感覚って難しいよね。レングス別巻き方動画で、ニュアンスヘアをマスターしちゃお

ニュアンス?感覚?そういうの苦手なんです…しっかりしたやり方が欲しい!そんなニュアンスヘアが苦手なあなたに、3レングス別の動画で巻き方を教えちゃいます!ニュアンスヘアを巻くポイントやコツもご紹介しているので、難しいって敬遠せず、マスターできるように挑戦しませんか?

ニュアンス?そんなの無理です

ニュアンス?そんなの無理です

出典: unsplash.com

昔から「感覚で」っていうのが苦手だ。
だから雰囲気でこう、とかこんな感じとか一番苦手で

(いやいや、どんな感じだよ)

って心の中で叫んでいます。
もちろんお菓子作りもグラム数はぴったり量る派だし
絵もうまくないし何かを習得するには
人よりも時間がかかる人です。

出典: latte.la

よくあるヘアスタイル「ニュアンス巻き」。

(いやいや、だからどこをどうするのよ)

って本当に難しくて。
全然上手に巻けなくていつも巻きすぎちゃうの。
そんなニュアンス巻きには
実はポイントやコツがあったそうな。

私も「ニュアンス」がわかる人間になりた〜い!

まず、ニュアンスヘアとは?

まず、ニュアンスヘアとは?

空気感のあるふわふわな無造作ヘアのこと。
たしかに「ニュアンスヘア」と言われているものは
だいたいふわっと巻かれていますよね。

雰囲気があるというか、柔らかくて
優しい雰囲気を感じるようなヘアスタイル。

ポイントやコツは?

ポイントやコツは?

ずばり巻きすぎないことです。
そして巻き方に正解がないので
軽いクセをつける感覚で巻いていくのがコツ。

だいたい空ける間隔はこうで〜とか
巻き残しのないように〜とか
細かいことを意識していると思うのですが
そんなことは気にせずに巻いてあげるのがポイント!

でも、っぽく見せるには?

でも、っぽく見せるには?

出典: latte.la

トップをふんわりさせることで
っぽく見せることができます。
ドライヤーで乾かす時に根元に風を当てましょう。

巻く時やスタイリングの時もふんわり見せる技は
あるけどベースの準備も大切ですよ。

いざ!こんな感じで巻いてみよう

|ショートレングス

なかなかスタイリングも、難しいショートヘア。
ワンカールだけでこんなにおしゃれなヘアに。

アイロンを当てすぎないようにしたり
細かい工夫は必要ですが慣れたらとっても
簡単な巻き方なんです。

ストレートアイロンで作る
パーマ風の巻き方もおすすめです。
ちゃんと巻かないと、と思うと
満足の仕上がりにならない悩みありませんか?

あまりきちんと感は意識せず巻いていくと
ニュアンス巻きはうまくいくはず。
最後の仕上げで全体をふんわりさせることを忘れずに!

→→→ こんなスタイルはいかが?

全体をふんわり巻かなくても、
ニュアンスヘアは作れるんです。

毛先に熱を通すくらいの気持ちで巻いて
巻きすぎないようにしましょう。
スタイリング剤を全体につけておしゃれに仕上げて。

|ボブレングス

柔らかく、やりすぎていない雰囲気が出るスタイル。
毛束をくるくると捻ったままコテを通すだけ。

力を入れすぎず気楽に巻いてみるのがいいかも。
スタイリング剤は柔らかめのワックスがおすすめです。

→→→ こんなスタイルはいかが?

出典: latte.la

しっかり意識するのは毛先だけ。
それ以外はトップや前髪をふんわりさせるような
意識でセットするとニュアンスヘアに。

髪の毛全てを巻き方でどうにかしようとすると
やりすぎるヘアスタイルになってしまうので
最後はスタイリングで雰囲気を作る気持ちで
やってみると案外うまくいくかもしれません。

さりげない毛先のハネがたまらなく可愛い。
思いっきりくるんってハネさせるのも可愛いけど
たまには控えめなスタイルも◎

毛先が控えめな時は表面を
軽く巻いてあげるのがおすすめです。

|ロングレングス

ロングさんはどうしても巻きすぎてしまいますよね。
そんな時はこんな巻き方はいかがでしょう?

毛先のワンカールと顔まわりを縦に巻くだけの
簡単スタイルでニュアンスヘアに。
ここでも、やりすぎないことがコツです。

→→→ こんなスタイルはいかが?

毛先よりも表面のゆる巻きを意識してみて。
くるんっと巻くほどガーリーな可愛い雰囲気に
なるけど熱を通すくらいだと
大人な雰囲気になるんです。

ワックスはつけすぎないように注意して
ナチュラルな仕上がりを楽しんで。

しっかり巻きたいけどニュアンスな雰囲気がほしい。
そんな方は毛先をしっかり巻いて
表面をウェーブで巻いてみてください。

巻いたあとにしっかりほぐして
ふんわり感を忘れなければ可愛く仕上がります。

ニュアンスのコツ、忘れずにねっ

ニュアンスのコツ、忘れずにねっ

感覚やニュアンスって聞くと難しかったけど
巻きすぎない、やりすぎないって意識すれば
簡単にニュアンスヘアになるんです。

コツを忘れずに挑戦してみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。