ギャルメイクは目元を盛ってなんぼ。くるんとぱっちりした“束感まつ毛”をゲット

ギャルメイクに挑戦したいけど、「何だか自分のギャルメイクは違う」と悩んでいる人もいるのでは?何度もやり方を確認したはずなのに、どこかギャルっぽさが足りないなんてことがあるかもしれません。そんなときはくるんとぱっちりした“束感まつ毛”になっているかを確認してみて。ギャルメイクは目元を盛ってなんぼなのです♡

なんか違うぞ、私のギャルメイク

なんか違うぞ、私のギャルメイク

出典: www.17kg.shop

昔からギャルになりたいって思っていた。
だから、最近ようやくギャルメイクをしてみた。

でも、なんか私のギャルメイクって違う。
理想通りにならないの。

研究を重ねてはいるけれど…

研究を重ねてはいるけれど…

出典: unsplash.com

お気に入りのインスタグラマーや雑誌をしっかりチェックして、いろんなギャルメイクに挑戦しているのに、いまいちピンとこない。

手順は同じなのに…。
もしかしてギャルメイクに向いてないの?

ギャルメイクは目元を盛ってなんぼ

ギャルメイクは目元を盛ってなんぼ

出典: lipscosme.com

ギャルメイクは難度が高くて敬遠しがちという人も多いですが、ギャルメイクに向いていない人なんていないはず!
ギャルメイクは目元を盛れば誰でも近づけるかも♡

特にくるんとぱっちりした束感まつ毛が大切。
目元に工夫を入れるだけで、ワンランク上のギャルメイクになるかも。

くるんとぱっちりした束感まつ毛を作る方法

①マツエク

①マツエク

まず、くるんとぱっちりした束感まつ毛にしたいなら“マツエク”がおすすめ。
本数多め、カールは一番強いものを選べばギャルっぽさがより引き出されます。

長さを出してより目元に存在感を出すのも素敵ですが、束感を出すなら長さを少し短くして本数を多くするのもいいみたい。
束感をより出したいなら、シングルラッシュよりもボリュームラッシュがおすすめです!

▷ポイント:「下がりまつ毛を避ける」◁

マツエクをつけるときのポイントは「下がりまつ毛を避ける」ということ。
カールが強いものでも、自まつ毛が下がっている状態だと、理想としているくるんとしたカールは出にくいかも。

自まつ毛が下がり気味という人は、アップワードラッシュやリフトアップラッシュなど、カール矯正をプラスのオプションとして入れてみるのがgood。

②つけまつ毛

②つけまつ毛

くるんとぱっちりした束感まつ毛を作るもうひとつの方法が“つけまつ毛”。
マツエクは自分に合ったカールや長さを探すのに時間がかかるということもあります。

それに比べてつけまつ毛なら、いろんな種類を何度も試せるのでおすすめ。
マツエクは一度つけたらオフをするのも大変なので、最初はつけまつ毛がいいという人も多いみたいです。

▷ポイント:「自まつ毛にマスカラをしっかり塗る」◁

出典: shutterstock

つけまつ毛でくるんとしたまつ毛を演出するために、「自まつ毛にマスカラをしっかり塗る」ことがポイント。

自まつ毛をビューラーでしっかり上げて、マスカラでカールをキープします。
つけまつ毛の重さで自まつ毛がだんだんと落ちてくると、境目ができてしまうのです。

ビューラー、マスカラ下地、カールをキープするマスカラという手順でやっておくと安心。

+αでもっとギャル目に

:二重幅を広げる

:二重幅を広げる

出典: lipscosme.com

くるんとぱっちりした束感まつ毛の準備はOK。
さらにギャルっぽさを追加するための工夫をいくつか紹介します。

まずは「二重幅を広げる」。
まつ毛でぱっちりした目は十分に作れますが、二重幅を広げるとよりギャルメイクらしさがUP。
二重アイテムを駆使して、よりぱっちりした目元を演出しちゃいましょう。

:アイシャドウはグラデーションを意識

:アイシャドウはグラデーションを意識

続いては「アイシャドウはグラデーションを意識」。
特に深みのあるブラウン系がおすすめ。

キラキラ輝くブラウンのグラデーションカラーが、大人っぽい雰囲気を作り出してくれます。
ギャルメイクといえば、大人強めな感じ。
アイシャドウでたっぷり引き出しちゃいましょう!

:目頭切開ラインは大胆に

:目頭切開ラインは大胆に

「目頭切開ラインは大胆に」することも大事。
目頭切開ラインは太すぎると不自然と思う方もいるかもしれませんが、ギャルメイクのように濃いメイクならむしろ大胆なくらいが丁度いい♡

他の人と差をつけられるポイントを、ギャルメイクはたくさん持っているのです。

:アイライナーで横幅を伸ばす

:アイライナーで横幅を伸ばす

目頭切開ラインを大胆にするのなら、「アイライナーで横幅を伸ばす」ことにも挑戦してみて。
せっかくぱっちりとした束感まつ毛を手に入れたなら、より目の横幅を広げて大きさをUP。

キャットラインなど、跳ね上げラインをすることで、より自然に横幅を広げることができます。

:涙袋で立体感とキラキラ感を

:涙袋で立体感とキラキラ感を

続いては「涙袋で立体感とキラキラ感を」。
涙袋があるかないかでギャルメイクも結構変わってきます。

ぷっくり綺麗な涙袋を作るには、涙袋の下部分をシャドウでぼかし、キラキラシャドウを目頭部分にちょこんとのせるのがポイント。

:下まつ毛にも存在感を

:下まつ毛にも存在感を

最後は「下まつ毛にも存在感を」。
こちらはマツエクver.の下まつ毛。

上のまつ毛をくるんとぱっちりした束感まつ毛にしたなら、下のまつ毛も負けないような存在感を作ってみましょう。

「下マツエクは取れやすい」と悩む人もいますよね。
そんなときはしっかりマスカラをすればOK。

下まつ毛の存在感があるだけで、ギャルメイクのぱっちり感も変わってきます。
ここまでのステップを踏めば、きっと理想のギャルメイクになっているはず。

もっとギャルが楽しくなる♡

もっとギャルが楽しくなる♡

しっくりくるギャルメイクができれば、あとはギャルになった自分を楽しむだけ。
もっともっと好きになりそう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。