“クラブ=怖い”って概念はなくなるかも。クラブ初心者さんに捧げる5つのQ&A

20歳を超えると遊びの場の幅も広がりますよね。中でも「クラブ」には一度は行ってみたいという気持ちはあるけれど、“怖い”というイメージが…。そこで今回は、クラブ初心者さんが気になる疑問に答えていきます!「どんな服装で行けばいいのか?」「踊れなくても大丈夫なのか?」といった5つの質問をまとめました。

クラブって怖いイメージ…。

出典: unsplash.com

20歳を超えるとお酒も解禁。
遊びに行ける場所の幅がグーッと広がりますよね。

出典: unsplash.com

そんなオトナな遊び場と言ったら「クラブ」。
気軽に行けて、非日常的な空間を味わえる場所です。

ただ、クラブに行ってみたいという興味があっても“怖そう”というイメージでなかなか行きづらいと思っている人も多いんじゃないですか?
そこで今回は、クラブ初心者さんが気になる5つの質問に答えちゃいます。
“クラブ=怖い”というイメージが覆されるかもしれません!

Q「クラブってどんな服を着ればいいの?」

出典: unsplash.com

クラブっておしゃれな人が多いイメージなのか、よくある質問。
確かに初めて行く場で自分だけ浮いていたら嫌ですよね。
ジーンズやスニーカーでも大丈夫なのかなど、様々な疑問が多いはずです。

Answer

出典: unsplash.com

<基本的には動きやすい格好がおすすめ>

クラブは夜中になるにつれ人が多く集まります。
その為、身軽で動きやすい服装の方が身動きが取りやすいのでおすすめです。
また、クラブはスタンディングでいることが多いので、ヒールは足が疲れてしまうので避けましょう。

出典: unsplash.com

クラブによってはドレスコードが決まっていることも。
ジャージやビーチサンダルがNGなお店もあるので、行く前にHPで確認してみましょう。
特に男性の服装には厳しいので、男性と一緒に行く場合はチェックしてあげましょう!

Q「必要な持ち物は?」

出典: unsplash.com

初めて行く場合は、やっぱり持ち物の確認はしたいところ。
必要な物を忘れて、せっかく来たのに入れなかった!なんてことは悲しいですもんね。

Answer

出典: unsplash.com

<絶対に必要なのは“顔写真付きID”>

ほとんどのクラブは入場の時にIDチェックがあります。
どう見たって成人だってわかっていても、IDがなかったら入場することができません。
また、顔写真付きでなければ入場できないお店もあります。
その為、クラブに行く時の荷物確認では“顔写真付きID”を一番に確認して!

出典: unsplash.com

また、荷物は身軽にするかクロークに預けるのをおすすめします。
週末やイベントの時は特に人が多いので、クロークがいっぱいになってしまうことも。
ミニ財布やリップなど、必要最低限の物だけ入れられるミニポシェットなどがおすすめです。

Q「お金はどれくらい掛かるの?」

出典: unsplash.com

初めは入場料やドリンクの値段がわからないですよね。
いざHPで調べてみても、表示がわからなかったり…。
お金が足りなかったらどうしようなんて不安もありますね。

Answer

出典: unsplash.com

<クラブの入場料+ドリンク代>

クラブの入場料やドリンク代は、HPに表示されています。
例えば、
MEN ¥5,000(2D)/LADIES ¥2,500(2D)
と表示されていたら、男性は5,000円でドリンク2杯、女性は2,500円でドリンク2杯ということ。
もし、2杯以上ドリンクを頼む場合は、プラスでドリンク料金(大体700円程度)が掛かってきます。

入場料はお店や曜日、時間によって変わってくるので、それぞれのHPで事前にチェックしておきましょう!

Q「初めてはどこのクラブに行けばいいの?」

出典: unsplash.com

クラブに行ってみたいけど、どこにあるのかわからない。
お店の違いがわからない。
そんな疑問からか、とても多い質問です。

Answer

出典: unsplash.com

<初めての場合は有名なクラブがおすすめ>

日本にはたくさんのクラブがあります。
どのお店に行けばいいのか迷った時は、無難に各所の有名なクラブに行くのがおすすめ。
有名なクラブだと、メジャーな音楽がかかっていることが多いので、自然と楽しめちゃうかも。
または、クラブに行ったことがある友達について行くのもいいかもしれませんよ。

Q「踊れなくても大丈夫?」

出典: unsplash.com

どう楽しめばいいのか、意外と多い質問なんです。
ノリ方がわからず、どうすればいいのかわからない。
そんな人もきっといますよね。

Answer

出典: unsplash.com

<無理に踊らなくても大丈夫>

クラブでは必ずしも踊らなければいけないといったルールはありません。
自由に音楽に合わせてユラユラ動いてみたり、バーフロアでお酒を楽しんだり。
大体のクラブはダンスフロアとバーフロアに分かれているので、ノリ方がわからなかったり、疲れてしまったらバーフロアで友達とお酒を楽しむのもおすすめですよ。

あれ、ハマっちゃうかも…?

出典: unsplash.com

色々な不安要素があって“怖い”イメージだったクラブ。
実は気軽に遊びに行ける場所なんです。
ちょっとでも行ってみたいと思ったら、ぜひ行ってみて!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

あの、もう一度だけ会ってくれませんか?就活生限定恋愛「リクラブ」の秘密

あの、もう一度だけ会ってくれませんか?就活生限定恋愛「リクラブ」の秘密

  • yoyo公式
  • 7017view
(6月中旬発売)NY発のネイルブランド「FORSYTHEカラークラブ」の新色がお洒落すぎっ

(6月中旬発売)NY発のネイルブランド「FORSYTHEカラークラブ」の新色がお洒落すぎっ

  • yurimo公式
  • 1773view
2018秋冬:トリコになる予感。1パーツに取り入れるべき“ガンクラブチェック”とは

2018秋冬:トリコになる予感。1パーツに取り入れるべき“ガンクラブチェック”とは

  • ナコ〒ィ・/公式
  • 44640view
24時、女の子からレディーになるの。夜遊びに出かけるときの大人ファッションとヘアメイク

24時、女の子からレディーになるの。夜遊びに出かけるときの大人ファッションとヘアメイク

  • nana公式
  • 24257view
「フレタイ」を誘うふんわりやわ質感へ。注目の“マシュマロコスメ”を集めました

「フレタイ」を誘うふんわりやわ質感へ。注目の“マシュマロコスメ”を集めました

  • rozyS2公式
  • 9662view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

cotone公式

好きなこといっぱい。

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。