今欲しいのは一生モノ。ボーナスが出たから買いたいOVER¥50,000高級アウター

お仕事を頑張って、ついに冬のボーナスの時期に。ボーナスが出た今だから買いたくなるのは、ちょっとお高いアウター。お手入れをしっかりすれば長く使うこともできる、¥50,000以上のアウターをご紹介します。オフィスでも使えるようなトラッドなデザイン、こなれ感をUPするおしゃれアウターなど、お気に入りのものを選んで。

ボーナス、何に使う?

ボーナス、何に使う?

この半期、以前にも増してお仕事を頑張りました。
そんな頑張った私を労ってくれるのは、冬のボーナス。

せっかく頑張ったご褒美に、ちょっと奮発して大きな買い物をしてみるのはどうですか?
冬だからこそ、50,000円OVERの一生使えるようなアウターをgetして。

オフィスにも着ていけるトラッドアイテム

オフィスにも着ていけるトラッドアイテム

まずチェックしたいのは、オフィスコーデでも休日コーデでも使えるようなトラッドなアウター。

シチュエーションを選ばずに使えるものだから、多少高くてもいいかなって思えますよね。

ウールメルトン ロングダッフルコート

ZOZOTOWN

商品

ウールメルトン ロングダッフルコート

¥54,000

MACPHEE(マカフィー):
高密度で織り上げた生地で作られたダッフルコート。
ダッフルは綺麗めコーデにもしっくりくるし、デニムと合わせてカジュアルダウンしてもおしゃれに決まりますよね。
カラーバリエーションも6色と豊富なので、2枚目のダッフルコートとして購入するのもいいかも。

COTTON NYLON CANVAS

ZOZOTOWN

商品

COTTON NYLON CANVAS

¥55,080

MHL.(エムエイチエル):
着た時のシルエットが可愛らしいステンカラーコート。
ここはやっぱり定番のベージュをチェックして、秋から春まで3シーズン使えるものを選べるのが賢いかも。

おしゃれ度を一気に増すこなれアウター

おしゃれ度を一気に増すこなれアウター

冬場は毎日何かしらのアウターを着るものだし、その人のコーデの印象を決めると言っても過言じゃないですよね。
だったら、とびきりおしゃれなものを選んで、いつもの冬コーデをアップデートするのがおすすめ。

相棒と呼べるような素敵なアウターを探してみては?

ウールダブルフェイス ダブルブレストノーカラーコート

ZOZOTOWN

商品

ウールダブルフェイス ダブルブレストノーカラーコート

¥75,600

GALERIE VIE(ギャルリー ヴィー):
オーバーシルエットでリラックス感を醸し出して。
ノーカラーでシンプルなデザインはミニマルな印象に決まります。
シックなキャメルは大人っぽさ満点。

crewneck long coat

ZOZOTOWN

商品

crewneck long coat

¥51,840

BLACK BY MOUSSY(ブラックバイマウジー):
ウールの混合率が高く、暖かさでも魅力的なコート。
長めのスリットが入っていたり、裾や袖口が切りっぱなしデザインになっていたりと、ディテールまでこだわりのある一枚です。

あなたのイメージを作る個性的な一枚

あなたのイメージを作る個性的な一枚

冬の〇〇さんといえば、赤色のコート!と思ってもらえるような、印象的なアウターをゲットしてみるのも手かも。

周りが無難な色を選んでいる中、派手な色のものや、変わった配色のものを選べばお目立ち度がぐぐっと上がりそう。

ビッグ チェスターコート

ZOZOTOWN

商品

ビッグ チェスターコート

¥52,920

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ ):
目の覚めるような鮮やかなライトブルーが綺麗なチェスターコート。
ドロップショルダーで袖周りにも余裕のあるデザインなので、厚手のニットを着ている時にもモタつかないのが嬉しいところ。

DOUOBLE REVER GOWN COAT

ZOZOTOWN

商品

DOUOBLE REVER GOWN COAT

¥74,520

6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
(ロク ビューティアンドユースユナイテッドアローズ):
ブラウンとチェック柄の配色が可愛らしいコート。
なんとリバーシブルでも使うことができるそうなので、冬のコーデの幅が広がりそうですよね。

暖かさ重視でお高めダウンをチェック

暖かさ重視でお高めダウンをチェック

冬の暖かいコートといえば、ダウンを思い浮かべる人も多いのでは?
プチプラショップでも手に入る時代だけど、良いダウンに一度手を出してしまったらもう戻れない。
そんな中毒性のある暖かさを体験して。

