東京のブルックリン、隠れお洒落スポット『蔵前』でいつもとは一味違う1日を♡

東京台東区にある『蔵前』は落ち着きのある、少しオトナな観光地です。蔵前には、オシャレなカフェや雑貨店が立ち並んでいます。そんな蔵前のキーワードは「東京のブルックリン」。職人気質、手作り、落ち着いた街の雰囲気がNYのブルックリンに似ていることで有名なんです!そんな蔵前で食べて、見て、作ってオシャレに過ごしましょ♡

たまにはいつもと違うところに行きたいな

出典: www.17kg.shop

休日のおでかけはいつも決まったところ。いつものお店、いつもの遊び。それでも楽しいけど、そろそろ知らなかった場所にも足を踏み出してみませんか?

「蔵前」が今アツい。

?size=l

蔵前からはこんなエモーショナルな景色が広がっています。スカイツリーが夜空に映えてとっても綺麗。

?size=l

カフェに入ってみれば落ち着いた雰囲気でゆっくりできそう。忙しい毎日にゆったりと流れる時間はいかがですか?

?size=l

いつもの都会の賑やかで派手な雰囲気とは打って変わって落ち着いた少し大人の雰囲気の「蔵前」。
「東京のブルックリン」とも呼ばれる蔵前ではぬくもりのある手作りの雑貨屋さんや洗練された雰囲気のカフェがあります。それでは、蔵前観光スタート!

フロムアファー倉庫01

?size=l

広々とした店内でリラックスできそうな空間が特長です。お出かけで歩き疲れたときにふらっと入れそうな雰囲気も素敵です。

?size=l

ドライフラワーや生きているお花が飾ってあります。ハッとさせられる美しさがあり、まるで芸術作品のよう。

?size=l

一つ目は『フロムアファー倉庫01』というカフェ。店内ではこだわりのコーヒーや美味しそうなデザートが楽しめるほか、併設されている『ex. flower shop & laboratory』という花屋さんがあります。季節のお花と一緒に癒される時間を過ごすことができます。

?size=l

コーヒーはラテアートが可愛い♡
カップにもひとつひとつこだわりがあってとってもオシャレですね!

?size=l

デザートは季節や日によって変わるメニューもあり、何度でも足を運びたくなってしまいそう。
つい最近までは、ぶどうのタルトや、ジャスミンのパウンドケーキが季節限定で出ていました。(食べたかった……!)

住所 : 東京都墨田区東駒形1-1-9

営業時間 : 12:00 - 19:00 (L.O.18:30)

定休日 月曜日
(臨時休業の際は instagram にてお知らせします)

出典:www.fromafar-tokyo.com

浅草 蔵前 カフェ コーヒー 珈琲 ギャラリー 喫茶 展示

公式サイトもとってもオシャレです♡

inBlooom印花楽(インブルーム)

?size=l

シンプルだけど特徴的なデザインのパターンがちょっぴりレトロな印象。
見ているだけで心がほっこりしそう。

?size=l

『inBloom印花楽(インブルーム)』は台湾人デザイナーによるプリント生地ブランドで、オリジナルの生地や、その生地で作られた雑貨が売られています。現地の台湾でも大人気なお店だそうです♡

?size=l

台湾ならではのプリントデザインが特徴でエキゾチックで大胆な柄と落ち着いた色味の組み合わせが魅力的です♡だけど、どことなく和風なテイストも感じられて私たち日本人にも親しみが感じられますね。

「日常生活にまつわる創作」をモットーに、台湾の生活と生活に息づく昔の記憶からインスピレーションを得て、新たなデザイン・エッセンスを生み出しています。パターンデザインとプリント生地を組み合わせ、自由自在に、またそれらを活かした特色の有るライフスタイルを創造しています。

出典:inblooom.jp

オリジナルのトートバッグや巾着が作れる!

?size=l

なんと、inBlooomのシルクスクリーン体験では、購入したキャンパスバッグの上に好きなプリントを自ら転写してたった一つのトートバッグや巾着を作ることができるんです!
画像のトートバッグは台北の店舗でつくられたものだとか。

こちらのワークショップはいつも開催されているわけではないので、こまめに情報をチェックしておくのがおすすめです。

シルクスクリーンってなに?

