【転勤→遠距離恋愛】もし会社勤めの彼から「遠距離」を告げられたら心がけたいこと

新しい年度や生活が始まるこの季節には、「辞令」による「転勤」が働く人には付きもの。もしもお付き合いしている彼から、転勤や遠距離恋愛を告げられたら…そんな時に心がけたいことをまとめました。悲観的になるのではなく、前向きに物事を捉えることが大切です。仕事を頑張る彼を応援しつつ、自分磨きもしてお互いが成長できるカップルに♡

辞令や転勤が始まる季節

出典: unsplash.com

新しい年度が始まる4月が近づいてきて、お仕事をしている方にはお馴染みの辞令による転勤が発表される時期になりました。
辞令とは、人事異動や昇進、転勤などを従業員に教えるものです。
会社から発表され、従業員は辞令に従うことが原則とされています。
もしかすると、会社勤めの彼とお付き合いしている方や、自分が会社勤めしている場合、この辞令の内容にドキドキしている方もいるかもしれませんね。

一般的に、辞令とは、企業が従業員に対して、人事異動や転勤、昇進などの命令を出す事を言います。日常業務上の命令と異なり、会社側からの重要な命令であり、基本的には断る事はできないとされています。

出典:careerpark.jp

「遠くに転勤することになったんだ」

出典: unsplash.com

もしこんな言葉を彼から言われたら、と想像してみて下さい。
中にはこの状況の真っ最中という方もいるかもしれません。
「もしお付き合いしている彼から、遠方への転勤を告げられたら。」
そんな時に心がけたい事柄をまとめてみました。

突然の遠距離恋愛を告げられたら

大好きな彼が転勤する=遠距離恋愛になる
というように考えることが出来ると思います。
基本的に辞令の内容に逆らうことは出来ないため、2人の今後のあり方が変わることは避けられません。
遠距離になるといい関係を保つのが難しくなることもありますが、遠距離恋愛をより良いものにして乗り越えられるようにしたいですよね。

1.彼を責めずに受け入れよう

出典: unsplash.com

まず彼から転勤を告げられた時に心がけたいことは「一旦事実を受け入れる」ということです。
不安や嫌な気持ちが湧き上がってくる気持ちは分かりますが、そこで駄々をこねたり、いつまでも泣いているワケにはいきません。
一切悲しむな、というわけではありませんが、決まっていることには逆らえません。
悲しい表情でも、「そうなんだね、分かった」の一言は伝えてあげましょう。
男性側にも心苦しい気持ちがある、ということを考えて、自分ばかりが悲劇のヒロインぶるのは良くないですよね。

2.仕事は男性のアイデンティティ

出典: unsplash.com

「仕事と私、どっちが大事なの?」といったセリフは一度は聞いたことがありますよね。
働いている彼には実際にそう思うこともあるかもしれません。
ですが、悲しみのあまりこんな言葉を言ってしまったら、2人の関係は一気に悪化してしまう可能性があることを忘れないでください。
なぜなら、「仕事は自身のアイデンティティ」と考える男性が多いからです。
全員がそうだとは言えないかもしれませんが、仕事をしている自分や、仕事を通じて成長していく過程を重要視し、昇格していく自分を誇りとする考えは男性の根底にあるようです。
また、仕事と彼女は全くカテゴリが違うものであり、比べることはできないものです。
男性の頭には仕事が大きな面積を占めていることを理解し、応援するようにしましょう。

「仕事と私、どっちが大事なの?」なんてセリフがありますが、どちらも大切で、その質が違うだけなのです。彼女はもちろん大切な存在。しかし、あくまでプライベート。

仕事は人のように待ってくれませんし、社会的な責任も伴い、プライベートより優先してしまうのは仕方がないことなのです。

出典:locari.jp

3.前向きな気持を大切に

出典: unsplash.com

次に大切なのは、「悲観的にならず、前向きな気持を大切にする」ということ。
いつまでもいじけている彼女と、明るく支えてくれる彼女なら、どちらと時間を過ごしたいと思うでしょうか。
答えは明らかですよね。
転勤、遠距離という事実は変えられないけれど、環境の変化を前向きに捉えることはできますよね。
会える回数は減るかもしれないけど、全くなくなる訳じゃないとか、会いに行くときに知らない土地で時間を過ごせるのが楽しみだとか、会えない時間に自分磨きをしようなど、とにかくプラスの方向に考えを向けていきましょう。

