人生は一度きりだと、噛み締める。かけがえのない今を大事にしようと思う漫画4選

人生は一度きりだから、伝えたいこと、やりたいことは出来るうちにやらなければ後悔してしまうかもしれません。今回は今を後悔しないよう、大事にしようと思える『10万分の1』『4分間のマリーゴールド』『きょうのキラ君』『東京卍リベンジャーズ』の4作品をご紹介します。

人生は一度きりなんだ

人生は一度きりなんだ

僕の友達が亡くなった。

ついこの間まで一緒にバカやって遊んでいたのに、
帰り道ふざけて言った「嫌いだ」の言葉も謝れないまま
君は天国へ行ってしまった。

「ごめん」
たくさん謝りたいことがある。
それに、たくさん伝えたいことがあるんだ。

高校に入学初日、緊張して誰にも話しかけられなかった僕に話しかけてくれて「ありがとう」。
僕が告白して振られた時、一緒に泣いてくれて「ありがとう」。
大学受験の日、寝坊した僕を待って一緒に走ってくれて「ありがとう」。

こんなんじゃ、足りない。
どれだけ僕が君に感謝しているか、どれだけ君に救われたか。
でも、どんなに想っても君には届かないんだね。

後悔しないように

後悔しないように

伝えられることは、伝えられる時に。

僕のようにはならないで。
一度しかない人生だということを忘れないように。

10万分の1

10万分の1

〈ストーリー〉

高校2年生の桜木莉乃は、中学から仲の良い桐谷蓮に片思い。
モテる蓮に気後れして、なかなかアピールが出来ずにいると
蓮が「かわいい」「俺のことどう思ってる?」と思わせぶりな言葉を言ってくる。

ようやく付き合うことになった二人だったが、
莉乃は10万人に1人の確率で発症する病、ALS―筋萎縮性側索硬化症にかかってしまう。

二人の恋に待ち受けている、幸福で残酷な未来とは。

純粋な二人の微笑ましいシーンがある一方、莉乃の病に立ち向かっていくシーンがあり、健康な体、命の大切さを学ぶことができる作品です。

今、この一瞬の大切さを実感できる作品となっています。

10万分の1 1

楽天ブックス

商品

10万分の1 1

¥463

[宮坂香帆/小学館] ピュアな二人の純愛と着実に進んでいく病気。'生きること'とは何かを考えさせられる作品です。2019年に映画化。

4分間のマリーゴールド

4分間のマリーゴールド

<スト―リー>

救命士になった花巻みこと。
彼は手を重ねた人の「死の運命」が見える能力があることに気づく。
最愛の義姉、沙羅の命はあと365日。

死へ向かっていく沙羅と、沙羅を助けたいみこと、二人の純愛物語。

淡いタッチで描かれるイラストと「死」から守ろうと祈るような恋のストーリー。
心肺蘇生が行われるまでに4分かかると助かる可能性は50%。
タイトルの4分間とは、生死を分けるリミットを意味しています。

「死」に近づいていく沙羅と、沙羅を助けたいみことの心の葛藤を描いた作品です。

4分間のマリーゴールド 1

楽天ブックス

商品

4分間のマリーゴールド 1

¥596

[キリエ/小学館] 自分の一番大切な人の「死の運命」を変えようとする姿に涙なしでは読めない作品となっています。

きょうのキラ君

きょうのキラ君

<ストーリー>

肩にインコ(先生)を乗せた変わり者のニノとクラスの人気者のキラ君。
家が隣同士なのに話したことすらなかった二人だったが、
ニノがキラ君の重大な秘密を知ってしまう。

キラ君を笑顔にしようとするニノとキラ君の笑顔に溢れた、天国に一番近い恋物語。

毎日がつまらなそうだったキラ君を、変わり者で友達もいなかったニノが、笑顔にできるように毎日頑張る姿に勇気をもらえます。

悲しいことがあった時に読むと、元気と勇気が出て、また頑張ろうと思える作品です。

きょうのキラ君(1)

楽天ブックス

商品

きょうのキラ君(1)

¥463

[みきもと凛/講談社] お互いが互いのことを考えて過ごすニノとキラ君の、何気ない日常が勇気をくれます。2017年に映画化。

東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ

<ストーリー>

花垣タケミチは、中学時代の彼女である橘ヒナタが殺されたことをニュースで知る。
犯人は悪党連合“東京卍會”。
ヒナタを守るために12年前の中学時代にタイムリープする。

人生で唯一の彼女であったヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、
最強不良集団の頂点を目指す物語。

何度も何度も、ヒナタを助けようとするタケミチに勇気をもらえます。
ハラハラドキドキあり、感動ありの作品です。

何度ダメでも諦めず、ダメダメな自分から逃げずに全てに立ち向かう姿が最高にかっこいい作品となっています。

東京卍リベンジャーズ(1)

楽天ブックス

商品

東京卍リベンジャーズ(1)

¥463

[和久井健/講談社] 男気があるキャラばかりで、テンポよく進むので、さらっと読めるのに読み応えのある作品です。現代のヤンキー漫画の代表作となる日も近いかも。

人生は一度きりだから

人生は一度きりだから

人生は一度きりしかないから。
伝えたいことは、伝えられる時に、
やりたいことは、できる時に。

かけがえのない今を大切にして生きていくんだ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。