SNSや人間関係に疲れたら。ストレスを溜めない生き方をするための4つのアイディア

今回は、SNS疲れや、人間関係、仕事や学校でのストレスを感じた時のストレス解消法や、なるべくこの先ストレスを溜めない生き方をするための4つのアイディアを紹介したいと思います。窮屈に感じる世の中の疲れを取り払うために、色々なアドバイスをしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

窮屈な世の中で、疲れますね

他の人の視線を気にしながら生活するのって

他の人の視線を気にしながら生活するのって

私たちはたくさんの選択をしながら生きてる。
あれがいい、これがいい。
あれじゃだめ、これじゃだめって言われるから、あっちにしといたほうがいい。

私たちは日々、たくさんの選択をしながら生きています。
本当はこっちが良かったのに、他の人にどう思われるかが気になって、結局みんなと足並みを揃える。

そんな窮屈な世の中で、毎日少しずつ疲れていく心。
何をそんなに気にする必要があるのかと思うけれど、どうしても自分に嘘をついてしまうことってありますよね。

今回は、ストレスを溜めないようなアイディアを紹介シたいと思います。

1:別に嫌われても構わないと思う

1:別に嫌われても構わないと思う

とっかかりからいきなり難しい考え方だなって思うかもしれませんが、「別に嫌われても構わないと思う」っていうのが一番ストレスを溜めずに生活しやすい考え方だと思います。

人は生まれた時はもともと一人なのです。
成長していく上で色々なコミュニティーに属すことになると思いますが、結局は一人一人が固有の考え方を持った他人なんです。
いつも他人の機嫌ばかりを窺ってビクビクしている必要はありません。

たくさん人がいると、どうしても『多数』の意見が正しく思えているかもしれません。
でも、必ずしもそんなことはありません。
実際に『多数』が誤った方向に向いた時には闘争が起こったりしています。
それが本当に正しいと思いますか?
あなたが正しいと思ったことを信じて、嫌われても構わないという気持ちを心のどこかにいつも持っているとストレスを感じにくくなります。

周りの“音”を遮断して

ステレオイヤホン

楽天市場

商品

ステレオイヤホン

¥1,058

ライムグリーン色のシンプルなカラーのカナル型イヤホン。
満員電車や、雑踏の中で、窮屈に感じたら、そっと周りの音を遮断して、深呼吸をしましょう。

2:一日何も考えずにのんびり過ごす

休む時は全力で休む

休む時は全力で休む

自分だけの空間は、安息の地。
時にはなんの予定も入れないで、一日何も考えずにのんびり過ごすのも、ストレス発散になると思います。

ひたすら寝る、テレビをみる、部屋を掃除してスッキリさせる…。
大したことではないですが、こうしたじっくりと自分だけの時間を過ごすことは、人生において大切な時間だと思います。

ふらっと外に出てみる

ふらっと外に出てみる

財布も携帯も持たずに、ぶらりと近所を散歩してみるのもいいかもしれません。
ふと思い出せば、小学生の頃は、大した額のお金を持たずに、自転車だけで、どこでも行ったなんて経験、ありませんか?

お爺さん、お婆さんが経営している商店街のお店、子供たちが野球をしている近所の公園、犬を散歩させている人がいる河川敷。
そこで生活を営んでいる人たちをそっと人間観察してみたり。

日常の生活に忙殺されて、普段はなかなか足を運ばない場所を、身軽な状態で散歩してみることで、新しい発見をすることもありますよね。
こんな風にぼんやりと歩いている瞬間も、心の休息にはかけがえの無いものかもしれません。

3:めちゃくちゃに笑いを体験する

笑いは何もかもをふっとばす

笑いは何もかもをふっとばす

出典: unsplash.com

最近、顔を手で覆うくらい、涙が出てくるくらい、思い出してこらえるのが大変なくらい、ゲラゲラ笑ったのはいつですか?
笑いは百薬の長、笑いに勝る良薬なしと言われるほど、笑いというのはとっても健康にいいんです。

大人になればなるほど、多くの経験をしていくうちに、子供のように無邪気に笑うことを忘れてしまいますが、何歳になってもゲラゲラ笑うことは忘れたくないですね。
漫画やアニメ、ドラマやバラエティ番組、芸人さんの漫才などなど、面白い情報を積極的に取り入れて、毎日笑って過ごせたら良いですよね◎

たくさん笑って、たくさん楽しもう

てんちょう、ダメ、絶対 1

商品

てんちょう、ダメ、絶対 1

¥475

柴なつみ(作)・集英社

ヒロインの七森結は、阿部寛のようなダンディなおじ様が大好き。
結がある日、冬の夜に外でスマホと財布とスカートを失ってピンチになった時にとびきりダンディな男性に救われて…?
話の展開に笑ってしまうようなギャグ恋愛漫画です。

あそびあそばせ

楽天ブックス

商品

あそびあそばせ

¥648

涼川りん(作)・白泉社

美少女3人が繰り広げる、スペクタクルなお遊戯の物語。
可愛い女の子たちのあり得ない言動や、行動に、思わず吹き出してしまうはず。

4:あえて頑張らない

4:あえて頑張らない

なんでもかんでも全力、100%の力で取り組もうとするから疲れてしまうこともあるかもしれません。
長距離走を100メートル走のスピードでダッシュする人がいないように、力を入れて頑張るところと、これは手を抜いても構わないなって思うところを使い分けるのは、重要です。

お疲れの時はすぐに自分をねぎらう

お疲れの時はすぐに自分をねぎらう

お給料の発生する仕事は、コストにあったパフォーマンスを求められているから、手を抜くことはできませんが、そんな風に頑張った日には、料理や掃除などの家事を完璧にこなす必要は無いのではないかなと思います。

今日は頑張ったから、外食していこう、お弁当を買って帰ろう。
などなど、できる範囲で手を抜くのは大事なことです。
ラクな選択をする人を、人は「逃げ」なんて心無い言葉を浴びせるかもしれませんが、そんなことはありません。
自分が心地良く過ごせる生活が、何にも代えがたい、大切なことなんです。
だから、力を入れすぎずに頑張りたいですね。

心にもおやすみの時間を

心にもおやすみの時間を

出典: 17kg.shop

ストレスを抱えやすい、窮屈な世の中だから。
なるべく抱え込まずに、自分の過ごしやすい環境は自分で作り出したいですよね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。