辛くても前へ進むことが正解なの?帰省したら一度立ち止まってみて、3つの靴物語

あなたが辛くて辛くて仕方ない時、「前だけを向いて進め」なんて言わないから。年末年始は、雑踏の中で頑張る毎日から抜け出して一度立ち止まってみようよ。この記事では、立ち止まってちょっと考えてみたくなる靴(ローファー、スニーカー、パンプス)にまつわる物語を紹介しています。

地元に帰ってきた、年始

パンパンになったキャリーケースを引きずって、ちょっと懐かしい道を歩く。
駅から実家に帰るまでの道が、果てしなく遠く感じて仕方ないのは何故だろうか。

あれ、こんなところに家建ってたっけ。あ、新しくコンビニができてる!
この前帰ってきたのは夏なのに、短い時間で景色が変わってしまった。

時間と共に、見える景色が変わってゆく。
私は何も変わることができていないのに。
それでも、社会の変化を受け入れて、私たちはひたすら前へ歩かなきゃならないのだろうか。

この記事では、年末年始にちょっと立ち止まってみたくなる、〈靴〉にまつわる物語を紹介します。

:夢を思い出す、懐かしのローファー

大学生になって初めての正月

「1人で頑張れると言ったのは嘘だったのか!」

新年早々、ドカーンと響いた、お父さんの怒声。
「成績を見せろ」と言うから素直に見せたら、この怒りっぷりだ。
お父さんに全てを否定された気がして、私は家を飛び出した。
逃げるようにして走って、辿り着いたのは通っていた高校の前。
もちろん、誰一人いなくて静かな校舎は寂しさを感じさせる。

私は、ここで頑張った。夢を見た。
ここで過ごした時間の全てが、青春だった。
憧れるものがあって、期待して、「頑張ろう」と決めたあの日。
上手くいくって思って、東京に行ったのに。

自然と涙がこぼれて、俯いた。
ボタボタと大粒の雫が地面に落ちて、コンクリートが少し濃い色になる。

俯いた先に見えたのは、高校時代に履いていたローファー。
何も考えずに飛び出したから、急いで履いてきてしまったんだろうか。

「帰るぞ」
優しい声がして振り向くと、お父さんがいた。
走ってきてくれたのか、少し息が上がっている。
「頑張っているのはわかっているのに…、ごめんな」

―――わかってくれてるだけで有り難いんだ

リボンローファー

ZOZOTOWN

商品

リボンローファー

¥6,264

あの頃、ボロボロになるまで履いたローファー。大人になった今、少しグレードアップさせてみませんか?こちらは、リボンがアクセントになったアイテム。甘すぎないデザインが大人な女性にピッタリ♡

:覚悟を決める、履きなれたスニーカー

寂しさを感じる、大学4年の正月

ゆっくり寝ていたいのに、姪っ子に無理やり起こされてしまった。
お年玉をせがまれ、お兄ちゃんをジッと睨む。
正月だっていうのに、財布が寂しいと嘆いている。

賑やかな正月を過ごすのも今年で最後だろうか。
ちょっとだけセンチメンタルになって、「散歩してくる」と家を出た。

目指したのは、小さい時からお気に入りだった公園。
すべり台の上に立って、景色を眺める。

私は追いかけてた夢を諦めて、東京で就職することになった。
そしたら今よりもっと地元に帰ってくることは少なくなって、いつの間にか、夢を見て過ごしたこの場所を忘れてしまうんだろうか?
空気をいっぱい吸い込んで、『私のバカヤロー!!!!!』と叫んだ。

すると背後から笑い声が聞こえた。
大きく笑うその人は、小・中学校の時の幼馴染み。
高校が別々だったから、会うのは中学の卒業式ぶり。

「よー、東京人、元気にしてるか?」
昔と変わらない笑顔に安心して、私は思わず顔が綻ぶ。
今までの会わなかった時間を埋めるように、私たちは言葉を交わした。
「お前は今を頑張ってるんだ、充分カッコイイじゃん」

―――背中を押してくれる、誰かがいる

WL315CS(D) LIGHT PINK(CS)

ZOZOTOWN

商品

WL315CS(D) LIGHT PINK(CS)

¥7,992

女性らしいピンクが優しい印象を作り出すスニーカー。前に進むことが苦しくなったら、一度しゃがんで靴紐をギュッと結んでみて。そして、応援してくれる存在を思い出そう。

:あの日憧れた、大人なパンプス

社会人3年目、ドキドキしちゃう同窓会

新年を迎え5日が経ち、今日は中学校の仲間で同窓会。
社会人3年目になった今、東京で過ごす私は久しぶりの帰省だ。
この日のために買ったパンプスをコツコツ鳴らしながら、皆が集まる場所に急ぐ。

何年ぶりかの再会なのに、昨日会ったみたいなテンション。
皆の笑い方や仕草は変わっていなくて、ホッとする。
「あ、やっと来た~~~」

そうやって誰かの声がした後すぐに、会場の端の方で大きな輪ができる。
その中心にいる人は、あの時と変わらない笑顔で周りを明るくする。

しばらくして、彼がこちらに向かって歩いてきた。
「よう、東京人、元気か?」
懐かしい挨拶に思わず笑ってしまう。

『おかげさまで頑張ってるよ』
「…こっち戻ってくる予定はないん?」
急に寂しそうに、そして真剣に私を見つめる瞳にドキッとする。

「今から、2人でどっか行こう」
と強引に手を引っ張って走り出す彼と後ろから聞こえる、周りのひやかしの声。
そして、彼はいきなりピタッと止まって、「その靴じゃ走れんもんな…」と私を抱きかかえた。

―――私をシンデレラにしてくれますか?

フラワーエンブロイダリーパンプス

ZOZOTOWN

商品

フラワーエンブロイダリーパンプス

¥4,990

花が施されたデザインのパンプス。光沢感のあるシルバーの豪華な雰囲気を纏って、特別な日の演出を。ヒールの高さは6.5㎝です。

時には足元を見て

「これは…お守り」と照れくさそうにお父さんから差し出された靴を履いて、役所までの長い道のりを彼と二人並んで歩いた。
その時、ビューッと強い風が吹いて、二人同時に足元を見る。

「『あ、』」
覗き込んだ水たまりには、小さな虹。

前だけを見る必要はない。時には立ち止まって、足元を見る。
そこにはきっと、今までのいろんなことを乗り越えられた証があるから。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

【保存版】正しいやり方知ってる?お気に入りの靴を長持ちさせるお手入れHOW TO

【保存版】正しいやり方知ってる?お気に入りの靴を長持ちさせるお手入れHOW TO

  • ねこ太郎公式
  • 1719view
お気に入りのシューズは長ーく愛しましょう♡すり減った靴底の復活大作戦

お気に入りのシューズは長ーく愛しましょう♡すり減った靴底の復活大作戦

  • kuu公式
  • 19129view
可愛い靴しか履きたくない!Jeffrey Campbellの靴で誰とも被らない足元に♡

可愛い靴しか履きたくない!Jeffrey Campbellの靴で誰とも被らない足元に♡

  • meerkatshiori公式
  • 8466view
都会に染まったなんて言わせない。帰省したら「かわいいね」って褒められる方法

都会に染まったなんて言わせない。帰省したら「かわいいね」って褒められる方法

  • ヒラキチ公式
  • 22808view
お洒落は足元からっていうでしょう?人と被りたくないあなたに特別な靴を

お洒落は足元からっていうでしょう?人と被りたくないあなたに特別な靴を

  • Mmm公式
  • 2450view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

せんちゃん公式

あなたに“ぱるぴてーしょん”を届けよう。

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。