時計が遅れるのは磁気のせいかも。知っておきたい「時を刻むあの子」のトリセツ

お気に入りの腕時計が動かなくなってしまったり壊れてしまうとショックですよね。毎日腕につけている相棒のトリセツを学んで、故障してしまった時にはしっかり直してもらいましょ。時計が遅れている時は電池がなくなっている訳ではなくて磁気のせいかも。止まった時には?ガラスが割れた時には?曇った時には?そんなお悩みを解決します。

時を刻むあの子について

時を刻むあの子について

大切な人からプレゼントで貰ったり
自分へのご褒美として買ってから
毎日つけているお気に入りの時計。

していないとちょっと落ち着かなかったり…。
そのくらい自分の体の一部になってしまいました。

そんないつも、今この瞬間も時を刻み続けてくれている
あの子のトリセツ、しっかり学んでいきましょ。

いざ壊れてしまった時に
どんな理由なのか、復活はするのか
大切な時計だからこそ、考えていきましょう。

(;;)時計が遅れている

(;;)時計が遅れている

あれ、時計が遅れている…?
でも時間を合わせて置いておくと
あれ、大丈夫だ。
でもしばらくするとまた遅れてるよ。

この場合どんな理由が考えられるのでしょう。

時計の電池がなくなったから遅れている?
と思いがちですが実は違うことがあるのだそう。

もし本当に時計の電池がなくなっているのなら、
時計の針は動かないのだそう。

原因は、磁気なのです。

出典: shutterstock

スマートフォンやパソコン、
磁石で止めるタイプの財布などの近くに
時計を置いておくとその磁気で
精密な時計の仕組みを
崩してしまうことがあるのだそう。

その場合磁気抜きという作業が必要になるそう。
壊れてしまった訳ではないので
修理したら使ってあげてくださいね。

お使いの時計が機械式であっても、アナログクオーツ時計であっても、磁力源からは5、6cm離しておくように、また、近づけてしまったらなるべく素早く遠ざけるように心がけてください。

出典:citizen.jp

(;;)時計が止まった

(;;)時計が止まった

時計が止まった原因も
もちろん電池切れなどが考えられます。

他にも考えられる原因があるとすれば
それは時計の歯車にあるそうです。

時計は非常に精密な作りなので
思いがけず何かにぶつかってしまったり
間違えて投げてしまうと
その歯車がうまく噛み合わなくなったり
取れてしまったりすることがあるそうです。

出典: shutterstock

また、オイルが足りなかったり
機械にゴミが入り込んでいるケースもあるのだとか。

そうなると、そこを修理すれば
またいつも通り使える訳ですから
安心してくださいね。

(;;)ガラスが割れた

(;;)ガラスが割れた

時計の画面の部分のガラス。
風防と呼ばれるこちらの部分が
何かの衝撃で割れてしまった時、
おそらくどの壊れ方よりも
最初のショックが大きいかと思います。
お気に入りの時計なら尚更ですよね。

ガラスがなくなってしまうと、
針などの他の部分を守ることができなくなり
他の部分にも支障をきたしてしまうことがあります。
なので放置はせずに
なるべく早く修理に出してあげてください。

風防(ガラス)の異常としては、ヒビが入ったり、割れたり、粉々になったり、と症状は様々です。ガラスは、前述のように水や風などから時計内部を守る部品のため、壊れるといろいろと厄介なことになります。

たとえば、ガラスがなければ、前述のように水分や風から守るものがなくなり、故障しやすくなります。また、割れたりすれば針や文字盤が見にくくなります。

出典:saiyasu-syuuri.com

修理代は
浅いヒビの場合は磨くだけなので3000円から。
高いものだと2〜3万円することもあるのだそう。

扱いには気をつけた方が良さそうですね。

(;;)ガラスが曇る

(;;)ガラスが曇る

出典: shutterstock

ガラスが曇ったまま元に戻らない。
というのはかなり大変な事態なのだそう。

水分が内部まで浸食してしまった可能性が高いんだそう。
また、冬場の結露で浸食してしまうケースなどもあり、
注意が必要です。

出典: shutterstock

原因として考えられるのは
時計の横に付いている突起した部分で
針の位置の調整などを行う
リューズと呼ばれる部分が浮いたまま
使われていたり、
ガラスの破損を放置してしまったことなどで
起きてしまうそうです。

お気に入りの時計が
危険に晒されているサインでもあります。
裏蓋のパッキンの劣化等で
水分が溜まってしまうこともあるので
長年愛用しているものは
定期点検に出すことをオススメします。

大好きな相棒だから

大好きな相棒だから

ずっと使いたい相棒だから。

壊れてしまったからと新しい時計を買って
使わなくなってしまうのではなく
きっちり修理して
ずっと時を刻んでもらいたいですね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。