可愛いと綺麗の絶妙なバランス♡手持ちピンクコスメで大人っぽく見せるテクニック

手持ちのピンクコスメは、使い方次第で大人っぽい雰囲気のメイクに仕上げることができます。この記事では「可愛い」印象を失いたくないけど、「綺麗」にも見せたい方のために、絶妙なバランスのメイクテクニックをご紹介します。アイシャドウ、チーク、リップ、眉毛のメイク方法をご紹介していきます。

「可愛い」と「綺麗」

どっちか選ばなきゃだめですか?

どっちか選ばなきゃだめですか?

「可愛い」か「綺麗」か。
女の子の印象には大きく分けてこの二つがありますが、どちらか一つを選ばなければいけないんでしょうか。

少し大人っぽいメイクをしたいけど、可愛さも失いたくない…そう思っている女の子もいると思います。

手持ちピンクコスメで大人っぽく!

手持ちピンクコスメで大人っぽく!

出典: lipscosme.com

そんな方に向けて、この記事では手持ちのピンクコスメを使って大人っぽくメイクをするテクニックをご紹介します。
大人っぽく仕上げても、ピンクを使うことで可愛さを失わないはずです。

(♡)ブラウンシャドウと重ねる

ベースにピンクをのせる

ベースにピンクをのせる

出典: lipscosme.com

ピンクのアイシャドウは、ブラウンと合わせることで大人っぽい印象になりそうです。

まずは手持ちのピンクシャドウをベースにのせてみましょう。
明るめのピンクやラメシャドウは、特にベースに適していると思います。

ブラウンの上にピンクラメ

ブラウンの上にピンクラメ

ピンクラメのアイシャドウをお持ちの場合は、ブラウンシャドウの上に重ねてみましょう。
既にベースでピンクを仕込んでいるので、二重幅に重ねる程度が理想です。

落ち着いたブラウンカラーに、さりげなくピンクのラメが輝いてとても可愛く仕上がると思います。

スキニーリッチシャドウ SR03 ロイヤルブラウン

楽天市場

商品

スキニーリッチシャドウ SR03 ロイヤルブラウン

¥1,620

エクセル
一緒に使うブラウンシャドウは、基本はどんなブラウンでも合うと思います。
ただこちらのようにほんのりピンクみが入ったブラウンは、より統一感が出ると思います♡

(♡)目尻に締め色シャドウ

メリハリが大事なので

メリハリが大事なので

出典: lipscosme.com

もう一つおすすめしたいテクニックは、締め色シャドウを目尻に入れること。
全体的にピンクを中心にしたガーリーな目元に仕上げても、締め色を活用することでメリハリが生まれます。

出典: lipscosme.com

具体的なやり方はこちらを参考にしてみてください。
締め色を入れるポイントは、ひらがなの「く」を意識することだそうです!

(♡)チークの位置を変える

同じカラーでもこんなに変わる

同じカラーでもこんなに変わる

まずはこちらの画像をご覧ください。
同じ色のチークでも、入れる位置を変えるだけで印象が変わるんです。
手持ちピンクチークで大人っぽく仕上げる方法をご紹介します。

楕円形をイメージして入れる

楕円形をイメージして入れる

こちらの画像を参考に、自分に合った、大人っぽくチークを入れる位置をチェックしてみてください。
横長に、楕円形のようにイメージをして入れるとうまくいきそうです。

広島 熊野筆化粧ブラシ NO.14-1 チークブラシ

楽天市場

商品

広島 熊野筆化粧ブラシ NO.14-1 チークブラシ

¥3,240

チークブラシも、このような楕円形のものを選ぶと良さそう。
簡単に横長のチークが入れられそうです。

(♡)リップで「可愛い」の本領発揮

ここは気にせず、うるうるに

ここは気にせず、うるうるに

次はリップメイクです。
リップは大人っぽさを気にせず、ピンクの可愛さを存分に発揮させましょう。
その分眉毛で調整するので大丈夫です♡

うるうるリップメイクの方法

うるうるリップメイクの方法

出典: lipscosme.com

手持ちのピンクリップをよりうるうるに見せる方法をご紹介します。
こちらの画像のように、唇の中心に口紅を塗って、グロスを全体にのせてみましょう。
そうすることで、よりぷっくり感のあるリップに仕上がります。

(♡)眉毛で「綺麗」な印象に

眉毛でちゃんと引き締める

眉毛でちゃんと引き締める

出典: latte.la

最後に、眉毛は綺麗めに描くことを意識しましょう。
顔の印象はアイブロウメイクで大きく変わるので、大人っぽく描くと引き締めることができます。

黄金比率を意識

黄金比率を意識

綺麗めな眉毛に仕上げるためには、黄金比率に沿ったアイブロウメイクをすることが大事。
こちらの画像を参考に、あなたの黄金比率をチェックしてみてください。
スワイプすると具体的な眉毛の描き方が紹介されているので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

大人っぽいけど、可愛さも失わない

大人っぽいけど、可愛さも失わない

同じピンクコスメでも、メイクの仕方を変えるだけで大人っぽい印象に仕上げることができます。
ピンクが「可愛い」けど、テクニックで「綺麗」な印象に見える、絶妙なバランスのメイク。
ぜひ試してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。