癒やしと美を求めて。一度は絶対行くべき、日本のおすすめ温泉スポット
うたこうたこ
お気に入り

癒やしと美を求めて。一度は絶対行くべき、日本のおすすめ温泉スポット

「日本三名泉」ってご存知ですか?日本三大名泉とは草津温泉(群馬県)、下呂温泉(岐阜県)、有馬温泉(兵庫県)の3つの温泉のことです。日本の数ある中から選ばれた温泉ってどんなのか気になりますよね。今回は三名泉に加えて三大美人の湯も紹介していきたいと思います。次の休暇に行きたくなること間違い無し!

更新 2021.03.12 公開日 2021.03.12
目次 もっと見る

癒やし、ほしくないですか?

日々の生活で、気づかぬ間に溜まってゆくストレス。
そんなときは温泉に浸かって、学校や仕事なんて忘れちゃえ。

日本は世界でも有数の温泉大国なんです。
みなさんは「日本三名泉」をご存知ですか?

知らないでいるのはもったいない!

「日本三名泉」とは…

日本には数え切れないほどの温泉がある中で、一度は行く価値があるとされている温泉地のこと。
日本三名泉は、草津温泉(群馬県)、下呂温泉(岐阜県)、有馬温泉(兵庫県)の3つを指します。

◯ 草津温泉ー 群馬県

1つ目は、群馬県の名湯『草津温泉(くさつおんせん)』。
「恋の病以外効かない病はない」と言われるほど、効能が高いことで知られています。

温泉街の中心にある「湯畑」は、草津のシンボルとして欠かせない観光スポットになっています。

湯畑の脇には足湯があります。
草津のお湯は効能が高いため、足を数分浸すだけでも温浴効果を得ることができるそうです。

伝統のある草津温泉には、恒例の行事として「湯もみ」があります。
源泉に板を入れてもむことで、一定の温度まで下げるという入浴方法なのです。

『熱之湯(ねつのゆ)』という温泉では、湯もみを実際に体験したり、ショーを見ることができます。

夜の湯畑はとっても幻想的で綺麗なんです!
ライトアップされた湯畑を眺めながらの足湯はなんとも言えません。

◯ 下呂温泉ー 岐阜県

2つ目の名湯は『下呂温泉(げろおんせん)』。
1000年もの長い歴史を持ち、草津同様に高い効能が得られます。
スベスベな肌触りから「美人の湯」とも呼ばれているそうです。

温泉街には、源泉を楽しめる共同浴場や無料の足湯があります。
気軽に温泉を堪能できるので、お気に入りを探してみましょう♡

下呂の名前にちなんで、「カエル」が街中に溢れています。
カエルの写真スポットを探すのも楽しそう♪

「湯めぐり手形」と呼ばれる日帰り入浴専用の手形が存在します。
1枚持っていれば3軒の温泉をめぐることが出来ます。
旅の記念にもなるのでオススメです。

◯ 有馬温泉ー 兵庫県

3つ目の名湯は『有馬温泉(ありまおんせん)』。
兵庫県に位置する日本最古の温泉として知られています。
多くの成分が混合した世界的にも珍しい温泉です。

有馬には「金泉」と「銀泉」と呼ばれる2種類の湯が湧いています。
金泉は鉄分を多く含むので褐色で、銀泉は無色透明です。

それぞれ効能が違うため、自分に合った温泉を選びましょう。

有馬温泉の周辺には多くの観光地が密集しています。
湯泉神社や極楽寺など、温泉のついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

〜番外編〜 三大美人の湯

続いて、「三大美人の湯」も紹介しちゃいます。

三大美人の湯は、群馬県の「川中温泉」、和歌山県の「龍神温泉」、島根県の「湯の川温泉」の3つの温泉を指します。
温泉の中でも特に美肌効果が期待されています。

◯ 川中温泉ー 群馬県

1つ目の『川中温泉(かわなかおんせん)』は吾妻温泉郷に位置しており、川の中から湯が湧き出ることから
名付けられました。

川中温泉の泉質は「硫酸塩泉」で、保湿効果と肌の蘇生効果が期待できます。


『かど半旅館』では源泉かけ流しを体験することができます。
ここに宿泊しないと川中温泉には入ることができないので注意です!

◯ 龍神温泉ー 和歌山県

2つ目の『龍神温泉(りゅうじんおんせん)』は、高野龍神国定公園内に位置しており、1200年もの長い歴史を持っています。

龍神温泉の泉質は「炭酸水素塩泉」で、肌の余分な皮脂を落としてくれるクレンジング効果があります。

龍神温泉の人気の旅館は『上御殿(かみごてん)』です。
国の有形文化財に登録された建物は、江戸時代の建築技術を楽しむことができ、歴史と格式が感じられます。

◯ 湯の川温泉ー 島根県

最後は島根県の出雲空港の近くに位置する『湯の川温泉(ゆのかわおんせん)』です。
温泉に入ると、旅の疲れが取れるだけでなくより美しくなるという言い伝えがあるそうです。

泉質は「硫酸塩・塩化物泉」で、肌の蘇生効果と保湿効果が期待できます。


湯の川温泉の中で人気の旅館が『湯宿 草菴(ゆやど そうあん)』。
日本の伝統建築と西洋の家具を融合させた「復古創新」をコンセプトとする宿です。
訪れた人々に明日への活力を持ち帰ってもらうことを目的としています。

身も心もほぐしに行きましょう

行ってみたい温泉は見つかりましたか?
一度は行く価値があると言われている温泉がどんなものか気になりますよね。

温泉で疲れを吹き飛ばして、目指せ温泉美人!

spacer

RELATED