あのころは、よく理解ができなかったけど。大人になってから見返したい5つの作品

小さいころ、夢中で観ていた作品。でも、そのころは何となく観ていたから、作品に込められたメッセージなんて気にも留めなかった。改めて大人になってから観ると、心にグッとささるメッセージに感動した。こんな経験をしたことがある人って多いと思います。今回は大人になってから見返したい5つの作品を紹介します。

何となく観ていた作品

出典: unsplash.com

小さいころ、夢中になって観ていた作品がいくつかある。
当時は作品のメッセージを気にすることなんて全くなくて、ただ何となく観ていた。

出典: unsplash.com

大人になってから、ふと昔観た作品を思い出すと、「そういえば、あの作品って奥が深かったな」と感じることがあるかもしれません。

改めて観てみると、その当時の自分とは全く違った目線で作品を楽しめることも。

大人になってから観ると、深い!

出典: www.17kg.shop

大人になってから観ると、深い!
そう感じたことがある人って結構多いと思います。

今回は大人になってから見返したい5つの作品を紹介します。あのころの自分と、今の自分を比較してみてはいかが?

大人になってから見返したい5つの作品

1)女王の教室

出典: www.amazon.co.jp

まず最初は『女王の教室』。
2005年に放送された日本のドラマで、当時大人気の作品でした。

悪魔のような鬼教師「阿久津真矢」と6年3組の生徒を中心に、学校が抱える様々な問題を映したドラマ。
当時賛否両論の意見も多かった問題作ですが、観たことがあるという人はきっと多いはず。

冷酷無比だが一流の女性教師と生徒の交流を描く。6年生に進級した和美(志田未来)の担任が、赴任したばかりの冷徹教師・阿久津(天海祐希)に決まる。阿久津は突然テストを実施し、点数の悪いニ人をすべての雑用をこなす代表委員にすると宣言。和美はあまりの緊張から0点を取り、お調子者の由介(松川尚瑠輝)と担当することに。

出典:thetv.jp

「教育」とは何かを改めて考えさせられる作品。
当時は生徒の気持ちになって「そんなひどいことをさせるなんて!」と思っていた人も、大人になってから観ると、今度は真矢サイドの気持ちが分かるようになるかも。

本当の優しさと、子どもたちの成長を描いた作品で、教育の難しさと大切さを学べる作品です。

◎ドラマ視聴方法

出典: unsplash.com

2019年3月現在、Amazonの『プライム・ビデオ』で、女王の教室を全話楽しむことができます。
月額400円とワンコイン以下なので、この機会に登録してみるのもいいかも。

※他にAmazonプライムの年会費がかかるので注意

Prime Video

2)14才の母

出典: www.amazon.co.jp

続いての作品は『14才の母』。
2006年に放送された日本のドラマで、未成年の妊娠・出産をテーマに描かれた作品。

中学2年生の一ノ瀬未希は、どこにでもいるような普通の女の子。
そんな未希の人生が、妊娠をきっかけにがらりと一変。
いろんな人に揉まれて成長していく未希から目が離せないドラマでした。

14歳の中学生が妊娠し、命の重さを知る。未希(志田未来)は、名門私立中学校に通う2年生で、明るく活発な放送部員。塾で知り合った公立中3年の智志(三浦春馬)といたところを不良グループに襲われる。公園で傷を癒やしているうちに、二人は一線を越えてしまう。2カ月後、未希は、体に変化を感じ始める。

出典:thetv.jp

出典: unsplash.com

若くして妊娠・出産をするということに、様々な試練と同じくらいの幸せを感じさせてくれる作品。

当時は「自分だったら…」と不安になったという人もいるかもしれませんが、大人になってから観ると、新しい命を生む尊さと奇跡を強く感じさせられるかも。

◎ドラマ視聴方法

14才の母 愛するために 生まれてきた 完全版

楽天市場

商品

14才の母 愛するために 生まれてきた 完全版

¥15,742

こちらは完全版のDVD-BOXなので、全話を観ることができます。
14才の母を1話からしっかり観たいという人におすすめ。

3)イグアナの娘

出典: www.amazon.co.jp

次の作品は『イグアナの娘』。
漫画家の萩尾望都による1992年の作品で、1996年にテレビドラマにもなりました。

娘がイグアナに見えて愛することができない母親と、母親に愛してもらえない娘の両方の目線で描いた作品で、当時かなり話題になった作品でした。

ある日、元気な女の子の赤ちゃん・リカが産まれた。可愛いはずのその娘は、母親の目には本物のイグアナの姿に見えた。イグアナを産んでしまい叫ぶ母親。しかし、母親以外の人間にはただの女の子に見えている。リカが大きくなっても、母親にはイグアナにしか見えない。その後、第2子には待望の可愛い女の子・マミが産まれた。姉のリカと違い、妹のマミは普通の人間の姿をしている。母親はマミを溺愛するが、姉であるリカには過剰に厳しくあたる。

