顔のせいでモテないと思ってない?一重コンプレックス解消の左右対称アイメイク

もしも、ワタシの目が二重だったら…。なんて、どうにもならない「〜たら」を考えてしまってコンプレックスを受け入れられない。そこで今回は一重コンプレックスを解消する左右対称のアイメイクの方法をご紹介します。モテに近づく、左右対称アイメイクとは?

顔のせいでモテないと思ってない?

顔のせいでモテないと思ってない?

出典: jp.stylenanda.com

ああ、もしもワタシがもっと可愛かったら…。
もしも、ワタシの目が二重だったら…。

なんて、どうにもならない「〜たら」を考えてしまってコンプレックスを受け入れられない。今日も長い時間を費やして二重のりをするのです。

そこで、今回はコンプレックスをもう少し受け入れられるようになるためのアイメイクの方法をご紹介します。

Q:どうしたら二重のりをやめられる?

Q:どうしたら二重のりをやめられる?

出典: unsplash.com

二重のりをして、左右非対称の二重幅になるなら
二重のりはしないほうがいいかも…。

だって、左右対称の方がモテるらしいから。

だって、左右対称の方がモテるらしいから。

出典: unsplash.com

人の顔は、左右非対称。
右のほうが少し口角が上がっているとか
左のほうが少し目が大きいとか
少々アンバランスなのです。

でも、それをシンメトリーに近づけるほどモテる、美人に見えると言われているのです。

人の顔は左右非対称ではあるものの、対称に近づけることで魅力的に見える効果が。動物行動学的にみると「左右対称のシンメトリーな個体ほどモテる」という学説も。

出典:maquia.hpplus.jp

出典: unsplash.com

▼ point
左右対称にならないのであれば、
ありのままを受け入れるべしっ!

Q:どうやって受け入れれば良い?

Q:どうやって受け入れれば良い?

出典: unsplash.com

でも、二重のりをすることで自信を持てる。
どうやって二重のりをしない自分を受け入れれば良い?

頑張らないありのままの‘美’に気づく。

頑張らないありのままの‘美’に気づく。

頑張りすぎず、ありのままの‘美’に気付ければ
きっと受け入れられるはず。
一重まぶたの人は、しっかり引いた黒のアイラインや、黒のマスカラなど頑張りすぎるしっかりメイクは控えたほうが似合うアイメイクになりますよ。

一重さんがNGなこと
●まぶた全体にアイシャドウを塗る
●黒のラインやマスカラで強さを出す
●全部を頑張るアイメイクをする

出典:i-voce.jp

▼ point
黒を茶色に持ち替えるべしっ!

インクカラーカラ

Credit rakuten ichiba

商品

インクカラーカラ

¥1,200

peripera(ペリペラ)
カラーマスカラでしっかりまつげを染め上げて。
カールキープ力が魅力のカラーマスカラは、目元に抜け感を演出してくれそうです。

ブロー&ラッシュ カラーリスト

ZOZOTOWN

商品

ブロー&ラッシュ カラーリスト

¥1,045

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)
眉もまつげもカラーリングできるアイブロー兼マスカラ。
ひと塗りで抜け感のある目元に。

Q:目が小さいままでいいの?

Q:目が小さいままでいいの?

出典: unsplash.com

「頑張りすぎなくていい」って言われても
目が小さいままでいいってことなの?

「目が大きい=横幅広め」と捉える

「目が大きい=横幅広め」と捉える

出典: unsplash.com

「目が大きい」っていうのは、
何も目が縦に大きいだけではありません。
縦幅よりも横幅を拡大して見せるのがオススメです。

アイラインは、横に5mmほど伸ばして引きましょう。

小粒目さんは、縦幅よりも横幅を拡大してデカ目にするのが効果的。アイラインは目尻ではね上げずすっと横に5mmのばして、もとからその目幅であるかのように演出。

出典:www.biteki.com

▼ point
目尻5mmの横幅広めアイ

オーマイ アイライナー

Credit rakuten ichiba

商品

オーマイ アイライナー

¥506

ETUDE(エチュード)
赤みのあるブラウンカラーが美人度をぐんっとUPさせてくれそうな予感。
目元に深みを与え、自然な感じに仕上げてくれます。

コンプレックスじゃなくなった?

コンプレックスじゃなくなった?

出典: jp.stylenanda.com

ほんの少しだけ勇気を出して。
モテるとかそういった好印象は、目の大きさじゃなくて
左右対称が鍵になるみたいですよ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。