TRILLIUM PARKA

ZOZOTOWN

商品

TRILLIUM PARKA

¥99,360

CANADA GOOSE(カナダグース):
お高めしっかりダウンといえば、CANADA GOOSEでは?
こちらのモデルはミドルレングス丈なので、お尻までカバーしてくれて暖かいんです。

Labrador

ZOZOTOWN

商品

Labrador

¥95,040

Ray BEAMS(レイビームス):
カナダ本国のモデルよりもダウンの量を少なめにして作られた日本人向けの「Labrador(ラブラドール)」。
ダウンジャケットでありながらすっきりと着こなすことができるので、おしゃれなダウンコーデを楽しめそうです。

一生使っていくためのお手入れ方法

着すぎない

着すぎない

出典: unsplash.com

せっかくお高めなアウターを手に入れたなら、きちんとお手入れして長く着ていきたいですよね。
アウターを長持ちさせるために、「着すぎない」ということを頭に入れてみて。

毎日着ているとアウターはくたびれやすくなってしまいます。適度に休ませることで長く着続けることができるようになるのです。

お気に入りのコートなら当然毎日着て出かけたくなるものですが、
やはり日々着用を繰り返すと、どんなにお手入れを入念にしても
磨耗のスピードは早くなりますし、生地を休ませる時間が短くなることで
型崩れのリスクも高まります。
そういった意味では、長く着たいコートは頻繁に長時間着続けるのではなく、
別のコートと組み合わせて着用の頻度を抑えるという視点も必要になってきます。
2着以上、できれば3着ほど着回せるコートを素材別で常備しておくのがおすすめ。
コートをベースにその日の装いを考えるというのも、なかなか素敵です。

出典:www.zutto.co.jp

脱いだらブラシでケア

脱いだらブラシでケア

出典: unsplash.com

アウターを着て、家に帰ったらそのままハンガーにかけてしまっていませんか?
そのままにしているのと、こまめにブラッシングしてあげるとでは持ちに明確な違いが出るのだとか。

ウール系のアウターだったら、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。

最後のステップは、洋服ブラシを使いこなしたお手入れ。
洋服ブラシの役割は「汚れを落とす」「生地の表面を整える」の2つ。
生地を傷めないように、ササっと「払う」のがコツです。

ブラッシングの手順は
①繊維の流れを逆らうようにブラッシングしてホコリを浮かせる。
(毛が細く繊細な生地の場合は、このプレケアは省いてもOKです。)
②繊維の流れに沿って大きな面をブラッシング。
肩、前面、裏面の繊維をくまなく整えていきます。
③小さな面をブラッシング。襟、袖のベルト、ポケットも入念に。

出典:www.zutto.co.jp

洋服ブラシ ドロップ

ZOZOTOWN

商品

洋服ブラシ ドロップ

¥4,536

BEAMS JAPAN(ビームスジャパン):
浅草の老舗ブラシメーカーとBEAMS JAPANがコラボしてできた洋服ブラシです。
カシミヤやウールなど、衣類全般に使うことのできるブラシなので、一本持ってて損はないはずです。

一生モノのとっておきアウター

一生モノのとっておきアウター

ボーナスが出たから買いたい、一生モノのアウター。
ちょっと奮発して良いものを選んで、大切に付き合っていきましょ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

真冬OUTER七変化物語。 お洒落の限界を突破する#アウターonアウター着こなし図鑑

真冬OUTER七変化物語。 お洒落の限界を突破する#アウターonアウター着こなし図鑑

  • ___asm.公式
  • 15155view
冬の第一印象は、アウターで決まる。プチプラで2枚目アウターを買う時のポイント

冬の第一印象は、アウターで決まる。プチプラで2枚目アウターを買う時のポイント

  • hota公式
  • 23021view
腕パツパツは御免です。‘ボリューム袖とアウター’の良好な関係を築きましょ

腕パツパツは御免です。‘ボリューム袖とアウター’の良好な関係を築きましょ

  • みね公式
  • 8869view
春を始めるならアウターから。3つの「2019Springアウター」指名買いリスト

春を始めるならアウターから。3つの「2019Springアウター」指名買いリスト

  • ねこ太郎公式
  • 40991view
大変お世話になりました。『またよろしくね』ってお気に入りのアウターをしまおう

大変お世話になりました。『またよろしくね』ってお気に入りのアウターをしまおう

  • my公式
  • 16490view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

もこ公式

しろくまが愛しくて愛しい

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。