アートと海と、空を感じる旅をしよう。瀬戸内に浮かぶ、直島ぐるっと観光ガイド

瀬戸内海に浮かび、アートの島として知られる香川県の直島について、アクセスや巡り方、おすすめの観光スポットや美術館、カフェなどについてまとめました。一日でぐるっと一周することもできる直島で、アートと海と、空を感じる旅をしてみませんか。四国や香川県を訪れる際にはぜひ訪れたいスポットの観光ガイドとして活用してみてくださいね。

瀬戸内に浮かぶ、直島へ

?size=l

香川県に属する直島。
瀬戸内海に浮かぶこの島は、アートの島として有名です。

一日でぐるっと一周楽しむこともできる直島は、気ままな旅をするのにぴったりな場所。

ぐるっと一周、ガイドします

?size=l

そんな直島について、アクセスやおすすめのスポットなどについてまとめました。

あなたもアートと海と、空を感じる旅へ出かけてみませんか。

のんびりとしていて、ちょっぴり非日常な時間を味わうことができそうです。

▷アクセス、島の巡り方

岡山・高松から船で島へ

?size=l

瀬戸内海に浮かぶ直島へは、船で向かいます。
岡山、香川の2箇所から出ていますよ。

岡山県の宇野港からは15〜20分ほど、
香川県の高松港からは50〜60分ほどで到着します。

?size=l

どちらの港も、フェリーと高速旅客船の2つのタイプの船があり、それぞれ料金や時刻表が異なります。
また、周辺の豊島や小豆島などをつなぐ路線もあり、瀬戸内の島巡りを楽しむこともできます。

旅のプランなどに合わせて選んでみてくださいね。

詳しくはこちら

バス、レンタカー、レンタサイクルで巡って

?size=l

ほとんどのフェリー、高速旅客船は直島の「宮浦港」という港に到着します。

島を巡る方法はいくつかありますが、まず町営バスがあげられます。
宮浦港を出発し、島の南側を右回りに行くコースを、見た目にも可愛いバスで回ります。

その先には美術館が集まるエリアがあり、ここではベネッセアートサイト直島場内シャトルバスを利用することができます。

?size=l

また、宮浦港周辺にはレンタカー、レンタサイクルができるお店がいくつもあります。

あまり大きな島ではないので、レンタサイクルでも十分回ることができますよ。
ただ、かなり急な坂道がたくさんあるので、電動自転車を選ぶのがおすすめです。

詳しくはこちら

▷おすすめアートスポット

南瓜(黄かぼちゃ)

?size=l

アートの島として知られる直島には、屋外にアート作品が現れるスポットがいくつもあるんです。

例えばこの「南瓜(黄かぼちゃ)」。
島の南側、海辺に佇んでいます。

こちらは世界的にも有名なアーティスト、草間彌生さんの作品。
海とアート作品が一体となった景色がなんだか新鮮です。

直島パヴィリオン

?size=l

「直島パヴィリオン」は、直島町の町制施行60周年を記念してつくられた作品。

宮浦港からすぐのところに、こちらも突如現れます。
この作品の特徴は、アートの中に入ることができること。

透けて見える海や空と一緒に鑑賞してみて。

草間彌生「赤かぼちゃ」

?size=l

直島にはもうひとつ有名なかぼちゃが。
こちらも草間彌生さんの作品です。

宮浦港のすぐ側にあるので、島に入って最初に見つけることのできるアート作品かも。

この他にも、島の景色にはたくさんのアート作品が融合しているから、ぜひ探してみてくださいね。

アートマップはこちら

▷美術館巡りも気になります

地中美術館

?size=l

島の南側にはいくつも美術館があります。
「地中美術館」は、その名の通り建物のほとんどが地下に沈んでいるんです。

クロード・モネの作品などが人気の他、庭園の美しさも評判です。
館内は撮影禁止なのでそこだけ注意してくださいね。

開館時間:3月1日〜9月30日
      10:00〜18:00(最終入館17:00)
     10月1日〜2月末日
      10:00〜17:00(最終入館16:00)
休館日:月曜日
※祝日の場合開館は翌日休館
鑑賞料金:2,060円(15歳以下は無料)

