バイト先?職場?距離感って難しい。年上の上司との仕事や飲み会での付き合い方

仕事での人間関係はとっても難しい。他人なので合う合わないは人それぞれあって良いのではないでしょうか。年上の上司との仕事や飲み会での付き合い方についてまとめてみました。丁寧な言葉遣いで自分の考えや意見を伝えること、上司の顔を立てること、飲み会では気遣いを欠かさなかったり、聞き役に徹することが円滑に付き合うポイントです。

なんだか難しい、年上上司との付き合い方

なんだか難しい、年上上司との付き合い方

職場が年上ばかりで、何だか距離感の難しさを感じる。
近いようで遠い存在だったり。

どんな感じで接して良いのか一周回って分からないなんてことありますよね。

では、そんなお悩みにお答えして距離感のとり方を紹介します。

仕事編と飲み会編の二部に分けて紹介したいと思います。

仕事での上司との接し方

うわ、これ気になるけど聞いていいのかな…

うわ、これ気になるけど聞いていいのかな…

まずは、仕事上での接し方です。
相手は年上なのでもちろん敬語で接したりしますよね。
問題はちょっとした悩みがあった時、恐れ多くて聞きにくいこと。

意外と気軽に聞いて大丈夫かも?
まずは何が分からなくて、どうしたいのかを頭の中できちんと整理しましょう。

考えがまとまれば相手にも伝えやすいはずです。
そして「今お時間大丈夫ですか?」などと一言添えて、相談をしてみてください。

甘えることって友達や恋人、家族でも大事ですよね。
上司にも甘えてみることって大事ではないかと思います。

自分でできる範囲の仕事を甘えてしまうのは少し違いますが、分からないことは相談して方向性ややり方を再度確認するべきだったりします。(筆者体験談)

・「一応やり方があるので、ひと言聞いてほしい」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「わからないことをわかったつもりになっていると、のちのちデカイ失敗をしがち。都度要領まとめて質問してくれるほうがかえってよい」(26歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

出典:woman.mynavi.jp

ちょっとした雑談タイムが苦痛すぎる

ちょっとした雑談タイムが苦痛すぎる

ちょっとした時間のちょっとした雑談。
正直何の話か分からないし、全然興味のない話題すぎるし、共感を求められるのが怖い…。

上司だから最低限の対応をしなきゃ、仕事もしたいのになんてことありますよね。

そんな時は、分からないことは「それなんですか?」でちょっぴり関心があることを示してみたり、「知らなかったです、そんなのあるんですね。」などと言って話を少し広げてみて。

仕事に戻りたい時は素直に「ちょっと私のペースでは、終わらなくなりそうなので頑張ってきます。」なんて言ってみるのも良いかも。

人間関係は本当に難しいので、これ!と断言することはできませんが雑談等のコミュニケーションの部分では笑顔でいれば大丈夫だったりします。(筆者体験談)

もちろんきちんとハッキリとさせる部分は、メリハリをつけることが大切です。

飲み会は、仕事なのかプライベートなのか

上手な飲み会の断り方

上手な飲み会の断り方

飲み会は果たして仕事なのか、プライベートなのか。
正直に言って慣れるまでは、仕事感が強いですよね。

飲み会とは職場ではできない話を上司や同僚、後輩として人間関係を円滑にしたり、コミュニケーションを図り色々なヒントを得る場所と捉える人が多いかと思います。

でも必ずしもプラスの方向のイベントとも限らなかったりしますよね…。
仕事後の付き合いで食事や飲み会に行くと、フリーな時間が減ってしまう気もしますよね。

そんな時は、丁寧に断ってみたりするのもありです。
業務ではないんだから、と軽い気持ちでいることも時には大切です。

参加不参加は、案外自由だったりします。
参加しなかったことでギスギスしてしまう職場は、そもそも過ごしにくいのでは?

参加したくない時は、最後に「また誘って下さい。」などと気遣った言葉を添えてみるのも良いかも。

<よく使われる飲み会の断り文句>

・体調不良
・先約がある
・家族との予定がある
・子どもを理由に

出典:woman.mynavi.jp

飲み会の立ち回り

飲み会の立ち回り

気になる飲み会での立ち回りのポイントを3つ紹介します。
一つ目は“上司を気遣う”こと。
近くに上司がいたら進んでお酌をしたり、おしぼりなどが足りなければ頼んでみたり。
気づいたことは出来る範囲で対応しましょ。

・「上司のお酒をついで回る。気が利く人は好かれるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「上司の近くに行って、きちんと接待している。関わろうとする意志があるから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

出典:woman.mynavi.jp

続いて周囲に気を配ることです。
時には全体の雰囲気を見てみることも大切です。
大皿で料理が届くことも多いので、好みや量を聞きつつ取り分けてみて。
またお店への挨拶なども好感ポイントだそうです。

・「あいさつや気配りを忘れない、お店への配慮」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「盛り上げたり、料理を取り分けたり、お酒の準備をしたり、気を配れること」(32歳/金融・証券/専門職)

出典:woman.mynavi.jp

最後に大切なポイントは、聞き役に徹すること。
やっぱりお酒の席は話が盛り上がるので、相槌を打ちながら上司の話や周りの話を聞いて情報収集するのがオススメ。
答えたくないことは正直に答える必要が無いので、嘘ではなく本当のことをぼかして、答えましょう。

・「話に相槌をよく打つこと。目を見ること」(38歳/運輸・倉庫/その他)

・「男性の話を積極的に聞こうとする女性は必ずモテると思う」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

出典:woman.mynavi.jp

人間関係に正解はないけれど、自分に素直に

人間関係に正解はないけれど、自分に素直に

人間関係に正解なんて無いけれど、自分の気持ちを押し殺す必要なんてないと思います。
丁寧な対応をすれば、角も立たないはずです。

少しでも参考になりますように。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。