体重<見た目、代謝アップには太もも?始める前に知っておきたい#DIET基礎知識

ダイエットを今から始めようと思っている人へ。ダイエットを始める前にぜひ知っておきたい基礎知識があります。何も知らずにダイエットをするとかえって逆効果かも?正しくダイエットすることで、健康的に、そして効率よく痩せることができます。今回は、そんなダイエットに関する知識アレコレをこの記事でお教えしたいと思います。

ダイエットを始めるの?ちょっと待ってっ!

ダイエットを始めるの?ちょっと待ってっ!

出典: www.17kg.shop

これからダイエットをしようとしている人へ。
しっかりダイエットの基礎的な知識を知ってから始めようと思っていますか?

ダイエットに必要な情報を得ることは健康的に痩せるためにはとっても大切。今回は、そんなダイエットの基礎知識についてお教えします。

①:痩せたいなら筋肉を作ろう!

筋肉がないとリバウンドをしやすい身体に…

筋肉がないとリバウンドをしやすい身体に…

出典: www.17kg.shop

ダイエットというとどうしても「脂肪」を気にしがち。
そんな脂肪を効果的に落とすためには「筋肉」が大切だったんです。

筋肉量を増やすことで、エネルギー消費量がアップ。同じ運動をしていても、消費量が変わってきます。

逆に言えば、間違ったダイエットなどで筋肉を減らしてしまうとエネルギー消費量が減って、リバウンドしやすい身体になってしまうことも…。

体重よりも脂肪を減少させた方が健康診断の数値の改善度が高いことがわかっていますし、筋肉を減らして痩せてしまうとエネルギー消費量が落ちてリバウンドしやすくなり、どんどん太りやすい体・エネルギー循環の悪い体質になってしまう(【図1】)と言われています。

出典:www.karadakarute.jp

②:脂肪≪筋肉のほうが重い!

体重が重くても、あまり気にしないで…!

体重が重くても、あまり気にしないで…!

出典: shutterstock

「体重」を気にする人も多いと思いますが、体重よりも「見た目」を気にするようにしましょう!

なぜなら筋肉は、脂肪よりも重いから。筋肉があれば、引き締まったスリムな身体を得ることができます。だから脂肪を落とすよりも筋肉を鍛える方がダイエットにはいいんですよ◎。

「筋肉は重く脂肪は軽い」ことを知っていますか?      
これは筋肉より脂肪の方が密度が低いということを示していますが、この違いを「同じ重さ」で比べたらどうなるでしょう?同じ重さで換算すると・・・「脂肪組織」は、「筋肉や骨」等の組織に対して「1.25倍」、なんと25%も大きく広がってしまうのです。

出典:www.karadakarute.jp

おすすめアイテム

プッシュアップバー 腹筋ローラー

楽天市場

商品

プッシュアップバー 腹筋ローラー

¥2,080

おうちで簡単に筋トレをすることができるプッシュアップバー&腹筋ローラーのセット。普通に筋トレをするよりも鍛えられている感じを実感できるかも。

③:生理後がダイエットのチャンス!

ホルモンの関係で、代謝がアップします

ホルモンの関係で、代謝がアップします

出典: shutterstock

「生理後は痩せやすくなる」なんて言葉を聞いたことがありませんか?

それは「ホルモン」が関係しているから。このホルモンがたくさん分泌されることで、代謝が活発になるんだそう。

なので、ダイエットに向いている生理後に食事管理や運動を徹底するといつもよりも痩せやすくなるかもしれません。

女性の月経周期から見てダイエットに向いているのは、エストロゲンが多く分泌される卵胞期(月経終了~排卵まで)です。この時期には代謝が活発になり、多少の無理もきくのでダイエット効果が出やすくなります。

出典:www.healthcare.omron.co.jp

おすすめアイテム

優月美人 よもぎ温座パット

楽天市場

商品

優月美人 よもぎ温座パット

¥4,332

生理中は、身体を温めることが大切、よもぎの入ったパッドをつけておくと身体がじんわりと温まりますよ。身体の冷えは、ダイエットにも影響します。だから身体をたくさん温めて。

④:体重は、1ヶ月2〜3kgペースで減らして

1日の摂取カロリーは、1200kcal以下にならないように!