詳しくはこちら

ベネッセハウス ミュージアム

?size=l

「ベネッセハウス ミュージアム」は美術館とホテルが一体となった施設。

展示スペースの他にも館内の至るところにアートを感じることができるんです。
もちろん宿泊もできますよ。

開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)
休館日:年中無休
鑑賞料金:1,030円
※15歳以下とベネッセハウス宿泊者は無料

詳しくはこちら

李禹煥美術館

?size=l

「李禹煥美術館」は、世界的に活躍するアーティストである李禹煥(リ・ウーファン)氏と日本を代表する建築家、安藤忠雄氏のコラボレーションによる美術館。

半地下構造の建物になっており、自然と現代的な建築が交わる不思議な世界観を満喫することができます。

開館時間:3月1日〜9月30日
      10:00〜18:00(最終入館17:30)
     10月1日〜2月末日
      10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日
※祝日の場合は翌日休館
鑑賞料金:1,030円
※15歳以下は無料

詳しくはこちら

▷直島グルメも満喫して

ミカヅキショウテン

?size=l

旅の楽しみのひとつといえば、美味しいグルメを満喫すること。
直島にも素敵なお店がたくさんあります。

例えば宮浦港からも近い「ミカヅキショウテン」ではこだわりのコーヒーがテイクアウトできます。
ちょっと休憩がてら、のどを潤してみて。

住所:香川県香川郡直島町2291-5
営業時間:8:30〜17:00
定休日:木曜日

詳しくはこちら

玄米心食 あいすなお

?size=l

「玄米心食 あいすなお」は古民家を使った和食屋さん。
特に無農薬玄米を使った和定食のランチが人気なんです。

野菜たっぷりの優しい味わいのランチは、心も身体も喜びそうですね。

住所:香川県香川郡直島町761-1
営業時間:11:00~17:00(L.O.)
     ※冬は16:00(L.O.)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

詳しくはこちら

島小屋

?size=l

「島小屋」も古民家を改装したお店で、ブックカフェ兼テントステイができる場所。
テントはレンタルすることもできるんです。

ブックカフェで楽しめる数量限定のプリンも気になります。

住所:香川県香川郡直島町882−1
定休日:不定休

詳しくはこちら

海と空と、アートを感じて

?size=l

たっぷりの自然とアートを感じることのできる直島。

あなたも独特の雰囲気が漂う島で、ちょっぴり非日常的な時間を楽しんでみませんか。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

食べるのがもったいない。「鍋アート」で自分だけの冬の主役をつくってみませんか

食べるのがもったいない。「鍋アート」で自分だけの冬の主役をつくってみませんか

  • misa公式
  • 4747view
現代アートはここまで来た!デジタルの世界で神秘的な時間を楽しむのはいかが?♡

現代アートはここまで来た!デジタルの世界で神秘的な時間を楽しむのはいかが?♡

  • lilychild公式
  • 7172view
手のひらに広がるアートの世界!インスタ・Googleのサービスで美術館気分を楽しもう

手のひらに広がるアートの世界!インスタ・Googleのサービスで美術館気分を楽しもう

  • hota公式
  • 2940view
お魚以外も好きだにゃ〜。猫ちゃんたちがカプッとかぶりつく大根おろしアートの世界

お魚以外も好きだにゃ〜。猫ちゃんたちがカプッとかぶりつく大根おろしアートの世界

  • まりん公式
  • 1503view
トーキョーの喧騒から抜け出して。アートは何よりの癒し?関東・日帰りアート旅

トーキョーの喧騒から抜け出して。アートは何よりの癒し?関東・日帰りアート旅

  • hota公式
  • 7849view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。