4.連絡はこまめに取る

直接会う時間が減る分、大切になってくるのが「連絡をこまめに取る」ということ。
2人をつなぎ留めてくれるものは、LINEなどの連絡ツールが主になってきます。
特に最初のうちは不安も大きいと思うので、2人の間で「1日に1回は連絡する」と約束をしておくなど、工夫して寂しくならないようにするといいですね。
また、遠くにいるからこそ出来ることも。
例えば、時々手紙を書いてみるとか、相手の喜びそうなものをプレゼントとして送ってみることが考えられます。
返事を強要すると彼も自分も辛くなってしまうので、「返事はいらないけれど」くらいの気持ちでいるとうまくいきますよ。

「返事は気が向いたらでいいよ」の余裕を

レターセット

商品

レターセット

¥432

手紙を書くことが好きなあなたは、普段言えない気持ちを素直に手紙に綴ってみてください。
頑張る彼を応援する気持ちや、会えなくて少し寂しいという素直な気持ちも書けるといいですね。
彼を支えたいという気持ちや、会いたい想いが可愛く伝わればGOOD。

5.自分の成長に時間を使おう

出典: unsplash.com

お付き合いをしている男女で、どちらかの想いが強くなりすぎるとバランスが崩れて上手くいかなくなることがあります。
その代表的な例として、「依存」などがあります。
あまり2人の時間が取れないのに、「会いたい、寂しい」と毎日メッセージしてしまうと彼の負担や申し訳無さが増してしまい、最悪の場合お別れを告げられてしまうかもしれません。
ですから、会えない時間は自分自身がより良くなれる時間にしたいものです。
今よりもっと素敵な女性になって、いつまでも彼に愛される存在でありたいですよね♡

例えば:自分の仕事や勉強

出典: unsplash.com

彼が仕事を頑張っているなら、自分も自身のお仕事や、学校の勉強、または資格の勉強などを頑張るのもいいですね。
「彼が頑張っているから私も頑張る」と遠距離の状況を日々の原動力に変えてしまえば怖いものなしです。
お互いが尊重し合えるいい関係を築けるはず。

例えば:ボディメイク

?size=l

次におすすめしたいのが、ダイエットやトレーニングなどの「ボディメイク」。
体型やスタイルは一日二日で変わるものではなく、じっくりコツコツと時間をかけて変わっていくものなので、彼に会えない時間に運動をしたりボディケアに力を入れたりして更にキレイになっちゃいましょう♡

例えば:貯金

出典: unsplash.com

また、貯金をして彼と過ごす時間に使ったり、長期休暇に旅行するお金に充てたりするのもおすすめです。
毎月のデートにかけていたお金と同じくらいの金額を貯金箱や銀行口座に貯めていけば、貴重なデートにお金をかけることが可能になり、より素敵な思い出を作ることが出来ますよ♡
また、2人の将来の大事な資金になることもあるかもしれませんね。

お金の管理が出来るようになろう

家計簿 A5月間

商品

家計簿 A5月間

¥400

貯金をするには収入と支出のバランスを整えることが重要になってきます。
そのためにはまず自分のお金の流れを見える化して把握しましょう。
ノート式の家計簿や家計簿アプリを上手く活用してみてくださいね。

「これからはずっと一緒だよ。」

出典: unsplash.com

遠距離恋愛はずっと続くわけではなく、時期が経てば再度転勤などで近くにいられるようになることもあります。
「遠距離」をマイナスに捉えるのではなく、2人の関係がもっと素敵なものになるためのチャンスだと考えて過ごしてみてくださいね♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

遠恋を〝永恋〟にしませんか?前日から会える瞬間まで、東京駅着の遠距離恋愛の話

遠恋を〝永恋〟にしませんか?前日から会える瞬間まで、東京駅着の遠距離恋愛の話

  • 実芭蕉公式
  • 31204view
離れていても、心のキョリは近くいたいよ。遠距離恋愛を幸せに長続きさせるコツ

離れていても、心のキョリは近くいたいよ。遠距離恋愛を幸せに長続きさせるコツ

  • hanari公式
  • 26049view
遠距離恋愛を乗り越える8つの方法。筆者はこの方法で実際に乗り越えることができました♡

遠距離恋愛を乗り越える8つの方法。筆者はこの方法で実際に乗り越えることができました♡

  • もち公式
  • 20663view
距離がいてくれたから、私達ここまで来れた。共感度100%の、遠距離恋愛あるある

距離がいてくれたから、私達ここまで来れた。共感度100%の、遠距離恋愛あるある

  • yoyo公式
  • 17724view
遠距離恋愛になっちゃいます。そんな辛い状況を乗り越えるためのコツ

遠距離恋愛になっちゃいます。そんな辛い状況を乗り越えるためのコツ

  • 稀璃
  • 2478view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

f0616_公式

感覚で生きる

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。