可愛くなるのに多少のサギは必要です。気になるパーツを思い通りに操るメイクテク6つ

元々可愛いわけじゃないからナチュラルメイクじゃ可愛くなれない…そんな風に思ったことはありませんか?今回はナチュラルではないけど、確実に可愛くなれるコンプレックス解消メイクをパーツごとにご紹介します。目が小さい、小顔じゃない、唇の大きさが気になる、という悩みを取り上げました。

そのメイク、可愛くなれてる?

出典: unsplash.com

なんとなく雑誌のメイクを真似してみるけど、
コンプレックスは解消されてない気がします…。
元々可愛いモデルさんがしているナチュラルメイクじゃ私たちの可愛くなりたい欲は満たされないのかも。

今回は、各パーツのコンプレックス解消メイクをご紹介します。
必要なメイクテクをマスターして、無敵フェイスになっちゃいましょう♡

|eye make

出典: latte.la

目が小さいのがコンプレックスな女のコって結構多いと思います。
モデルさんや女優さん、インスタグラマーさんたちは
系統問わず目が大きい人が多いので、憧れも強いはず。

縦幅と横幅、それぞれを広げるテクニックを3つご紹介します。
併用もできるので、自分の顔の雰囲気に合わせて選んで使うのがオススメです。

?size=l

1つ目は縦幅を広げるメイクテク。
縦幅は涙袋でナチュラルに拡大しちゃいます。

ただ下まぶたにラメシャドウを塗るだけじゃ強調が足りないかも。
しっかり専用のライナーなどを使用して影を描くのがポイントです。

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー01

商品

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー01

¥1,296

私も実際に愛用しているアイテムです。
涙袋メイク専用のパウダー付きチップの反対側には影が描けるライナー付きなので一本で涙袋メイクが簡単に完成します。
ポーチの中でもかさばらないので出先でもメイク直しができるところも嬉しいポイント。

?size=l

2つ目のメイクテクは縦幅を広げる「二重幅拡大」です。
一重の方はアイプチを日常的に使用している方も多いかもしれませんが、
二重や奥二重の方も幅を広げるとより目の縦幅をナチュラルに強調することができるんです。

使うアイテムは「ファイバー」がオススメです。
液体タイプやシールタイプよりもバレにくいのにしっかりサギれちゃいます。

BN マイクロファイバー ヌーディー MCF-2

商品

BN マイクロファイバー ヌーディー MCF-2

¥6,475

高校生時代から愛用していましたが、一重の私でも慣れればしっかり食い込んでくれる優秀アイテムです。
目頭と目尻につけまノリを塗っておくと、崩れにくい仕上がりになりますよ♡

?size=l

最後は横幅を広げてくれる「目頭切開ライン」をご紹介。
目頭ににチョン、と足すだけなのに、デカ目効果をしっかり発揮してくれます。

すっぴんに近いメイクだと浮いてしまうこともあるので、そんな時はブラウンライナーを使うのもオススメです。
デカ目効果があるだけでなく、目と目の距離を近づけてくれるので、離れ目が気になるという方は是非取り入れてみてください。

ハイパーシャープ ライナー R BK-1 漆黒ブラック

商品

ハイパーシャープ ライナー R BK-1 漆黒ブラック

¥1,134

細めのライナーなので目頭切開ラインなどの細かいラインも描きやすいんです。
目頭を失敗すると部分的に化粧を落としてやり直すのは難しいと思うので、スムーズに描けるタイプがオススメです。

|base make

出典: shutterstock

綺麗と可愛い、どちらの系統でも「小顔」って結構重要な要素だと思うんです。
骨格のタイプもあるのでもちろん限度はありますが、諦めるのはやってみてからでも遅くないはず。

小顔にしてくれるアイテムは「シェーディングパウダー」。
ナチュラルに仕込むための3つのポイントをチェックしていきましょう!

