憧れちゃって、マネしたい。フランス女性たちの4つの美容法で新しい私に出会う

フランス人女性の強く美しい姿に憧れている女子は多いのでは。今回のテーマはフランス人たちのビューティー哲学。フランス流のメイククレンジングって?どうしてオーガニックが人気なの?などの気になるハナシから、フレグランス生産量世界一位と言われているフランスの女性のフレグランスに対する考え方などを紹介します。

「美」の国フランスの女性たち

「美」の国フランスの女性たち

なんでだろう。

強く美しく見えるフランスの女性たちへの憧れが止まらないのです。
あの美しさの秘密はなんなのでしょう。

毎日が、ちょっと変わる新美容

毎日が、ちょっと変わる新美容

フランス人女性のライフスラフスタイルやビューティー哲学の本などもたくさん発売されていますよね。
今回はテーマを「美容」に絞ってフランス人女性の美に対するこだわりを見ていきましょう。

私たちでも取り入れられるものをピックアップしたので、毎日のスキンケアなどの参考にしてみては♡

その1. ふき取り化粧水を使う

その1. ふき取り化粧水を使う

フランス人女性は、スキンケアでふき取り化粧水を使用することが多いんだそう。
メイククレンジングをするときでも、洗顔ではなく汚れをふき取るようにするのが一般的なんだとか。

・なぜ?・

この理由は、水質にあるんです。
フランスの水は肌荒れの原因になると言われる、ミネラルが多く含まれる硬水なので、洗顔ではなくふき取りをするんだそう。

古い角質を取り除いてくれるふき取り美容は日本でも人気ですよね。

おすすめはコレ

おすすめはコレ

レトロコスメとしても注目を集めている『資生堂』の「オイデルミン N」。
さっぱりとした使用感で、朝の簡単な洗顔としても活躍してくれます。

もっと知りたい

その2. オーガニックにこだわる

その2. オーガニックにこだわる

出典: pixabay.com

フランスの人たちは、自然が大好き。
昔からの伝統を重んじて美容目的でスキンケア用のオリーブオイルなどを使う人もいるんだとか。

・止まらないオーガニック人気・

フランスでは「オーガニック」が人気なんだそう。
それは食べ物もコスメも。

オーガニックの商品には敏感肌の人でも使える優しさがあり、肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できるんだとか。

化学合成成分を使っていないため、素材そのものの効果によって私たちが本来持っている治癒力を高めて、肌をケアすることが出来るのがオーガニック化粧品の特徴です。

出典:www.vecua.com

人気のオーガニックブランド

人気のオーガニックブランド

『to/one(トーン)』はナチュラル&オーガニックメイクアップブランドです。
花のエッセンスをたっぷり含んだ潤いのあるアイテムや、美しく華やかなカラーのアイテムがそろっています。

to/oneのコスメを見る

その3. ヘアケアはナチュラルで優しいのが基本

その3. ヘアケアはナチュラルで優しいのが基本

フランスは硬水なので、週に2〜3回くらいの頻度で髪を洗うのが一般的なのだとか。
美しい髪を保つために使っているのは髪に優しい天然系のシャンプー。
ふわふわと泡立てて優しく洗うんだそうです。

・フランス人女性の髪の特徴・

フランス人女性の髪の毛は細くてデリケートなのだそう。
傷みやすい髪を労わるために、シャンプーなどのヘアケアアイテムにもオーガニックなどの天然系のものを使う人が多いみたい。

地域によって多少の差はありますが、フランス人は、本当に天然物が好きなようです。

出典:suhada.avene.co.jp

オーガニックはシャンプーにも

オーガニックはシャンプーにも

『Diane Bonheur(ダイアンボヌール)』は98%以上天然由来成分の、オーガニック素材でできたシャンプーです。

ダメージ補修の「GRASSE ROSE」とツヤ髪へ導く「ORANGE FLOWER」の2タイプのシャンプー&トリートメントがあります。
香水の産地として有名なフランス・グラース産の希少な天然香料を使用しています。

こだわりの成分をチェック

その4. 香りはアイデンティティ

その4. 香りはアイデンティティ

フランスはフレグランスの生産量が世界一と言われています。
消費量も世界一なんだそうです。
お出かけするときの必需品と考えている女性も多いのだとか。

単にいい香りをさせたいというだけではなく、自己表現の一部と思っている とは、さすが。

出典:www.elle.com

・見えないところもこだわって・

フランス人女性にとって香りは個性の1つ。
私たちも、自分の気分や好みに合わせた香水を付けることで自分を表現することができるのかも。

フランスから来たフレグランス

フランスから来たフレグランス

1828年からパリに開いたメゾンの最初の製造所をはじめ、常にフランスでの製造にこだわってきた『GUERLAIN(ゲラン)』。
こちらのオードトワレ「アクア アレゴリア ペラ グラニータ」は“ギリシャ神話に登場する楽園に生える洋ナシの木陰で、グラニータ(シチリア発祥のシャーベット状の氷菓)を楽しむひと時を表現している”のだそう。

ミドルは、キンモクセイや洋ナシが組み合わさった香りです。

つまりどんな香り?

憧れにちょっとは近づけるかも

憧れにちょっとは近づけるかも

私たちでも取り入れられる美容習慣がたくさんありましたね。
ナチュラルで優しく、見えないところにもこだわるフランス人のビューティー哲学。とっても素敵です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

フランス1周旅行。フランスの魅力をギュッと詰め込んだ夢の旅へようこそ♡

フランス1周旅行。フランスの魅力をギュッと詰め込んだ夢の旅へようこそ♡

  • cowgirl公式
  • 13168view
気分はまるでパリジェンヌ♡フランスを感じる国内スポットへお出かけ

気分はまるでパリジェンヌ♡フランスを感じる国内スポットへお出かけ

  • sasamichan公式
  • 12720view
夏までにお金貯めて訪れる「南フランス」の幸せバカンス。南仏で楽しむ4泊5日の旅

夏までにお金貯めて訪れる「南フランス」の幸せバカンス。南仏で楽しむ4泊5日の旅

  • cowgirl公式
  • 16777view
見習いたい美しさ。『フランス人は○○』の本から学ぶ、パリジェンヌ流の暮らし方

見習いたい美しさ。『フランス人は○○』の本から学ぶ、パリジェンヌ流の暮らし方

  • ぽちゃっこ公式
  • 21855view
フランス・ストラスブールの魅力を伝授。綺麗すぎて「やばい」が止まらないはず

フランス・ストラスブールの魅力を伝授。綺麗すぎて「やばい」が止まらないはず

  • まなもん公式
  • 3307view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

sasamichan公式

グッッッ パオン

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。