今からここを“集中治療室”にします。正月三が日を家で引きこもる、肌荒れケア方法

肌荒れを少し気にしながら迎えた年越し。正月三が日を家でゆっくり引きこもって過ごす派という人は、その三日間を肌荒れを治すためのケア期間にしてみませんか。肌にいいと言われている黒豆や甘酒、みかんなどを食べるチャンスです。また睡眠時間をきちんと確保したり、部屋の湿度を保つことで健やかな肌に近づけるかも。

お正月は家でまったり派

お正月は家でまったり派

せわしない師走とは対照的に、睦月はゆっくりまったり家の中で過ごすのが好き。
特に正月三が日は家に引きこもって過ごすのだ。

「やっぱり冬は、こたつでぬくぬくしながらみかんを食べるのが最高の過ごし方だね~」なんて、ニキビがあるおでこをボリボリ掻きながら言う。

出典: latte.la

なんだか、今年の三が日の“引きこもり期間”を普通にダラダラ過ごすのは少しもったいないかも。

引きこもっている間に、集中して肌をケアしてみない?肌に優しい生活を送ることで、自分の生活習慣を見直すきっかけになるかも。

“引きこもりケア”のメリット

化粧をしなくてもよい

化粧をしなくてもよい

家の中に引きこもることで、肌にどんないいことがあるのでしょうか?

外出をしないため「メイクをしなくてもよい」というメリットがあります。
完全なすっぴんで外出をするのはちょっぴり抵抗がある人は多いかもしれませんね。

毎日化粧をするとどうしても肌に負担がかかります。家の中ではすっぴんで過ごすことで肌に休息期間を与えてあげましょう。

ストレスから逃れられる

ストレスから逃れられる

ストレスは肌荒れを起こす要因の一つです。

一定期間ストレスを断ち切り、家に引きこもってゆっくり過ごすことでストレスフリーな生活を送ることができそうです。

仕事や勉強、通学や通勤の際の満員電車、日々の人間関係など意識している以上に私たちは毎日ストレスを感じているのかもしれません。

1月1日「あけましておめでとう!」

おせちの具材で肌にいいものが

おせちの具材で肌にいいものが

元旦に口にするのは「おせち」ではないでしょうか。
実は、おせちには肌にいい食べ物があるのです。

例えば、甘くて美味しい“黒豆”は大豆イソフラボン効果でホルモンバランスを整える効果を期待できたり、小魚である“田作り”には良質なたんぱく質が含まれています。

食べ物をバランス良く食べることで、健やかな肌に近づけるかもしれません。

部屋の湿度をチェック

部屋の湿度をチェック

出典: unsplash.com

一日中、室内にいる時には部屋の湿度を気にするようにしましょう。特に暖房を入れると湿度がグングンと下がっていきます。

「乾燥」は肌の大敵です。
そのまま肌の乾燥を放置してしまうと、肌が敏感になり、化粧水などをつけただけでヒリヒリ痛くなってしまう可能性もあるのです。

▽ 加湿器を使うと◎

超音波式アロマ加湿器

商品

超音波式アロマ加湿器

¥3,200

部屋の湿度を一定に保つためのマストアイテムといえば加湿器。アロマトレイ付きで、同時にお気に入りの香りを楽しむことも◎。キュートなしずく型で、インテリアとして部屋に置いても可愛いですよね。