出典:ddnavi.com

出典: unsplash.com

当時は「自分の子どもなのにどうして?」と思った人も多いと思います。
でも大人になってから観ることで、母親の視点でも見られるように。

親子の絆って、何ものにも代えられないもの。
本当に大事なのは顔・性格ではなくて、目に見えない絆なのかもしれません。
人は様々なコンプレックスを持っているものかもしれませんが、それを乗り越えたときの強さほど、美しいものはありませんよね。

◎ドラマ視聴方法

出典: unsplash.com

イグアナの娘を全話観られるのはAmazonの『プライム・ビデオ』。
懐かしのドラマを観たいなら、プライム・ビデオをチェックしてみるといいかも。

4)野ブタ。をプロデュース

出典: www.amazon.co.jp

続いての作品は『野ブタ。をプロデュース』。
小説家の白岩玄による2004年の作品で、2005年にテレビドラマ化されました。
この作品は「知ってる!」という人も結構多いと思います。

KAT-TUN(カトゥーン)の亀梨和也さんとNEWS(ニュース・当時)の山下智久さんのダブル主演で話題になりましたよね。

出典: unsplash.com

当時は野ブタの成長を何となく観ていた作品かもしれません。
しかし、大人になって改めて観ると、修二と彰のほうにスポットがいくかも。

一見キラキラしているように見える修二が抱えている心の闇と、ふわっとしているように見えていろんな逆境に立たされている彰を通して、「現代社会を生きる若者」について強く考えさせられる作品です。

◎ドラマ視聴方法

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX

商品

野ブタ。をプロデュース DVD-BOX

¥13,200

現在野ブタ。をプロデュースはDVDが販売されています。
あのときとは違う視点で、改めて作品を楽しんでみるのはいかが?

5)ラスト・フレンズ

出典: www.amazon.co.jp

最後は『ラスト・フレンズ』。
2008年に放送された日本のテレビドラマで、現代社会の若者が抱える問題を映した作品。

実力派俳優たちが勢揃いの作品で、大人気の作品でした。

美容師・美知留(みちる・長澤まさみ)は、恋人・宗佑(そうすけ・錦戸亮)と同棲を始めた。そんな中、美知留は学生時代の親友でモトクロスの選手・瑠可(るか・上野樹里)と再会する。だが、瑠可からのメールを、宗佑は男だと誤解。激高した宗佑に暴力を振るわれた美知留はおびえる。

出典:thetv.jp

出典: unsplash.com

関ジャニ∞の錦戸亮さんの迫真の演技が印象に残っている人も多いのでは?

いろんな悩みを抱えた若者が、ひとつ屋根の下でコミュニケーションを取っていくことで、それぞれの闇に光を当ててくれているような作品。
改めて物語の登場人物をひとりひとり見ていくと、人とコミュニケーションを取って成長していく大切さを教えてくれる作品です。

◎ドラマ視聴方法

出典: unsplash.com

現在ラスト・フレンズを全話観られるのはDVDのみ。
『TSUTAYA(ツタヤ)』ではレンタル・販売をしているので、ラスト・フレンズを観たいという人はチェックしてみて。

ラスト・フレンズ

作品は、自分の成長を映す鏡かも

出典: unsplash.com

小さいころと、大人になった今で作品を見比べると、観ている視点が違うことに気がつくかも。
ある意味、昔観た作品は、自分の成長を映し出す鏡なのかもしれませんね。

あなたの懐かしの作品を、もう一度見返してみてはいかが?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

イマドキじゃなくていい。懐かしさを感じられる「喫茶店フード」がキテル!

イマドキじゃなくていい。懐かしさを感じられる「喫茶店フード」がキテル!

  • いむちゃん公式
  • 10722view
手の平サイズの#懐かしおやつをまた食べたい。「あなたは何が好きでしたか?」

手の平サイズの#懐かしおやつをまた食べたい。「あなたは何が好きでしたか?」

  • mayapi公式
  • 12358view
21世紀だからこそ、懐かしくて愛おしい。“レトロパン”を味わう平成GIRLの物語

21世紀だからこそ、懐かしくて愛おしい。“レトロパン”を味わう平成GIRLの物語

  • zu_公式
  • 3816view
絵本の世界に、迷い込んで。大阪『ペンネンネネム』で懐かしい記憶がよみがえる

絵本の世界に、迷い込んで。大阪『ペンネンネネム』で懐かしい記憶がよみがえる

  • lilychild公式
  • 17026view
たまには赤ちゃんのように泣いてもいいかしら?号泣したくなるときに観たい作品

たまには赤ちゃんのように泣いてもいいかしら?号泣したくなるときに観たい作品

  • lilychild公式
  • 4239view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

lilychild公式

C'est la vie.

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。