指輪のお守りを求めて大行列の『サムハラ神社』が大阪旅行のマストスポット

大阪市西区にある『サムハラ神社』の‘御神環守’という指輪型のお守りがSNSでとっても話題なんです。大阪駅からのアクセスも良く旅行の際にも立ち寄りやすい『サムハラ神社』ですが、指輪のお守りは「ご縁がないと手に入らない」ほど入手困難です。必要な人にしか手に入らないお守りにパワーをもらっちゃいましょう。

とっても珍しい‘指輪のお守り’

?size=l

神社でお参りをするときに、お守りを買うこともありますよね。
毎日身につけていれば、よりご利益があるような気がしませんか?

現在SNSで話題なのが、指輪型のお守り‘御神環守’。
直接肌に触れる形で身につけていられるので、見た目が可愛いだけでなくご利益を受けやすいのでは、と人気を集めているようです。

大阪『サムハラ神社』でご利益パワーを

?size=l

指輪のお守りを配布しているのが、大阪市西区にある『サムハラ神社』。
「サムハラ」というのは神字で漢字表記とは異なるためカタカナで表されるのだそう。

サムハラ神社は阿波座駅(あわざえき)が最寄になっており大阪駅からは約20分ほどなので、大阪旅行や出張の際にも立ち寄りやすいですよね。

______住所________
〒550-0012
大阪府大阪市西区立売堀2丁目5-26
________________

‘御神環守’はご縁がないと手に入らない?

?size=l

サムハラ神社の御神環守は、シンプルな見た目や3000円と手の届きやすい初穂料から現在とっても人気で、朝から行列ができていることも多いのだとか。
また、「ご縁がないと入手できない」とまで言われているほど入手困難になっているようです。

入手困難の理由の一つは、一つ一つが手作りのために大量生産ができないこと。
また月に2回あるという入荷日もランダムになっていて、入荷しても人気のサイズからすぐになくなってしまうそうなんです。

指輪の内側に刻印された「サムハラ」という文字に力が宿っていて、厄除けや身代わりになってくれるのだそう。
自分のサイズがないからといって、合わないサイズをネックレスなどにして身につけるのはNGですよ。
サイズが合っていないと授与していただけないそうなんです。

‘御神環守’が手に入らなくても大丈夫

?size=l

‘御神環守’は、3年通っても手に入らない人もいれば、初めての参拝時に手に入る人もいたりと運次第。
お目当ての指輪が手に入らない場合でも大丈夫です。
「サムハラ」という文字そのものに力が宿るので、御朱印をいただくだけでもご利益があるそうですよ。

また、指輪以外にも様々なタイプのお守りが用意されており、そちらは和同開珎を模した形のお守りになっています。
身につけることが大切なお守りだからこそ、小さなものを選んでお財布やポーチなどに入れておきたいですね。

神社の正しい参拝方法、復習しておく?

鳥居の前でお辞儀

出典: shutterstock

神社の入り口には鳥居がある場合が多いですよね。
この鳥居の前で、道の中央を避けた場所で一礼します。
鳥居が複数ある場合には、その都度一礼してください。

参道の中央は歩かない

出典: shutterstock

参道の中央を歩いてはいけない理由は、神様が通る道だから。
そのため、中央を避けて端を歩くようにしてください。
道が混んでいる場合には、気にしすぎないようにしてくださいね。

手水舎で手と口を清める

出典: shutterstock

神様にお参りをする前に、手と口をお清めしておきましょう。
柄杓1杯分の水で全ての工程を終えるようにしてくださいね。

手水の仕方
① 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
② 次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
③ 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
④ 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流します。
⑤ 最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。

出典:www.tokyo-jinjacho.or.jp

賽銭箱の前でお参りを

お参りする場所に悩んでしまうこともありますよね。
そんな時はお賽銭箱が目印になりますよ。
複数の神様を祀っている神社の場合は、力の大きな神様からお参りするのがいいようです。

二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)

また、たくさんの神様をお祀りしている神社では、ぜひ最初の挨拶は主祭神へ。これは決まりではありませんが、実生活同様、神様の世界でも一番目上の方から挨拶するのが礼儀なのですね。

出典:www.travel.co.jp

出典: shutterstock

これは知っている方も多いですよね。
神様の前では、2回のお辞儀、2回の拍手、1回のお辞儀で挨拶をするのが習わしとされています。

これは神社によって方法が変わる場合があるので注意してくださいね。

1.神様へと2回、丁寧にお辞儀(二拝)
2.胸前で両手を合わせ、軽く右手を手前(下)に引いて、手を2回打つ(二拍手)
3.胸前で両手を合わせ、お祈り
4.神様へお辞儀(一拝)

出典:www.travel.co.jp

大阪旅行の予定に組み込んで

?size=l

大阪に寄った際には『サムハラ神社』でパワーをもらってみてください。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ネイル+指輪のコンビネーション3選♡おしゃれな手元に憧れる女の子へ

ネイル+指輪のコンビネーション3選♡おしゃれな手元に憧れる女の子へ

  • shimaayu公式
  • 23275view
手元おしゃれ初心者にこそ推したい。【ネイル×指輪】の簡単かわいい組み合わせ♡

手元おしゃれ初心者にこそ推したい。【ネイル×指輪】の簡単かわいい組み合わせ♡

  • Marnie公式
  • 18844view
一度はめる、そして外すの繰り返し。オシャレに迷う、指輪の重ねづけHow To

一度はめる、そして外すの繰り返し。オシャレに迷う、指輪の重ねづけHow To

  • たの公式
  • 16547view
親指に込めるトキメキ、狙うはキミからのいいね。サムリングって知っている?

親指に込めるトキメキ、狙うはキミからのいいね。サムリングって知っている?

  • 寧々-nene公式
  • 24080view
むくむくした手は生まれつき?指輪が似合う指になりたい人がやるべき3つの努力

むくむくした手は生まれつき?指輪が似合う指になりたい人がやるべき3つの努力

  • erin@公式
  • 32629view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。