私たちが愛した時代を振り返ってみない?平成が終わる前に読んでおきたい6冊
chiichii

私たちが愛した時代を振り返ってみない?平成が終わる前に読んでおきたい6冊

この記事では、平成が終わる前に読んでおきたい「平成」という時代を反映した小説や、平成にHITした小説を紹介しています。人気俳優を数多く輩出したドラマの原作本「池袋ウエストゲートパーク」や、平成を代表する青春小説「TUGUMI」、芥川賞を受賞し映画化やドラマ化も果たされた「火花」など要CHECKな作品が盛り沢山です。

更新 2020.08.28 公開日 2019.04.18

もうすぐ平成も終わりだね

平成最後の夏、冬を終え、目前に迫った元号が変わる時。

次の元号も気になりますが、何だか少し寂しい気持ちになりますよね。

“平成”が終わる前に何かやり残したことはありませんか?

色々なことがあるかもしれないけど、“平成”が終わる前に時代を代表する本の数冊はきっと読めるはず。

この記事では、平成が終わる前に読んでおきたい話題になった作品や名作を紹介します。

どうしようもない僕らがそこにはいた

どうしようもない僕らがそこにはいた

『池袋ウエストゲートパーク』は、20代後半の方にとってはまさに青春時代に印象に残った作品のはず。

実写化されたドラマでは、現在も活躍する有名俳優が数多く出演しているので、ドラマをまだ見たことがない方はそちらも要CHECKです。

池袋ウエストゲートパーク

¥598

著者:石田 衣良(いしだ いら)
出版社:文芸春秋

池袋の公園を舞台に描かれる青春ミステリー小説です。

ストリートを生き抜く若者の爽快さや危うさが人気を呼び、一大ブームになりました。

諦めない、それしかない

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』こと「ビリギャル」は、一時期社会現象にもなったHIT小説です。

勉強がつらくなった時や、仕事でなかなか成果が見えてこないときにぜひ読みたい1冊です。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(文庫特別版)

¥562

著者:坪田 信貴(つぼた のぶたか)
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

タイトルの通り、校内でビリ争いをする主人公が慶應義塾大学を受験するために大学受験に励む話です。

主人公の真摯に目標に向き合う姿と、主人公を支える姿には多くの読者が涙したはず。

エモい夏、ここにあり

エモい夏、ここにあり

平成を代表する青春小説『TUGUMI(つぐみ)』は、一度はタイトルを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

豊かな自然の描写と揺れ動く主人公の心の繊細な描写は、何度も読み直したくなるはず。

TUGUMI

¥494

著者:吉本 ばなな(よしもと ばなな)
出版社:中央公論新社

病弱だけど生意気な女の子「つぐみ」に出会った主人公の青春時代が詰まった1冊です。

読み終わった後は、どこか儚く、懐かしい気持ちになるはず。

生きる意味を探したいんです

元号が変わる時は、ある意味終わる時代を振り返って様々な作品が生まれやすいタイミングなのかもしれません。

『平成くん、さようなら』は2018年11月に発売されたばかりにも関わらず、話題を呼び注目されている1冊です。

あなたは平成という時代を、どのように解釈しますか?

平成くん、さようなら

¥1,512

著者:古市 憲寿(ふるいち のりとし)
出版社:文藝春秋

時代のアイコンである「平成くん」が愛する人に共に安楽死をしたいと言うことからストーリーが展開していきます。

平成くんが様々な事を考え、最終的に選ぶ道とは!?

アンバランスな友情もアリじゃん

アンバランスな友情もアリじゃん

原宿カルチャーが絶頂期を迎えていた時、ある小説がHITしました。

そのタイトルは『下妻物語(しもつまものがたり)』。

ヤンキーとロリータが好きな女の子の凸凹コンビが織りなすストーリーは、テンポが爽快でサクサク読み進めれちゃいますよ。

下妻物語

¥648

著者:嶽本 野ばら(たけもと のばら)
出版社:小学館

ひょんなことをきっかけにヤンキーであるイチゴとロココ主義を貫く桃子が友情を築くストーリーです。

ロリータ好きじゃなくても楽しめるので、是非気軽に読んでみてくださいね。

いつか違う道を歩んでも

いつか違う道を歩んでも

本好きとしても有名な又吉 直樹(またよし なおき)さんの作品『火花』は、芥川賞を受賞したことで一躍話題となった平成を代表する1冊です。

芸人の世界の厳しさだけでなく、人間の本質を描いているので、きっと色々考えるきっかけの1冊になるはず。

火花 (文春文庫)

¥369

著者:又吉 直樹(またよし なおき) 
出版社:文芸春秋

熱海の花火大会で運命的な出会いを果たした二人が、「お笑い」という厳しい世界で生き抜こうとする物語です。

ドラマ化や映画化もされているので、読み終えた後はそちらもぜひ楽しんでみてくださいね。

愛すべき時代にさよならを

この記事を通して気になる1冊は見つかりましたか?

是非この機会に「平成」という愛すべき時代をふり返って、新たな気持ちで新元号を迎えましょうね。

spacer

RELATED