もう縮ませない!ニット・セーターの正しい洗い方

寒い時期になってくると欠かせなくなるニットやセーター。なぜか自分で洗うと上手に洗えなくて、いつもクリーニングまかせにしちゃう…。そんなお悩みを解決!今回は、お家で縮ませずにニットやセーターを洗う方法をご紹介します。

やってしまいました…。

出典: shutterstock

たくさん着ようと思っていたお気に入りのニット。
自分で洗濯したら縮んでしまった、なんてこと、
誰でも一度は経験あるのではないでしょうか?

今回は、お家でニットを正しく洗うポイントや普段のお手入れの仕方を一緒に見ていきましょう!

洗濯、その前に。

どのくらいの頻度で洗うもの?

ニットの洗濯頻度は、人によって様々。
ただ、毎日こまめに洗ってしまうと、型くずれや毛玉が出来る原因になってしまいます。
お気に入りのニットを長く着るなら、着心地から判断するのがおすすめです。
匂いや汚れが気になった時や、袖口や襟元がゴワゴワするなど着心地が悪いと感じるようになったら洗うといいでしょう。

洗濯マークのおさらい!

出典: shutterstock

お家で洗濯ができるかは、洗濯表示をチェック!
おけの絵の中に数字が書いてあるものや、手の絵が描いてあるものがあれば、お家で洗ってもOKです。
おけにバツマークがついているものは、「水洗い不可」を表すので、クリーニングに出しましょう。

詳しくはこちら。

洗濯表示について

シミや汚れには前処理を。

出典: shutterstock

袖口や襟元などの汚れが気になる場合は、おしゃれ着洗剤の原液を直接つけて、キャップの底などで軽く叩き込んでおきましょう。
食べこぼしなどのシミは、酸素系漂白剤がおすすめです。
漂白剤を使う場合は、洗濯マークの確認を忘れずに!

正しいニットの洗い方〜洗濯機編〜

STEP1 用具を準備する

出典: shutterstock

洗濯機で洗うときは、

・おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)
・洗濯ネット
・柔軟剤(使いたい方だけでOK)

を用意してください。

STEP2 ニットを裏返してネットに入れる

出典: shutterstock

表面の毛羽立ちを抑えるために、ニットは裏返してネットに入れます。
洗濯ネットは目が細かく、ニットのひと回り大きいサイズのものがベストです。
大きすぎると型くずれの原因になるので注意!

STEP3 洗濯機のコースを選ぶ

洗濯コースは、ドライや手洗い・おうちクリーニングなど、ニットを優しく洗えるコースを選びましょう。
脱水時間もなるべく短く設定します。

STEP.4 水に浸す

出典: shutterstock

洗いムラなく仕上げるために、洗濯機にある程度水が溜まったら、一度給水を止め、ニットが入ったネットを手で押しながらしっかり水に浸しましょう。
途中で開けて給水を止められない場合は、洗濯機に入れる前に浸しておいてもOKです。

これが完了したら、洗濯を始めます。
洗濯が終わったらすぐに洗濯機から取り出して、干しましょう。

正しいニットの洗い方〜手洗い編〜

STEP1 用具を準備する

出典: shutterstock

手洗いで洗うときは、

・おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)
・おけ
・ゴム手袋
・タオル

を用意してください。

STEP2 洗浄液を作る

出典: shutterstock

おけに、おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を適量入れて、洗浄液を作ります。
お湯で洗うと色落ちや縮みの原因になるので、30℃前後のぬるま湯で作るようにしてください。
ひじを水につけてみて、温かさも冷たさも感じないくらいの温度が○。

STEP3 押し洗いをする

出典: shutterstock

ニットをふたつに畳み、おけに入れ、優しく押し洗いします。
沈めたり浮かせたりを20〜30回繰り返してください。
こすったり揉んだりは、ニットが傷む原因になるので厳禁です!
洗剤が入った水に手を何度も入れるので、ゴム手袋をつけることをおすすめします。

STEP4 すすぐ

出典: shutterstock

洗い終わったら、綺麗な水で2回すすぎます。
沈めたり浮かせたりを10〜15回繰り返しましょう。
柔軟剤を使いたい方は、2回目のすすぎの時に入れます。

STEP5 脱水する

しっかりすすぎ終わったら、タオルでニットを挟み、水気を取ります。
ちょっと大変!と感じる方は、洗濯機で30秒〜1分程度、短い時間で、脱水に掛けてもOK。

これで、手洗いは完了です。

正しいニットの干し方

日陰に平干しする

水に濡れたニットは伸びやすいので、ハンガーに掛けて干すのはNG。
また、日当たりのいい場所に干すと、黄ばみや色褪せの原因に…。
干すときは、風通しの良い日陰に平干しをします。

袖口や首元などの縫われている部分は縮みやすく、乾いてしまうと伸ばせないので、平干しハンガーに置くタイミングで、手で優しく引っ張り、形を整えましょう。

平干し用のハンガーがお家にない人は、こちらのサイトで自分で作れる方法を紹介しています。
参考にしてみてください。

詳しくはこちらをチェック

長く着るためのお手入れ方法

出典: shutterstock

お気に入りのニットを長く楽しむには、ブラッシングが大切です!
汚れやほこりを落としてくれるだけでなく、ニットの繊維流れを整えてくれて、毛玉を出来にくくしてくれます。
ひとつ持っていると、ニットだけじゃなく、頻繁に洗えないお洋服にも使えるので便利ですよ♡

寒くなるとタンスからニットを引っ張りだしてきますよね。出したはいいものの、ニットがよれよれになっていて去年の輝きを失っていた…なんてこと、避けたいものです。よれよれニットのお手入れ方法を紹介します。また、正しいニットの保管方法や、はじめて相棒ニットを購入する方におすすめのニットもお届け。

これからもよろしくね♡

出典: shutterstock

シーズン中もシーズンオフも正しくケアして、
お気に入りのニットを長く楽しみましょう♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ピンクニットをNOT可愛く着こなす。ニット×デニムパンツのカジュアルSTYLE

ピンクニットをNOT可愛く着こなす。ニット×デニムパンツのカジュアルSTYLE

  • Chan_mo公式
  • 29065view
年中ニットが手放せなくなる。“サマーニット”で夏しかできない着こなしを

年中ニットが手放せなくなる。“サマーニット”で夏しかできない着こなしを

  • みね公式
  • 23330view
ただの白ニットでひとくくりにしないで。編み方や生地感別に狙え冬のニット萌え♡

ただの白ニットでひとくくりにしないで。編み方や生地感別に狙え冬のニット萌え♡

  • まっしゅ公式
  • 21399view
みんなの視線を集めちゃうかも♡女の子の魅力を引き出すニット大特集

みんなの視線を集めちゃうかも♡女の子の魅力を引き出すニット大特集

  • cheerio公式
  • 21786view
寒い冬はここのニットで乗り越えましょう。ブランドのおすすめニット 8選。

寒い冬はここのニットで乗り越えましょう。ブランドのおすすめニット 8選。

  • kana_m公式
  • 5212view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。