?size=l

シルクスクリーンは、Tシャツや布地に柄や文字を転写する方法だそうです。作業の動画もたくさんあがっているので気になった方はぜひ見てみてください。貴重な経験ができていい思い出を作れること間違いなし!

シルクスクリーンは孔版印刷の一種で、メッシュ状の版に孔(あな)を作り、孔の部分にだけインクを落として印刷するとてもシンプルな印刷方法です。

出典:surimacca.com

住所
〒111-0051
東京都台東区蔵前3-22-7
TEL
03-5820-8131
営業時間
11:00~19:00
定休日
木曜日(平日14:00-15:00は一旦クローズしています)

出典:inblooom.jp

inBlooom(インブルーム)は、2008年に設立した台湾人デザイナーによるプリント生地ブランドです。蔵前に直営店OPEN

インブルームだけの世界観をもっと楽しんで♡

Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロイリオ)

?size=l

スカイツリーを⼀望することができる隅⽥川沿いのカフェレストラン、『Riverside Cafe Cielo y Rio(シエロイリオ)』です。
オープンテラス席などが180席もあり、眺めがよく開放感があるのが特⻑で都会的な雰囲気があります。

?size=l

このお店の特長はピンクでパッと目を引く店構えです。うっすらと中の様子が見えるのも、ワクワク感を増長してきます。中に入る前からすでにインスタ映え間違いなし♡

?size=l

お店の内装もピンク色に演出されていてラブリー♡
デートや女子会にぴったりですね!

?size=l

一方テラス席では外の空気を感じたり外の景色を見たりしながら過ごすことができます!
川やスカイツリーが見えて開放的な気分になれちゃいます。

ワークショップもやってるよ!

?size=l

シエロイリオでは、月曜日から金曜日までの平日に毎週数回ずつワークショップが行われています!
ヨガやピラティスといったエクササイズから、上手な写真の撮り方を教えてくれるフォトレッスン、今流行りのハーバリウム作りがあって、どれも楽しそう!ワークショップに参加した後は、美味しいランチがセットになっています♡

東京都台東区蔵前2-15-5 MIRROR 1F
[ 都営大江戸線 蔵前駅A7番出口 徒歩2分
都営浅草線 蔵前駅A2番出口 徒歩5分 ]

TEL. 03-5820-8121

出典:www.cieloyrio.com

蔵前・浅草、隅田川沿いオープンテラスのある開放的空間、180席のカフェレストラン、川沿いに開かれた、窓一面に溶け込むスカイツリーやEAST TOKYOを借景にカジュアルビストロ料理をランチ、カフェ、ディナー、オリジナルのウェディングパーティー、二次会とオールデイユースに利用していただける、リバーサイドカフェ シエロイリオのWebサイトです。

都会的な雰囲気に思わず目を見張ってしまいそう!

行きたいところ、み~つけた!

?size=l

いかがでしたか?
見て、食べて、作って楽しめる場所がたくさんな蔵前で充実した1日を過ごしてみたくなっちゃった!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

なんだか1日動きたい気分。そんな土曜日は話題の『蔵前』へおでかけ

なんだか1日動きたい気分。そんな土曜日は話題の『蔵前』へおでかけ

  • ゆかりん公式
  • 6381view
そこには浅草観光前or後に行きたい空間が。【蔵前カフェ】で贅沢タイムを

そこには浅草観光前or後に行きたい空間が。【蔵前カフェ】で贅沢タイムを

  • pom_13公式
  • 19375view
ものづくりのまち蔵前で見つける技術と温もり。ここでしか出会えない専門店を紹介

ものづくりのまち蔵前で見つける技術と温もり。ここでしか出会えない専門店を紹介

  • おこめ公式
  • 9354view
浅草から少し歩けば、クリエイティブで優しい世界が。筆者の‘蔵前タビニッキ’

浅草から少し歩けば、クリエイティブで優しい世界が。筆者の‘蔵前タビニッキ’

  • ゆきんちゃん。公式
  • 14926view
東京のブルックリン「蔵前」へようこそ。落ち着く場所にゆるりと足をむけてみては

東京のブルックリン「蔵前」へようこそ。落ち着く場所にゆるりと足をむけてみては

  • はりー公式
  • 9799view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

f0616_公式

感覚で生きる

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。