いつもビニールでも貼ってるの?塗るアイテープが不自然にテカる問題に終止符を

塗るアイテープは目を閉じてもつっぱらずまぶたに皮膜を形成することで折り込むその自然さが人気ですよね。しかし、問題点はテカりやすいということ。筆者も愛用している塗るアイテープですが、テカリにくくなる方法を紹介いたします。便利なアイテムもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ナチュラルな二重が大人気

ナチュラルな二重が大人気

自然な二重を簡単に作ることができるアイテムとして大人気の「塗るアイテープ」。

キレイな二重を作ってくれるので筆者も愛用しています。

塗るアイテープのメリット

塗るアイテープのメリット

出典: lipscosme.com

塗るアイテープは作りたい二重の幅に液を塗って乾かすだけで皮膜を作り二重を作ることができます。
とても簡単ですよね。
皮膜でまぶたを折り込んで二重の溝を作るので、まぶたを閉じてもまぶたが突っ張ることがありません。

「なんかまぶたテカってない?」

「なんかまぶたテカってない?」

出典: unsplash.com

ただ一つ問題点が。
それはテカってしまうこと。

「なんかまぶたビニールみたいにテカってない?」

突っ込まれてしまわないように解決しましょう!
塗るアイテープを愛用している筆者がおすすめする方法を紹介します。

解決 How to

大前提、つけすぎない

大前提、つけすぎない

出典: unsplash.com

これは大前提。
つけすぎてしまうともちろんテカリの原因に。
寝ている間にアイテープなどをして跡をつけておくと、朝厚く塗らなくてもナチュラルにくっきりとした二重を作ることができますよ。

アイメイクは先に済ませる

アイメイクは先に済ませる

アイメイクはほとんどを先に済ませてしまうことをおすすめします。
塗るアイテープの上にメイクをするとよれやすくなってしまうからです。
アイシャドウ、アイラインは先にしておくのがベター。

ラメ感でごまかしちゃえ

ラメ感でごまかしちゃえ

塗るアイテープを塗っていないまぶたにラメのアイシャドウをのせると多少ごまかせると思います。
マットなアイシャドウだとやはりテカリが目立ってしまいます。
こまかーいラメで濡れ感を出すといいと思います。

綿棒や指でトントン

綿棒や指でトントン

完全に乾く前に綿棒や指でなぞるのもおすすめの方法。
やるのとやらないのとでは差が出ます。
簡単な方法なのでぜひ取り入れてみてください。

今時便利なグッズがあるんです

今時便利なグッズがあるんです

出典: lipscosme.com

なんと、塗るアイテープの上に重ねてテカリを抑えてくれるグッズがあるんです。
それが「アイリッドマットコート」。
さらに自然な二重を演出することができます。
ぜひ一度チェックしてみてください。

まつ毛のカールは塗る前に

まつ毛のカールは塗る前に

まつ毛のカールは塗るアイテープを塗る前に済ませておきましょう。
塗るアイテープをしてからアイラッシュカーラーでカールしてしまうとまつ毛の生え際の部分にしわが寄ってしまい不自然になってしまいます。

リキッドアイシャドウを使いたい!

リキッドアイシャドウを使いたい!

出典: lipscosme.com

二重部分にもリキッドアイシャドウを使いたい場合は、パウダーアイシャドウ→リキッドアイシャドウの順番で皮膜二重の上にのせましょう。

そうすることでリキッドアイシャドウの自然なツヤ感を演出することができます。
ただしヨレには気を付けて。

パウダーファンデを重ねる

パウダーファンデを重ねる

皮膜二重の上からアイメイクをする場合はパウダーファンデーションを重ねるのがおすすめ。
それか先ほど紹介したマットコートもおすすめです。

おすすめの塗るアイテープ

おすすめの塗るアイテープ

出典: lipscosme.com

まず紹介するのは、「うるプチ ふたえ」です。
詐欺メイクで有名なみずよってぃさんプロデュース商品。
筆者も実際使ったことがありますが、細くて長い持ち手が細かいところまで塗れてとても使いやすいです。

乾くのもとても早く、ゴムラテックスフリータイプのものもありゴムアレルギーさんでも使えるのが嬉しいポイント。

出典: lipscosme.com

最近どんどん人気を集めているD-UP(ディーアップ)の「折式(オリシキ)アイリッドスキンフィルム」。
塗るアイテープではこれを想像する方も多いんじゃないでしょうか。
たくさんのYouTuberさんたちが紹介しています。
動画もたくさんあるので初心者さんはまずこれを使うのがおすすめです。

出典: lipscosme.com

二重コスメで有名なアイトークにも塗るアイテープがありました。
「アイトーク ハイブリッドフィルム」です。

なんとセミマットタイプでテカりにくいんだそう。
上記の方法と組み合わせるといいと思います。
汗水に強いウォータープルーフタイプなのもうれしいポイントです。

これでもう怖くない!

これでもう怖くない!

コツをつかんでもっと自然なくっきり二重を手に入れちゃいましょう♡

接近戦も怖くないっ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。