?size=l

1つ目のポイントはメイク道具にあります。
シェーディングパウダーを買うと付属のブラシが付いたものもありますが、ナチュラルに仕上げるならブラシは単独で用意するのがオススメです。

ポイントは粉が広がりにくい硬めの毛質を選ぶこと。
粉が広がりやすいので太めなブラシも避けましょう。

2つ目のポイントは「3の字塗り」です。
顔を正面で半分に分け、数字の「3」を描くように筆を動かします。

この方法なら自然に影をつくることができ、塗っている感が出ないんです。
塗り方は上の動画を参考にしてみてください。

?size=l

3つ目のポイントは塗る部分で濃さを変えることです。
フェイスラインを削るイメージで、あごの下部分やかき上げ前髪などで隠れる面積には少し濃いめに塗りましょう。

髪の毛で隠れるところからパウダーによる影がちら見えすることで自然に陰影を強調できるんです。

|lip make

出典: shutterstock

リップのコンプレックスといえば「大きさ」。
整形でぷっくり唇を目指す方もちらほら見かけます。

ここでは、唇の大きさをコントロールするコンプレックス解消メイクをご紹介します。
大きさサギで、私的口元美人を目指してみませんか?

?size=l

まずは、唇を小さくサギるテクニックから。
使うのはコンシーラーとパウダーファンデーションです。

削りたい部分との境目にコンシーラーを塗り、スポンジで馴染ませた後、パウダーで馴染ませます。
少し削るだけでも普段より小さめな印象になるので、欲張りすぎて不自然なメイクにならないように注意してくださいね。

?size=l

コンシーラーは伸びが良いリキッドタイプがオススメです。
パウダーも透明感やツヤ感ではなくカバー力重視で選びましょう。

口角が下がっているのが気になる、という方も下唇の両端に塗って馴染ませると自然に上がった口角をつくれちゃいます。
是非試してみてくださいね。

CandyDoll ハイカバーケアコンシーラー

商品

CandyDoll ハイカバーケアコンシーラー

¥1,501

重めなテクスチャーとしっかりしたカバー力がポイント。
馴染みやすいのでうまく使えばナチュラルな仕上がりが期待できます。

?size=l

唇が薄いのがコンプレックスなら定番の「オーバーリップ」で解消しちゃいましょう。
唇をはみ出してリップを塗るので、まずはしっかりかたどるのがポイントです。

そんな時使えるのがリップライナーです。
ただリップをオーバー気味に塗ると、濃い色だと失敗した時大変ですよね。

?size=l

オススメは『Dior(ディオール)』の「クレヨン コントゥール レーブル」。
発色が良く、ラインを描きやすいのでオススメです。

ペンシルの反対側はリップブラシにもなっているので
手持ちのリップを塗る時に使うとより綺麗に仕上がりますよ♡
化粧ポーチに入れておけば、食後もささっとお直しできちゃいます。

もっと理想に近づけるかも♡

?size=l

コンプレックスが多いと自信もなくなって消極的になりがち。
でもちょっとしたメイクテクで、
いつも気にしてたコンプレックスを撃退して憧れに近づけちゃうかもしれません。

今回は一部のパーツや方法を取り上げましたが、整形なしでもサギれるテクはもっと沢山あるはず。
せっかくメイクするなら「サギじゃん」って言われちゃうくらい可愛くなってみませんか?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

実はずっと気にしていました。“団子鼻”の悩みを解決する整形級メイクのHowTo

実はずっと気にしていました。“団子鼻”の悩みを解決する整形級メイクのHowTo

  • aiai公式
  • 21288view
身長×メイクのモテ術?好きな人のせいでコンプレックスが気になる

身長×メイクのモテ術?好きな人のせいでコンプレックスが気になる

  • 実芭蕉公式
  • 27613view
真冬のメイクは“ピュアホワイト”を意識してみて。気になる彼の心を掴むお顔に♡

真冬のメイクは“ピュアホワイト”を意識してみて。気になる彼の心を掴むお顔に♡

  • lilychild公式
  • 6163view
気にするのはブルベorイエベだけ?“骨格とメイク”の実は深くて大事な関係♡

気にするのはブルベorイエベだけ?“骨格とメイク”の実は深くて大事な関係♡

  • hanari公式
  • 9392view
男子はメイクのどこを見ている?タイプ別彼氏が気にしていることから知るメイクテク

男子はメイクのどこを見ている?タイプ別彼氏が気にしていることから知るメイクテク

  • mikanshi公式
  • 21648view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

miyu公式

ギャル愛♡

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。