タピオカミルクティーの次は『黒糖タピオカラテ』!台湾と日本の美味しい店をご紹介♡

タピオカミルクティーの人気はとどまることを知らず、専門店も続々と出店していますが、密かにブームになっているのが『黒糖タピオカラテ』。黒糖タピオカラテが飲める日本のお店、鹿角巷・一芳・コンマティー・QQタピオカと、本場台湾のお店、幸福堂・老虎堂・陳三鼎をご紹介します。タピオカの世界は、広いですよ♡

黒糖タピオカラテ、のみに行こう!

黒糖タピオカラテ、のみに行こう!

タピオカミルクティーが流行っている今、
次に流行りそうな『黒糖タピオカラテ』でちょっと抜け駆けしてみませんか?

台湾に行った時にはぜひ比べてみてほしいという気持ちを込めて
在日本的(日本にある)、在台湾的(台湾にある)お店をご紹介します。

在日本的『黒糖タピオカラテ』

鹿角巷

鹿角巷

タピオカミルクティーのですっかり人気を獲得した『鹿角巷』の黒糖タピオカラテ。
沖縄産黒糖蜜でしっかり煮たタピオカは、黒糖蜜の美味しい蜜を吸収するので
通常のタピオカの二倍の量が入っています。

食べ応えもある、もちもちタピオカが楽しめます。

抹茶×黒糖の掛け合わせは超定番ですよね。
抹茶好きにはたまらない、美味しい一杯です。
苦みと甘みのコンビネーションが最高で、あっという間に飲みきってしまいそうになりますよ。
見た目もかわいらしいので、インスタ映えにもなりますね。

一芳

一芳

Made in Taiwanにこだわった、本場台湾で大人気の『一芳』。
良質な原材料を使用することにこだわっています。

優しくて美味しい一芳のミルクは、台湾の禾香牧場から直送されたものを使っています。
経営理念にもあるように、心に訴えかけてくる美味しさです。

鮮度や原材料にこだわるため、一芳では黒糖タピオカ茶ラテの提供時間を限定して設けています。
一日二回、11:00と15:00に限って売っているので、完売してしまうことも多々あります。
そんなこだわりの沖縄黒糖タピオカ茶ラテ、飲んでみたいですよね♡

QQタピオカ

QQタピオカ

2018年の春にオープンした『QQタピオカ』。

QQとは、「モチモチ」という意味。モチモチタピオカが売りのようですね。
「オタマジャクシ牛乳」と命名された黒糖タピオカラテは一つ400円と、お手頃価格。
また、甘さも控えめであっさり飲めるのが特徴です。

まるで夜市の屋台のような店内に、台湾好きの心が踊ること間違いなしです♡
雰囲気も楽しめる、素敵なお店です。

コンマティー

コンマティー

見た目もシンプルで、おしゃれかつ美味しい『コンマティー』。
2018年10月5日に発売された「黒糖タピオカラテ」はInstagramでも人気です。
同時に発売された「焦がし黒糖タピオカラテ」は、表面のミルクフォームがカリカリに焼き上げられています。

焦がし×黒糖って、見た目も味もワクワクする組み合わせですね。
割って混ぜて苦味を一緒に楽しんでみたいです。

在台湾的『黒糖タピオカラテ』

幸福堂

幸福堂

店頭でタピオカと黒糖を煮るところが見られる『幸福堂』。
甘い香りが漂っていて、ついつい足を止めてしまいます!

あっさりめの味付けで、さらっと飲めてしまうなんて声も。
士林夜市にあるので、ぜひ立ち寄ってみてください♡

老虎堂

老虎堂

台中発の『老虎堂』は、地元の人からも大人気のお店。
タピオカのサイズを大・小・大小ミックスから選べるのも、めずらしいですよね。

こちらはミルク感がそんなに濃くなく、あっさりめなので
食後や暑い夏の日などにぴったりの味です。

陳三鼎

陳三鼎

台湾人の友人に勧められた『陳三鼎』の黒糖タピオカラテ。
友人曰く、一番美味しいとのことでした。台湾人からの人気も高く
現地メディアで取り上げられることも多いそう。

月曜日が定休日なので、そこだけ注意して予定をたてましょう♡

広いタピオカの世界、まだまだ楽しめそう♡

広いタピオカの世界、まだまだ楽しめそう♡

タピオカの世界って、本当に広いですよね。
同じタピオカのドリンク屋さんでも、味も食感もサイズも違うし
こだわっているところも違う。なのに、どこも美味しくて
ワクワクさせてくれる。これからももっと楽しませてもらえそう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。