1日の摂取カロリーは、1200kcal以下にならないように!

出典: shutterstock

「食事管理」もダイエットにはとっても大切なことですよね。

ついついカロリーを気にして、食事をとらないなんて極端なダイエットをしてしまう人もいます。しかし1日1200kcalは絶対にとってください!そうしないと身体に不調が出てきてしまいます…。

急激なダイエットをして痩せるよりも1ヶ月で2〜3kg減らす方が、健康的に痩せられます。

まず、美しさを保ちながらダイエットをするためには、体重は1ヶ月マイナス2~3kgくらいを目標としましょう。一日の摂取カロリーの目安としては目標体重×25~30kcalで計算しても良いですが、1200kcalを下回ると

● 体が飢餓状態と判断して蓄積しやすくなる
● 主食など炭水化物不足で活動的な生活が困難。
●たんぱく質不足で筋肉量が落ちて基礎代謝が下がり、リバウンドしやすい体になる
●ビタミン不足で体調不良になる

などの弊害が起こってきますので、無理の無いカロリーコントロールと、バランスの良い食事を心がけましょう。

出典:club.panasonic.jp

⑤:重要なのは、摂取カロリー&消費カロリーのバランス

食事の減らしすぎ、運動のしすぎは健康的ではありません

食事の減らしすぎ、運動のしすぎは健康的ではありません

出典: shutterstock

ダイエットで重要なのが「摂取カロリー」と「消費カロリー」。これのバランスが崩れると健康にも支障をきたす場合があります。

「しっかり食べて、しっかり運動する」。当たり前のことではありますが、これがとっても健康のためにも大切だっったんです。

何でも「やりすぎ、無理のしすぎ」は禁物!

ダイエットと一言で言ってもその種類は様々。大きく分類すると以下の3つになります。

1) 食べる量を抑える摂取カロリー抑制型。
2) 運動によって脂肪を燃焼させたり、エネルギー代謝を促進する消費カロリー促進型。
3) 1と2を両方併せた併用型です。

ダイエットで重要なのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

出典:www.womenjapan.com

⑥:BMIは「22」が理想

美容目的なら「20」が理想です

美容目的なら「20」が理想です

出典: shutterstock

ダイエットで気になるのが「BMI」。
BMIは、自分で計算することができるので、ぜひ自分のBIMが今どのくらいなのか計算してみましょう。

健康的な身体を目指すならBMIは「22」、美容(ダイエット)目的の場合は「20」を基準に。これ以上減ると痩せすぎになってしまうので、注意です!

逆算すると下記の計算式であなたの標準体重がわかります。
 標準体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 22(BMI)
標準体重とは、病気になる確率が最も低い、健康を重視した体重としてBMI【22】が最も健康的といわれています。

しかし、標準体重では少しぽっちゃりした体型となり、女性の理想とする体型にはなりません。そのため、計算式のBMI値を「20」や「19」に下げて理想の体重を計算するのです。
 美容体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 20(BMI)

出典:www.womenjapan.com

⑦:姿勢をよくすると代謝が上がる

悪い姿勢の時よりもエネルギー消費がアップ!

悪い姿勢の時よりもエネルギー消費がアップ!

出典: www.17kg.shop

ダイエットには「姿勢」も関係していたんです。

猫背は、デメリットばかり。
姿勢をよくするだけで、血流がよくなり、代謝が活発になり、エネルギーを消費してくれます。

これなら実践する時に必要なものもないし、時間なども気にせず試すことができますね。

正しい姿勢をとろうとすると、お腹や背中の筋肉を使っている感覚がありませんか? 常に正しい姿勢を意識していれば、「姿勢筋」が鍛えられ、安静時代謝(座って安静にしている状態で消費される エネルギー量)が上がっていきます。特別な運動などをしていなくても、姿勢を正すだけで、悪い姿勢のときよりも、エネルギー消費が増えるというわけです。

