‘金髪=ギャル’って、決めたの誰?ハイトーンカラーを自分のテイストで楽しむには

金髪などのハイトーンカラーはギャルっぽい、というイメージを持っている方も多いでしょう。そしてそれが理由で好きな髪色にできないという方もいるはずです。しかしそんなことはなく、見せ方次第で自分らしいテイストにすることができます!この記事ではガーリー・カジュアル・モードの3タイプに分け、ハイトーンカラーを楽しむ秘訣をご紹介。

金髪は、ギャルだけのものじゃない

金髪は、ギャルだけのものじゃない

金髪=ギャルだとか、ハイトーンカラー=チャラいだとか、そんな定義はありません。
確かにギャルは可愛いけど、私のなりたいイメージとはまたちょっと違うんです。

お洒落とは、もっと自由なもの。
自分らしくいながら、したいことをして楽しむのが良いに決まってる。

出典: www.17kg.shop

この記事では、ガーリー・カジュアル・モードの3タイプに分け、ハイトーンカラーを楽しむ秘訣をご紹介しています。
自分らしい見せ方で、ハイトーンカラーを楽しみましょう。

ハイトーンカラーを自分らしく楽しむには?

ガーリー編

リボンモチーフのヘアアクセをON

リボンモチーフのヘアアクセをON

リボンアイテムを使って、ガーリーなヘアアレンジを施しましょう。
明るいハイトーンカラーには、鮮やかなカラーのアクセサリーが映えます。

ベロア ロング リボン ヘアゴム

ZOZOTOWN

商品

ベロア ロング リボン ヘアゴム

¥3,240

シンプルなリボンヘアゴムは一つ持っておくだけで、ヘアアレンジの幅も広がりそう。
上品な、細めのリボンで大人っぽさもプラス。

前髪をシースルーバングにするだけでも、抜け感が出て可愛らしい印象に。
大人可愛い金ピンさえあれば、簡単にできますよ!

ドーリーな雰囲気のアイテムを合わせる

ドーリーな雰囲気のアイテムを合わせる

出典: www.17kg.shop

コーディネートにはドーリーでレトロな柄、形のアイテムをチョイスしましょう。
まるでお人形さんのように可愛らしい印象に見せられるはずです。

ヴィンテージダブルボタンワンピース

ZOZOTOWN

商品

ヴィンテージダブルボタンワンピース

¥8,640

ヴィンテージライクなレトロテイストのワンピース。
ロング丈で上品な印象に見せてくれます。

カジュアル編

ゆったりシルエットの服を主役に

ゆったりシルエットの服を主役に

出典: www.17kg.shop

ハイトーンカラーの華やかさを、ゆったりとしたシルエットのアイテムの抜け感で中和しましょう。
キメキメすぎず程良いラフさになり、ギャルっぽい強いイメージからは離れられそうです。

ビッグシルエットスタンドカラーシャツワンピース

ZOZOTOWN

商品

ビッグシルエットスタンドカラーシャツワンピース

¥6,875

ビッグシルエットで可愛らしいシャツワンピース。
シンプルなので色々なアイテムとの相性が良さそうですね。

好きなハットを合わせて、ハイトーン×自分らしさ

好きなハットを合わせて、ハイトーン×自分らしさ

出典: www.17kg.shop

ハットを合わせれば、ハイトーンカラーのヘアスタイルも自分らしいスタイルに見せられそう。
コーディネートの仕上げに、お気に入りのハットを合わせましょう。

ゆったりリブベレー帽

ZOZOTOWN

商品

ゆったりリブベレー帽

¥2,948

ゆったりとした形が可愛くてアンニュイな印象に仕上げられそう。
リブ素材が入っているのがお洒落です。

ベレー帽が合うヘアアレンジにもチャレンジしてみましょう。
セルフでも比較的簡単にできそうなので、スッキリとした印象に仕上げたい時にオススメですよ。

モード編

ホワイト系のカラーを入れる

ホワイト系のカラーを入れる

ハイトーンのヘアカラーに、ホワイト系のカラーをチョイスして。
スタイリッシュで雰囲気のある、お洒落な仕上がりになるでしょう。
ハイライトを入れて立体感を出せば、明るい髪色でものっぺりせず綺麗な形に見せられそう。

メイクは濃すぎず、形で見せて

メイクは濃すぎず、形で見せて

出典: latte.la

メイクは色をのせすぎず、ナチュラルに。
アイラインやリップなどを濃くしすぎてしまうと、モードテイストのコーデにも合うかもしれませんが、キツすぎる印象になってしまうかも。

ここはハイライトなどを使った立体感の演出を重視して、形を綺麗に見せて。
色を濃くしすぎなくても、くっきりとした凛とした顔に仕上がるはず。

出典: lipscosme.com

オススメのコスメは、『THREE(スリー)』の『THREE シマリング グロー デュオ』です。
チークベースとハイライトが一緒になったコスメです。
クリーミーなテクスチャーで使いやすく、塗るとパウダーに変化して自然に肌に馴染み、ツヤ感をプラスしてくれます。

購入はこちら

髪色は変わっても、‘好き’は変わらない

髪色は変わっても、‘好き’は変わらない

お洒落は気まぐれに楽しみたいもの。
落ち着いた暗いヘアカラーにしたい時もあれば、ハイトーンカラーでオーラのある女性になりたい時もあるでしょう。

でも、自分の好きなものへの気持ちはブレさせないで。
その思いだけで、どんなものでも自分らしく見せられるのですから。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。