定期的にやってくるプチ引きこもり?本当に何もしたくないときの応急処置
TARUGITARUGI

定期的にやってくるプチ引きこもり?本当に何もしたくないときの応急処置

どうしてもやる気が出なくて憂鬱な日ってありますよね。今日だけは家でジッとしていたい、人と会うこと・話すことは好きだけれど今日は1人が良い、とか。今回は、「外に出たくない、人に会いたくないとき」の対処法を、2つのケースに合わせてご紹介します。

更新 2019.03.28 公開日 2019.03.28
目次 もっと見る

何にもしたくない…

気分が落ち込んでいて何もしたくない。
いつもは人と会うことが好きな私も、なぜか誰とも会いたくない…。

そう、今日の私はやる気も元気も0です。

今回は、1日何もない日、どうしても外に出なくちゃいけない日の2つのケースの対処法をご紹介します。

【CASE1】1日何もない日

「よかった、今日は何もない日だ。」

元気0、やる気0の日に予定が何もないのはちょっと嬉しかったり。
だけど元気が出ないのには変わりないのよ。

絶対的な未来予想が出来てしまった。
そう、ベッドから動かない人間。

そんな私、前を向きましょ。
では、何もない日だからこそ、元気の出ない自分に出来る方法を考えていきましょ。

笑顔になれる動画を見る

1つ目は、元気になれるような動画を見ること。
お笑いに限らずに、ジャンルは何でもありなのです。

見ているだけで和んでしまう動物、自分が普段出来ないようなことをしているYouTuberだったり、お笑い動画だったり。
笑顔になることで、憂鬱さも少しは緩和されますよ。

手紙を書いてみる

インターネットの普及によって、誰かに手紙を書く機会が減りましたよね。
子供の頃は、交換ノートやお手紙交換をして、手書きの文字の温かさを知らぬ間に感じていたのかも。

手紙を書くことで、最近の自分のこと、悩んでいること、今ハマっていることなど、現在の自分を見直す機会になるかもしれませんね。

TO DO リストを考える

「行きたいと思っていたお店」「買いたい服」でも何でもあり。
TO DOリストにすることで、明日から頑張ろうというモチベーションにつながるかもしれません。

元気がない時だからこそ、TO DOリストを書いてみましょう。
今すぐにはやる気が起きなくても、なんだか書き出してみたらちょっと元気になるかも。

【CASE2】どうしても外に出ないとダメ

今日は元々予定があって、絶対外に出なくちゃダメな日はありますよね。
だけど、元気の出ない私にはかなりしんどいのです。

外に出る準備をするのも嫌だ…。
体も重いし、動きたくありません。

憂鬱な日って動くのも一苦労だったりしますよね。
そんなお悩みを解決していきましょ。

お気に入りのお洋服を着る

気分が上がらない日だからこそ、自分のお気に入りの服を着ちゃいましょ。
好きな服を着るだけでも、テンションが上がって楽しい気持ちになれますよ。

お気に入りの可愛いアクセサリーも身につけてみて。
可愛いモノを身につけて、沈んだ心も幸せな気持ちに。

お気に入りの香水をつけてみる

香りは気分を高めてくれる効果もあるので、とてもおすすめです。
特に自分のお気に入りの香水をつけると明るい気持ちになれちゃいます。

どの香水にしようか選ぶときもウキウキしてしまいますよね。
自分で香りが分かる程度に調整してつけましょう。

今日絶対にしたいことを考える

最後は、今日絶対したいことを考えること。
食べたいものを家に帰ってから食べるのも良し◎

楽しみが待っていると思うとなんだか頑張れそう。
暗い気持ちのままで出掛けるより、何倍も良いです。

憂鬱ヲ吹キ飛バセ

毎日頑張ってるんだから、元気が出ない憂鬱な日もありますよね。
そんな日も好きなこと、可愛いモノに助けてもらっちゃいましょ。

spacer

RELATED