。

まずはGoogleマップで徒歩30分以内で行ける範囲から始めてみるのがおすすめです。

*>>ex.椎名町(東京)*

 「カフェを見つけました」

私がインスタの検索機能を使って見つけたのは、東京都豊島区の「椎名町」にある『lamp(ランプ)』というお店。

気さくなオーナーが丁寧に淹れる「lampコーヒー」やちっちゃくて可愛らしいパンケーキ、フードメニューなどを楽しむことができます。

(+α)歩く楽しさを倍増させるコツ♡

カメラを持ち歩く

カメラを持ち歩く

散歩の醍醐味は、ゆっくり景色が流れていく様子。

人の生活音だったり、公園で子供が笑う声だったり、路地を横切る猫だったり。
そういった一つ一つを切り取るのに、カメラを持ち歩いてみると面白い。

『写ルンです』など、味わい深いフィルムカメラもおすすめです。

誰かと一緒に

大切な誰かと歩けば、その楽しさも倍増するかも。

カフェでゆっくりお話しするのもいいですが、予定を「散歩デート」にすれば、コストを抑えながら思い出を共有できますよ◎

歩くから、見えてくる景色があるのです

いかがでしたか?

一駅分でも、歩くことが好きにれるコツをご紹介しました。
歩くからこそ見える景色を、あなたも感じてみませんか。

spacer

RELATED