そこは、大人のための秘密基地。壁一面の本と泊まるブックホテル「箱根本箱」とは

壁一面の本と共に泊まることができるブックホテル、『箱根本箱』。箱根の強羅にあるこのホテルについてまとめました。1万冊を超える本が読み放題、こだわりのデザインの館内や露天風呂付きのお部屋、自然派イタリアンの夕食など、魅力がたっぷりの『箱根本箱』。寄り道して行きたいカフェや美術館などとあわせて紹介します。

本好きなあなたも、ご無沙汰なあなたも

本って読みますか。

ここで紹介したいのは、大好きだよってあなたも、本はだいぶご無沙汰だなぁってあなたにも、おすすめしたい場所。

旅行先としても人気の箱根で見つけました。

本に囲まれる『箱根本箱』とは

2018年8月にオープンしたばかりの、その場所の名前は『箱根本箱』。
箱根の強羅にあるこの場所は、壁一面の本と一緒に時間を過ごすことができる、ブックホテルなんです。

気になる『箱根本箱』について、ここでじっくり見ていきたいと思います。

コンセプト

?size=l

『箱根本箱』のコンセプトは“大人のための「秘密基地」”。

館内には1万2,000冊もの本があり、どこでどんな風に本を読んでもOK。
「衣食住休遊知」の6ジャンルにわたる本が揃えられていて、気軽に読めるような内容のものが多いことが特徴です。

自分で本を持ち込むこともできるようですよ。

本屋でもなく、図書館でもなく、旅館でもない 新しい未来への物語が始まる場所。 文化を担う大人のための「秘密基地」です。

出典:hakonemag.com

?size=l

本をテーマにした新しいかたちの施設と言える、『箱根本箱』。

たくさんの本に囲まれる時間は、本好きの人のためのもののように思われるかもしれませんが、このホテルは普段あまり本を読まない人にもおすすめなのだとか。

非日常的な過ごし方を求めて、訪れてみたいですね。

「箱根本箱」は、本をテーマにしたインタラクティブ・メディアホテル。
けっして本好きな人だけに向けたホテルではありません。
むしろ「あまり本は買わない」「最近は本はご無沙汰だなあ」という人にこそ、ぜひいらしていただきたい、“本と人との出会いの場”です。

出典:hakonemag.com

本は読み放題、購入も可

?size=l

館内にはいたるところに本棚が。
それらの本は読み放題になっており、また全ての本を購入することもできます。

本は開放的な共有スペースで読むのもよし、お部屋に持っていってもよし。
秋には紅葉が綺麗に見えるそうですよ。

こだわりのお部屋は露天風呂付き

?size=l

『箱根本箱』には18の客室があります。
特徴は、全ての部屋のインテリアが違っていること。
また、テレビやパソコンがないことも印象的です。

シンプルだけどこだわりを感じるお部屋になっています。

?size=l

そして全てのお部屋に露天風呂がついているのもとっても魅力的なポイント。

本を片手にゆっくり過ごした後は、箱根の景色を見ながらお風呂につかって。
なんとも贅沢な過ごし方ができそうです。

また、大浴場もありますよ。

食の美味しさも評判です

?size=l

『箱根本箱』はごはんが美味しいことも評判です。
宿泊プランには基本的に夕食、朝食の2食がついていて、館内のレストランでいただきます。

夕食は、箱根を中心に静岡、神奈川などの食材を使った自然派イタリアン。
有名店で経験を積んだシェフによる、見た目にも美しいお料理が楽しめます。

?size=l

パンやスープなどが美味しい朝食も気になります。
ごはんって旅の楽しみのひとつでもあるから、こだわりの料理が満喫できるのは嬉しいですよね。

ちなみに、館内にはフリーのお菓子やドリンクなども用意されているようですよ。

アクセス

?size=l

『箱根本箱』へは小田原駅や箱根湯本駅からバスを利用することもできるのですが、ホテルからおすすめされているのは箱根湯本から電車やケーブルカーを乗り継ぐゆっくりコース。

この道中の景色や時間も魅力的なのだそうですよ。
最寄りの中強羅駅からは徒歩4分ほどです。

詳しいアクセスはこちら

ちょっと寄り道するなら

Timuny.

?size=l

おまけに『箱根本箱』を訪れる箱根の旅で、ちょっと寄り道していきたい場所をご紹介します。

箱根湯本駅から歩いて3分ほどのところにある『Timuny. (ティムニー)』はコーヒーにこだわりのあるカフェ。

落ち着いた雰囲気の店内で、美味しいコーヒーやサンドイッチ、パスタなどを楽しむことができますよ。

?size=l

〈店舗情報〉

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本706−32
営業時間:10:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:水曜

ポーラ美術館

?size=l

小田原駅、箱根湯本駅、強羅駅などからアクセスの良い『ポーラ美術館』。
モネやルノワールなどの印象派の絵のコレクション数は日本でも有数です。

箱根の自然が楽しめる遊歩道や、建築の美しさが評判の建物自体も魅力的。
本で知的好奇心を高めた後に、芸術鑑賞なんていかがでしょうか。

?size=l

〈施設情報〉

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:年中無休(休館の場合はHPに掲載あり)
入館料:大人 1800円など

くわしくはこちら

QOL、高めです

?size=l

たくさんの本と、素敵な建物と、美味しいごはんと一緒にゆっくりと過ごす一日。

あなたもぜひ、『箱根本箱』で上質で大人な体験をしてみてはいかがでしょうか。
かなり前から宿泊予約が埋まってしまうこともあるようだから、気になる方はぜひお早めにチェックを。

『箱根本箱』について

関連する記事

こんな記事も人気です♪

【箱根】温泉だけじゃないんです。思わずインスタに載せたくなる1泊2日♡

【箱根】温泉だけじゃないんです。思わずインスタに載せたくなる1泊2日♡

  • ねこ太郎公式
  • 38541view
【箱根】美味しいものだけ集めました♡も~っと思い出に残る旅行にするごはん特集

【箱根】美味しいものだけ集めました♡も~っと思い出に残る旅行にするごはん特集

  • ねこ太郎公式
  • 13513view
彼と一緒に、温泉で気分をリフレッシュして。はてなくんと行く、箱根旅行日記

彼と一緒に、温泉で気分をリフレッシュして。はてなくんと行く、箱根旅行日記

  • ゆいふぉい公式
  • 25620view
アートが好きなら箱根に行こう。3つの美術館と、3つのノスタルジックな場所

アートが好きなら箱根に行こう。3つの美術館と、3つのノスタルジックな場所

  • nana公式
  • 13184view
旅行はリラックスするためにする派。Coupleにオススメの箱根ホテル3選♡

旅行はリラックスするためにする派。Coupleにオススメの箱根ホテル3選♡

  • JENA公式
  • 24774view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。