クローゼットは、茶系ばかり。普段使わない色は、カラーニットで挑戦すべし!

お洋服選びの際に、茶色や黒系、白系など好みの色ばかりを選んでしまうという人も多いかも。トレンドもシンプルな着こなしが特徴的ですが、たまには普段使わない色をコーディネートに取り入れたいと思うときありますよね。系統に合うカラーでよりお洒落を楽しむスタイルを提案します。

目を引く素敵スタイルは、色使いにあり

目を引く素敵スタイルは、色使いにあり

出典: unsplash.com

街を歩いているとたまに、すご〜くお洒落な人を見かける。思わず「あ…♡」と思ってしまう素敵なスタイルをしている人って、今の私にはない色使いが上手な人なんだろうと思うんです。

カラーを取り入れたくなる、ファッション講座

カラーを取り入れたくなる、ファッション講座

出典: unsplash.com

最近の私はというと、ベーシックに目がなくて。
ブラウンやベージュ、ホワイトだったり、ブラックなど落ち着いたカラーを取り入れてしまいがちで。
気づいたらクローゼットが同じようなカラーばっかりだっったのです。

だから、街で圧倒された人のように、普段着ないカラーを取り入れて、ちょっとファッションを楽しみたいの。

クローゼットは茶系が多いナチュラルさん

クローゼットは茶系が多いナチュラルさん

ブラウン系やベージュなどどちらかというと、ナチュラルなカラーが好きな私。
普段使わないカラーだからこそ、今ある服と合うカラーを取り入れたいところですよね。

⇒ “ブルー”を取り入れて

優しげなブラウンとブルーのカラーはナチュラル感のコーデを華やかな印象にしてくれるんです。
ぱきっとしたブルーをワンポイント取り入れて冬らしさを演出してみるのもいいかも。

カラーローゲージプルオーバー

ZOZOTOWN

商品

カラーローゲージプルオーバー

¥18,360

Abahouse Devinette
鮮やかなカラーニットは、ゆるっとしたシルエットが上品。大人っぽい雰囲気のある一枚は、オフィスでも着たい1着。

クローゼットは黒系が多いモードさん

クローゼットは黒系が多いモードさん

出典: unsplash.com

黒系のモードな印象のお洋服が多い人は、普段合わせるとしてもダークなカラーが多いのでしょうか。それとも、ホワイトなど真逆のカラーを取り入れることが多いかも。
ただ、そんなモードさんにこそ取り入れて欲しいカラーがあるのです。

⇒ “グリーン”を取り入れて

グリーンならブラックとの相性もバツグン。
大人っぽい雰囲気にしてくれるグリーンカラーは、ハイセンスな印象にしてくれそう。
クール感も残しながら、いつもとは違う雰囲気を楽しんでみて。

TELA タートルネックニット

ZOZOTOWN

商品

TELA タートルネックニット

¥34,560

IENA
ぱきっとしたグリーンのニット。ボリューミーなタートルと、袖のゆるっとしたシルエットが女の子らしい。

ボトムスもトップスも白に目がなくて

ボトムスもトップスも白に目がなくて

出典: unsplash.com

ボトムスに白を取り入れることで、トレンドライクな着こなしになりますよね。ただ、白って案外合わせ方が難しいものの一つ。そんな時はちょっぴり大胆に、鮮やかなカラーと合わせてみて。

⇒ “オレンジ”を取り入れて

こちらは、ぱきっとしたオレンジを取り入れたコーデ。
白というとべージュなどをあわせがちですが、あえて鮮やかなカラーをチョイスすることでハイセンスな印象を作っています。

モヘヤローゲージハンドニット

商品

モヘヤローゲージハンドニット

¥14,580

SNIDEL
優しげなふんわりとしたオレンジカラーは、取り入れたいカラーの一つ。ビッグサイズのニットは、細めベルトでアクセントをつくっても◎

他にも気になるカラーニット

ダブルカフス畦ニット

商品

ダブルカフス畦ニット

¥8,424

Mila Owen
他にも、イエローのニットも注目しておきたい。華やかなビタミンカラーは、カジュアルな着こなしを目の引くスタイルに。

インスピレーションはどこから得る?

::例えば、1本の映画から

アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー [DVD]

商品

アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー [DVD]

¥4,568

94歳のニューヨーカーのファッションに大注目。色使いや柄の合わせ方などアート感のつまったファッションを見ていると、自分のファッションも楽しみたいって思うはず。

::例えば、1冊の本から

好きな服を自由に着る

商品

好きな服を自由に着る

¥1,620

岡本敬子 光文社
好きな服を自由に着るってすごく重要なことですよね。そんな大切なことを教えてくれる一冊です。

いつものファッションに、ワンカラーplus

いつものファッションに、ワンカラーplus

出典: unsplash.com

普段は使わない色ってコーディネートに取り入れるのは、少し抵抗感がありますよね。でも、自分のファッションカラーに合う色を選ぶことで、普段のファッションを引き立てることに。

トレンドライクもいいけれど、たまには大胆な色使いも良いかもって思えそうっ♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。