たくさんぐっすり寝る

たくさんぐっすり寝る

出典: latte.la

「充分な睡眠」は肌荒れを改善するのに大切。

せっかくの引きこもり期間。
遅くに帰る予定も早く出かける予定もないので、何も気にせずぐっすり寝ることができるかも。

充分な睡眠時間の確保は大事です。

1月2日「どんな初夢見た?」

起床時間を揃えて

起床時間を揃えて

だからといって、いつまでもゴロゴロと寝ていると生活リズムが崩れてしまいます。リズムの崩れは、ホルモンバランスの崩れも招いてしまう危険性が。

「〇時には起きよう」など起床時間を揃え、体内の生活リズムを整えることで肌荒れも少しずつ治まっていくかもしれません。

あったかい甘酒で体もポカポカ

あったかい甘酒で体もポカポカ

正月に飲む人も多い、甘酒。
甘酒は、ビタミンB群や葉酸など肌にいい栄養素が豊富に含まれていることで有名ですよね。

あったかい甘酒を飲むことで、体の中からポカポカあたためる効果も。体調管理をする上で、“冷え”から体を守ることも大事です。

髪はアップにするのが◎

髪はアップにするのが◎

出典: latte.la

おでこを見せるのが恥ずかしかったり、顔を小さく見せたかったりするあまり、毎日髪をおろしているという方もいるのでは。

家族にしか会わない引きこもり期間は、髪をアップにしてみませんか?

髪がチクチク肌に触れることで肌に刺激を与えてしまうのを避けるのです。また、肌荒れを治すためには顔回りを清潔に保つことが重要ですが、一日中髪の毛と触れた肌は清潔とは言えないかも。

1月3日「良いお正月だったなあ」

ビタミンがたくさんなみかん

ビタミンがたくさんなみかん

冬になるとよく見かけるようになる、みかん。

みかんにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには健やかな肌を保つために重要なコラーゲンの生成を助けたり、シミやそばかすを防ぐ役割があるのです。

一日の必要な量以上は排出されてしまうので、一度に摂取するのではなく、毎日コンスタントに適量を摂取する方が◎。

ゆっくりお風呂に入る

ゆっくりお風呂に入る

出典: unsplash.com

時間に余裕があるので、シャワーだけで済ませることはせずにゆっくり浴槽に浸かってみるのはいかがでしょうか。

体がポカポカとあたたまります。
そしてなにより、お湯に浸かって汗を流すことが代謝を促し、肌に良い影響を与えるのだとか。

丁寧なスキンケアを

丁寧なスキンケアを

出典: latte.la

「普段はパシャパシャ化粧水をつけて、適当に乳液を塗っているだけ…」という方は、いつもよりもゆっくり時間をかけてスキンケアをしてみませんか。

保湿を丁寧にすることで健やかな肌に近づくかも。

化粧水や美容液、乳液などを数分おきながら丁寧に肌を浸透させましょう。グングンと肌が水分を取り入れているようなイメージをしながら。

▽ 導入化粧水を取り入れてみる?

導入化粧液

商品

導入化粧液

¥1,680

「化粧水が以前よりも浸透するようになった!」とSNSでも話題になった無印良品の導入化粧水。化粧水を使う前に使用します。化粧水を肌に浸透させやすくする効果があるとか。乾燥が気になるシーズンにぜひ手に入れたいアイテムです。

新年の私の肌はつるつる

新年の私の肌はつるつる

出典: latte.la

三日間の引きこもり生活。

肌の調子を良くする第一歩は踏めた気がする。
この引きこもり期間があったとないとじゃ、随分と変わっていたかもしれない。

引きこもって肌のケア、良いかもしれない。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

今日は、至近距離NGなんです。肌荒れした時でも全力で楽しめるお出かけスポット

今日は、至近距離NGなんです。肌荒れした時でも全力で楽しめるお出かけスポット

  • moto公式
  • 23131view
お肌の調子って大きく波打つよね。「肌荒れ期」に役立つやさしいメイク方法

お肌の調子って大きく波打つよね。「肌荒れ期」に役立つやさしいメイク方法

  • sasamichan公式
  • 27558view
寝正月を「美容正月」に変えていこう。肌荒れしがちな年末年始の楽チン美容プラン

寝正月を「美容正月」に変えていこう。肌荒れしがちな年末年始の楽チン美容プラン

  • ことり公式
  • 6003view
Noimage.8b768f2a

春の肌荒れ、もしかしたら「花粉症皮膚炎」かも。花粉症による乾燥&肌荒れ対策って?

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 10767view
肌荒れは化粧水でケアの道へ。素のわたしを‘イイナ’って思うためのスキンケアitem

肌荒れは化粧水でケアの道へ。素のわたしを‘イイナ’って思うためのスキンケアitem

  • 実芭蕉公式
  • 13717view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

miera公式

お風呂は左腕から洗うタイプ

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。