ヒップに丈感、体のラインが気になる?体型をカバーするパンツの選び方&コーデ

スカートと違って脚を出さないパンツだけれど、意外とシルエットから体のラインが見え隠れするかも。この記事では、そんなパンツで体型を上手にカバーするアイテムの選び方や合わせ方を紹介しています。ハイウエストを選んでみたり、レイヤードしてみたり。自分のお悩みに合わせて、チョイスしてみてください。

パンツを穿くと、意外と気になる?

パンツを穿くと、意外と気になる?

出典: www.17kg.shop

脚に自信がないから、
スカートよりはパンツを選んで生きてきた。

それでもふと、パンツのラインから見え隠れする気になるパーツに目が行きます。隠せるパンツだと思っていたけれど、あれ、もしかして意外と難しい?

コツは、シルエットにあり?

コツは、シルエットにあり?

出典: latte.la

パンツで上手に体型カバーをするためには、
シルエットのコントロールが大事かも。

お悩みに合わせたアイテム選びと合わせ方に
挑戦してみましょう♡

お悩み:なんだか脚が短く見える

お悩み:なんだか脚が短く見える

出典: www.17kg.shop

まず、パンツスタイルの気になるポイント。
それは脚が短く見えてしまうこと。

丈感の短いスカートやパンプスコーデに比べると、ちょっぴり脚が短く感じてしまうことも。そんな時は視線を上に持っていくことを意識してみて。

解決策1_ハイウエストを選ぶ

解決策1_ハイウエストを選ぶ

例えば、ハイウエストのパンツを選んでみること。

わざ有りデザインのアイテムを選べば、脚が長く見えるとともにスタイルをスッキリ見せてくれる効果もあるかも。本来のウエストより視線を上に持っていくことを意識してみて。

:::例えば、こんなアイテム:::

配色ステッチデニムパンツ

ZOZOTOWN

商品

配色ステッチデニムパンツ

¥6,490

一見シンプルなパンツですが、ハイウエストで脚長効果が期待できるアイテム。シルエットが綺麗なので、どんなコーデにも馴染むのが◎。

解決策2_+αで視線を上に

解決策2_+αで視線を上に

視線を上に持っていく、お目立ちアイテムをプラスすることも効果的かも。

ベルトでウエストマークするもよし、ニットベストやビスチェをプラスするもよし。全体的なバランスをとってみてください。

:::例えば、こんなアイテム:::

ピンレスレザー細ベルト

ZOZOTOWN

商品

ピンレスレザー細ベルト

¥2,530

FREAK'S STORE(フリークス ストア)
細身のベーシックなアイテムは着回し力抜群。ウエストマークとして大活躍してくれます。

お悩み:お尻のシルエットが気になる

お悩み:お尻のシルエットが気になる

出典: www.17kg.shop

パンツの魅力は動きやすいところ。
なんて思って、しゃがんだ時に気付いてしまった。これって意外とヒップラインが目立ってない?

そんな時は、縦のラインを意識したアイテムをチョイスしてみて。

解決策_ワイドパンツを選ぶ

解決策_ワイドパンツを選ぶ

ぴたっとしたアイテムよりも、立体感のあるシルエットのパンツを選ぶと◎。

ワイドパンツならば、ヒップから脚まで縦のラインを強調することができます。締め色をチョイスして、すらっとした印象を手に入れてみて。

解決策_レイヤードアイテムとして使う

解決策_レイヤードアイテムとして使う

パンツをレイヤードアイテムとして使うのも一つの手。

ワンピースや丈が長めのトップスと合わせることでシルエットを調整できるかも。ブラウスとゆるっとしたパンツは相性抜群。色味を合わせるとこんなに柔らかい雰囲気のコーデのできあがり

:::例えば、こんなパンツ:::

スラブリブフレアパンツ

ZOZOTOWN

商品

スラブリブフレアパンツ

¥6,050

mystic(ミスティック)
リブニットパンツは、楽に着られるのにスラッとしたイメージになるアイテム。そのままでもレイヤードしても可愛いパンツです。

お悩み:全体が重たく見える

お悩み:全体が重たく見える

出典: www.17kg.shop

楽ちんな穿き心地が好きで、
ゆるっとしたパンツをよく着回すのだけれど。
なんだか全体的に重たくなってしまうのがお悩み。

そんな時は、お気に入りのパンツはそのまま。
合わせるアイテムを工夫してみましょう。

解決策_トップスをコンパクトにまとめる

解決策_トップスをコンパクトにまとめる

ボトムスがゆるっとしているものを選ぶなら、
トップスはコンパクトなものをチョイス。

メリハリをつけることで、シルエットをすっきりさせてみて。

解決策_締め色をどこかにプラスする

解決策_締め色をどこかにプラスする

全体的に重たくなってしまうのは、色味がぼやけているからかも。

ワントーンコーデにカーキを1色プラスしたコーデ。コートやバッグ、コーデに締め色をプラスしてみると、雰囲気が引き締まって見えます。

パンツで、上手にシルエットを作って

パンツで、上手にシルエットを作って

自分のシルエットを作れちゃうのがパンツの魅力。
お悩みに合わせて、パンツをチョイスしてみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。