流行も伝統も堪能したい!“沖縄”と“琉球”を彷徨う3つのオススメスポット

日本のリゾート地といえばここ、定番の旅行先沖縄。行くならばイマっぽさのあるフォトジェニックな沖縄も、琉球の面影が残る伝統的な沖縄もどっちも堪能してもらいたいのです。今と昔が行き交う壺屋やちむん通り、琉球を肌で感じられる体験王国むら咲むら、沖縄最新スポット瀬長島を紹介しています。

せっかく行くのだったら…

せっかく行くのだったら…

定番中の定番!日本のリゾート地沖縄。せっかく行くのだったら琉球っぽさも味わいたいけど、写真映えも捨てられません…!そんな方に送るボリューム満点のオススメスポットを紹介します◎

壺屋やちむん通り

壺屋やちむん通り

やちむんとは沖縄の方言で焼き物という意味。ぽってりとした厚みでずっしりと手に馴染む形、素朴で飽きのこないデザインは日常生活にすっと溶け込んでくれます。

沖縄らしい大らかな見た目はお土産やプレゼントにもぴったり。

そんなやちむんのお店が軒を連ねる壺屋やちむん通り。国際通りから少し歩いたところにあります。

那覇市街の賑わいから少し外れ、どこか静かでゆったりとした時間が流れる不思議な空間。
昔ながらの沖縄の名残があり、一つ一つの建物から歴史の面影を感じます。

ここには伝統的なデザインのやちむんのお店だけではなく、今っぽいかわいらしいデザインのやちむんのお店もあります。

絵本の世界のようなお店の中に飾られているやちむんは何時間でも見ることができちゃいそう。

あちらこちらのやちむんに惹かれてぶらり。
少し疲れてきたかも、そんな時はやちむん通りのカフェに立ち寄ってみてください。

こちらのカフェは『南窯(ふぇーぬかま)』です。
壺屋に唯一残されている伝統的な「登り窯」が隣接していて、沖縄県の指定文化財にもなっています。

料理に使われている食器はやちむん。店内にも展示されているので、お茶を片手に休憩しながらやちむんを楽しむことができます。

沖縄ならではのメニューを楽しむこともできます。
オススメはちんびんという沖縄風クレープ。黒糖のやさしい甘さが身に染みます…!

他にも魅力的なカフェがあります。沖縄の今と昔が味わえるローカルな雰囲気のやちむん通り。足を運んでみてはいかがですか?

HP

体験王国むら咲むら

体験王国むら咲むら

こちらの施設は沖縄の伝統工芸をはじめとする体験がなんと101種類もできる体験施設となっています!

元々ドラマのオープンスタジオとして建てられ、琉球時代の建物が再現されています。
ちょっとしたタイムスリップ感を味わえるかも…!

こちらはシーサーの色付け体験。色を塗るだけなので手軽で簡単にできそう。オリジナルカラーのシーサーを家に飾るのも、ちょっとしたネタとして誰かにあげるのもいいですね!

シーサーを作れる体験もあるので自分好みのシーサーを探求できちゃいます。

吹きガラス体験では琉球ガラスというガラス工芸を体験できます。透明感のあるガラスの色と丸いフォルムが素敵ですね!

琉球ガラス特有の気泡は海を彷彿とさせなんだか涼しげな気分。グラスを使うことを想像しながら作るといいかも。

そしてこちら!12月から開催されている琉球ランタンフェスティバルです。
伝統的なデザインのランタンが暗闇に浮かび上がる姿はとてもフォトジェニック!
フォトコンテストも行われているそうです。

幻想的な世界観に溶け込みたくなりますね。
ランタンフェスティバルは3月までとなっていますが毎年催されているそうなのでぜひ『むら咲むら』に行く時はチェックしてみてください!

HP

瀬長島

瀬長島

瀬長島は車で行ける島で那覇空港から車で約15分で行けちゃいます。そこにあるのが『瀬長島ウミカジテラス』。

グルメやスイーツ、アクセサリーにクラフトショップが集まったショッピングリゾートアイランド。
ウミカジとは沖縄の方言で海風という意味だそうです。なんだかとってもさわやか!

そんなウミカジテラスはイマっぽい沖縄を味わえます。タピオカやパンケーキなど最新スイーツが沖縄でも楽しめちゃう!

もちろん沖縄そばやサーターアンダギーなど沖縄らしいグルメも味わえますよ!沖縄で作られたジュエリーやクラフトショップの鞄はオシャレなお土産に。

HP

そしてこちらはウミカジテラスの近くにあるのが瀬長島ホテルに併設されている『琉球温泉龍神の湯』です。沖縄で温泉が楽しめるだなんて少し驚きませんか?

もちろんホテルに泊まらなくても日帰り温泉を楽しめます。料金にタオルもセットになっていてアメニティも充実しているので手ぶらでOKです◎

7種類の温泉とサウナを楽しめる龍神の湯。イチオシは「立湯露天風呂」です。海を眺めながら温泉を楽しむことができます。運が良ければサンセットを拝めるかも…!

こちらの温泉は「子宝の湯」「美人の湯」と呼ばれ、地下1000メートルから湧き出る天然温泉が身体をあっためてくれるんだとか。旅疲れにピッタリですね!旅の最後に疲れを癒やしてみてはいかがですか?

HP

たっぷり堪能できました

たっぷり堪能できました

いかがでしたか?沖縄も琉球もとっても魅力的。
ぜひ沖縄に行かれる際は参考にしてみてください!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。