ぽかぽか、温泉旅行に行く前に。入浴ルール&身体に良い入浴方法をcheckして

温泉旅行に行く予定はありますか?温泉に入るときのルールって、無意識に守れていないこともあるかも。旅行に出発する前に、最低限のルールは見直してみましょう。また、せっかくなら健康に良い方法で入浴しましょう。入浴の順番や、旅先で便利なグッズもご紹介します。

▷_温泉旅行の季節

寒さがまだまだ続くこの時季は、温泉が恋しくなりますよね。
温泉は、気持ち良いだけでなく、血行促進やリラックスの効果が期待できるそう。
温泉旅行の計画をしている方も多いはずです。

▷_守りたい入浴ルール

出典: unsplash.com

旅先で困らないように、入浴時の最低限のルールはおさらいしておきましょう。
周囲のことにも気を使いながら、温泉を楽しみたいですね。

水分補給

出典: unsplash.com

入浴前後の水分補給は必須です。
入浴中は、発汗により血液がドロドロになってしまうそうです。
これは脳卒中や心筋梗塞につながることもあるので、水分補給は忘れないでくださいね。

持ち物

出典: unsplash.com

入浴する前に、持ち物をチェックしておきましょう。
入浴時に必要なものは、

・薄手のフェイスタオル
・ヘアゴム

フェイスタオルは、旅館に置いてあることが多いです。
髪が長い方は、必ずヘアゴムで髪を結んで入浴しましょう。

レーススパバッグS

ZOZOTOWN

商品

レーススパバッグS

¥1,296

『Afternoon Tea(アフタヌーンティー)』
このようなスパバッグがあると旅行のときはとても便利です。
横マチ、底面がメッシュ素材なので水がたまりにくく、安心してお風呂に持っていけます。

幾何モチーフ ヘアクリップ

ZOZOTOWN

商品

幾何モチーフ ヘアクリップ

¥1,080

『VIBGYOR Women(ヴィブジョー ウィメン)』
髪が長くてヘアゴムだけだとまとまらないかたは、ヘアクリップを持っておきましょう。
お風呂のときだけでなく、ちょっと髪をまとめたいときにあると便利です。

汚れは落としてから

湯船が汚れないように、入浴前は洗い場でしっかり汗や汚れを落としましょう。
周囲の方に不快感を与えないために、化粧も入浴前に落とすのがベストです。
また、シャワーの際は、周囲に水が飛ばないように気をつけながら浴びましょう。

入ったあとは

出典: unsplash.com

水分が滴った状態で脱衣所に足を踏み入れるのはNGです。
持っていた入浴用のフェイスタオルで水分を拭きとってから脱衣所に向かいましょう。
脱衣所のロッカーや洗面台も、周囲の方と譲り合いながら利用しましょう。

▷_身体に良い入浴方法

ルールを確認したら、温泉の入り方もcheck。
温泉の入り方には、いくつかのポイントがあります。
せっかく温泉に入るなら、身体に良い方法で入りたいですよね。

かけ湯

温泉に入る前のかけ湯は、汚れを落とすだけでなく、熱いお湯につかったときの急な血圧の上昇を防ぐ効果があるそうです。
特に冬は、十分にかけ湯を行いましょう。
また、冷水とお湯を交互にかける「温冷交互浴」という方法があるみたいです。

また、膝下にお湯と水を交互にかける「温冷交互浴」を行うと、末梢血管が広がり、疲労物質が排出されやすくなるので疲労回復に効果があるほか、冷え性改善にも最適です。お湯を3分・水を1分、これを3~5回ほど繰り返すと効果的です。

出典:travel.rakuten.co.jp

内湯から

体が冷えている状態からいきなり熱いお湯につかるのは、血圧の急な上昇を招くので危険です。
露天風呂がある温泉の場合、内湯から先に入った方が身体への負担が少ないですよ。

いきなり全身浴はNG

出典: unsplash.com

いきなり全身浴・長湯をするのは、温度や水圧による刺激を身体に与えてしまいます。
足だけ湯船につけたり、半身浴をしてから全身でつかるようにしましょう。

また、一気に長湯をせず、休憩を挟みましょう。
身体の負担を抑えるとともに、湯冷めしにくくなります。

ゴシゴシ洗わない

出典: unsplash.com

保湿効果や美肌効果があると言われている泉質の温泉に入った場合は、温泉に入ったあとに身体を洗い過ぎないようにすると良いそうです。
ただし、酸性泉など、しっかりと洗い流した方が良い場合もあるので注意が必要です。

トラベルボトル

商品

トラベルボトル

¥1,499

『Acavado』
いつもの化粧品を旅先で使うなら、このような小分けのボトルに入れておくと良いですよ。
荷物がかさばるのを防ぎ、温泉などで持ち運ぶのにも便利です。

コスメ柄巾着M

ZOZOTOWN

商品

コスメ柄巾着M

¥1,836

『Cocoonist(コクーニスト)』
下着はランジェリー用のポーチや巾着でまとめておくとgood。
こちらのコスメ柄がかわいい巾着は、ランジェリー用だけでなく、小物やコスメを入れるのにぴったり。

▷_リフレッシュしに行こ

日々のストレスを忘れて温泉旅行。
最低限のルール、正しい入浴法を知って、思う存分楽しんでくださいね♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

たまにの温泉はたっぷり季節感を感じて。箱根湯本のおすすめ日帰り温泉旅行

たまにの温泉はたっぷり季節感を感じて。箱根湯本のおすすめ日帰り温泉旅行

  • miiikaaa公式
  • 14200view
温泉好きちゅ~もく!人をダメにする温泉カフェ『Gensen Café』へ日帰り旅行

温泉好きちゅ~もく!人をダメにする温泉カフェ『Gensen Café』へ日帰り旅行

  • sugar公式
  • 28216view
<外国人の友達を温泉に!>露天風呂付きの部屋がある温泉旅館9選〜関東編〜

<外国人の友達を温泉に!>露天風呂付きの部屋がある温泉旅館9選〜関東編〜

  • lilychild公式
  • 21750view
汗を温泉で流してのんびり〜の前に。温泉での暗黙のルール、見直してみない?

汗を温泉で流してのんびり〜の前に。温泉での暗黙のルール、見直してみない?

  • yoyo公式
  • 10232view
冬は温泉+サウナで身心ぽかぽかに。湯けむり美人の温泉たしなみルールBOOK

冬は温泉+サウナで身心ぽかぽかに。湯けむり美人の温泉たしなみルールBOOK

  • ぴんくぐれーぷ公式
  • 4422view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

づちゃん公式

PARTY PEOPLEへの憧憬

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。