出典:www.healthcare.omron.co.jp

おすすめアイテム

ドクター背筋矯正サポーター

楽天市場

商品

ドクター背筋矯正サポーター

¥1,980

無意識のうちに猫背になっていたり、姿勢をよくしようとするけど、いつの間にか姿勢が悪くなっている…なんてことがありませんか?そんな時は、矯正サポーターを使うのも良いかもしれません。

⑧:「むくみ」はダイエットの敵

「冷え」でむくみができてしまうんだとか…

「冷え」でむくみができてしまうんだとか…

出典: www.17kg.shop

「むくみ」は、ダイエットの敵!
水や老廃物がたまることで、脚が太くなったり、顔が大きく見えてしまいます。

むくみは、そのまま放置すると病気の原因になったり、セルライトとして溜まって、さらに太くなってしまいます。

毎日お風呂上がりにリンパマッサージをしてむくみを解消しましょう◎。

むくみの解消には、冷え改善のライフスタイルが有効です。心臓から離れた下半身は、冷えやむくみが出やすい部分。ふくらはぎのストレッチやリンパマッサージなどを取り入れると、むくみも冷えも楽になります。それでも治らないときは、病気が隠れていることも考えられます。長引くむくみは、女性外来や漢方外来で相談してみるのも良いでしょう。

出典:www.healthcare.omron.co.jp

おすすめアイテム

寝ながらメディキュット

楽天市場

商品

寝ながらメディキュット

¥3,021

骨盤までしっかりサポートしてくれるタイプのメディキュット。脚の太さは、むくみが関係していることがほとんど。寝ている間にシェイプアップを狙っていきましょう◎。

⑨:鍛えるなら「太もも」「ふくらはぎ」

消費エネルギーが高いのが「太もも」と「ふくらはぎ」!

消費エネルギーが高いのが「太もも」と「ふくらはぎ」!

出典: www.17kg.shop

消費エネルギーが高いと言われているのが「太もも」と「ふくらはぎ」。

日本の女性は、特に太ももとふくらはぎが細い人が多いですが、一番エネルギーを消費してくれるパーツが細いのはもったいない…!

ダイエットで効率よく痩せたいなら、太ももやふくらはぎの筋肉をある程度鍛えるといいかも。

それじゃあなんで数ある筋肉の中で太ももの筋肉を鍛えるのか?

それは太ももの筋肉がからだの中で一番でかい筋肉だからです。

基礎代謝を上げるためには筋肉をでかくして筋肉量をアップさせないといけないのに、指の筋肉鍛えてる場合じゃないでしょ。もともとでかい筋肉を更にでかくする方が効率がいいに決まってます。

だからからだの中で一番でかい太ももの筋肉を鍛えるんです。

出典:rism-acu.com

効率よく、効果的にダイエットをするために

効率よく、効果的にダイエットをするために

出典: www.17kg.shop

今回は、ダイエットに関する基礎知識9つをご紹介しました。

この知識を知っていれば、きっと普通にダイエットをするよりも効率的に、そして効果的にすることができると思います♡

これからダイエットを始めようとしている人や健康的にダイエットをしたい人は、参考にしてみてくださいね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

基礎代謝?トランス脂肪酸?痩せたいgirls達のためのダイエット知識word辞典

基礎代謝?トランス脂肪酸?痩せたいgirls達のためのダイエット知識word辞典

  • かなへ公式
  • 40609view
かわいく痩せるなら知っておきたい。過激にやってはいけない「過激にやると危険ダイエット」

かわいく痩せるなら知っておきたい。過激にやってはいけない「過激にやると危険ダイエット」

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 26438view
ダイエットって言葉に拒否反応。スマートな彼女の、頑張らずに痩せルーティーン

ダイエットって言葉に拒否反応。スマートな彼女の、頑張らずに痩せルーティーン

  • erin@公式
  • 29803view
普段の生活に+1加えるだけでいいんです。手軽に取り入れられる5つのダイエット習慣

普段の生活に+1加えるだけでいいんです。手軽に取り入れられる5つのダイエット習慣

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 26474view
Noimage.8b768f2a

賢いダイエットは“基礎体温”を測ることから。役立つ豆知識と気になる温活の方法

  • sayamaru公式
  • 7668view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

こだまい(ˇωˇ)公式

끝을 받아들이기가 어려워.

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。