色が合わないor乾燥・テカリが気になる?ファンデーションが合わない時の解決法

自分の肌色に合わなかった場合や、乾燥やテカリが気になった場合など、せっかく買ったファンデーションが肌に合わなかったときに、買い替える前に試してほしい解決法を紹介します。乾燥やテカリが気になるときはスキンケアを見直してみたり、色が合わない場合は部分的に使うのがおすすめです。

結構高かったのに…

結構高かったのに…

出典: www.pexels.com

化粧品売り場やドラッグストアで試したときはいいなと思ったファンデーションを、いざ実際に使い始めると自分の肌に合わない…。
そんな経験はありませんか?

買い替える前にできること

買い替える前にできること

出典: latte.la

この記事では、「このファンデーションは、自分に合わない?」と感じたときに、他のファンデに買い替える前にできることを紹介します。

スキンケアや化粧下地の選び方で、一度は合わないと感じたファンデーションも、使いこなせるかもしれません!

乾燥が気になった場合:

乾燥が気になった場合:

出典: unsplash.com

まずはじめに紹介するのは、乾燥が気になった場合です。
ファンデーションを塗ってから数時間後に、肌が突っ張ったような感じがしたらそれは乾燥している証拠です。

スキンケアにオイルをプラス

スキンケアにオイルをプラス

出典: lipscosme.com

そういった場合は、スキンケアの工程の最後に、オイルをプラスしてみましょう。

化粧水と乳液で保湿をした後、にオイルで潤いを密封してあげましょう。

クナイプビオ オイル

商品

クナイプビオ オイル

¥1,980

クナイプ

メイク前のスキンケアはもちろん、夜のスキンケアにも取り入れてみて。ニキビ跡や傷跡に効果があると言われています。

保湿力の高い下地を

保湿力の高い下地を

乾燥肌の人には、保湿力の高い化粧下地がおすすめです。
『アンブリオリス』の化粧下地は、保湿クリームとしても使えるほど保湿力が高く、肌の潤いを保ってくれます。

テカリが気になった場合

スキンケア後、ティッシュオフ

スキンケア後、ティッシュオフ

出典: unsplash.com

テカリが気になる場合も、スキンケアをしっかり行いましょう。数分ほど時間を置いてからティッシュオフします。

化粧下地を塗った後もティッシュオフするのがおすすめです。

また、ファンデーションを塗るときはブラシを使って均一に、薄く広げることも大切です。

テカリを防止する下地を

テカリを防止する下地を

出典: lipscosme.com

脂性肌の方には、テカリを防止してくれる化粧下地がおすすめです。
全顔に使うと乾燥が気になる、という混合肌の方は、テカリを防止してくれる下地は気になる部分にのみ部分使いしましょう。

オイルブロックベース

商品

オイルブロックベース

¥1,320

エテュセ

こちらは部分使い用の化粧下地です。毛穴をカバーしながらテカリを抑えてくれるので、一石二鳥!

色が合わなかった場合:

色が合わなかった場合:

出典: shutterstock

ファンデーションの色が合わないと感じたときは、自分の肌より暗かった場合と明るかった場合によって解決法が異なります。

暗い場合→ハイライトをプラス

暗い場合→ハイライトをプラス

出典: latte.la

自分の肌よりも色の暗いファンデは、引き締まって見せてくれる効果があります。

全顔に使う場合はハイライトをプラスすることで、立体感を演出することができます。ハイライトはTゾーンや目の下などに加えましょう。

出典: unsplash.com

また、自分の肌よりもかなり色が暗かった場合は、シャドーカラーとして使うこともできます。

肌色よりも暗かったファンデーションを、まぶた全体からノーズシャドーにかけて、ほほ骨の下からフェイスラインになじませます。アイシャドーのような発色の良いパウダーで入れるよりも、自然な立体感を演出できます。

出典:tsuyaplus.jp

明るい場合→顔の正面に使う

明るい場合→顔の正面に使う

出典: latte.la

自分の肌よりも明るい色のファンデは、透明感を演出してくれます。顔の正面は、前に出て見えた方が綺麗に見えるので、明るいファンデーションを使ってみましょう。

買い替え前に試してみて

買い替え前に試してみて

出典: shutterstock

スキンケア方法や使い方を変えることで、自分の肌に合わないと感じたファンデーションも使うことができるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。