シンプルかわいい#置き画、始めました。初心者向け「映える」背景セレクト講座

写真音痴の私には、#置き画って、インスタ映えって難しい。そんな映え写真初心者さん向けに、#置き画におすすめな背景の選び方・つくり方をご紹介します。キーワードは「白」、「大理石」、「新聞」、「色味」。+αのレイヤードテクニックも伝授します。シンプルかわいい、みんなから愛される#置き画にチャレンジしましょう。

写真音痴に、#置き画は難しいのだ

写真音痴に、#置き画は難しいのだ

出典: unsplash.com

インスタ映えって、難しすぎる。
#置き画って、奥が深すぎる。

写真音痴の私でも、憧れのインスタグラマーみたいな物撮りができるようになりますか?

背景選びから、#置き画を少しずつ学ぶ

背景選びから、#置き画を少しずつ学ぶ

この記事は、そんな映え写真初心者さんでも安心のレクチャー。#置き画の基本のキである「背景」の選び方にフォーカスして、お洒落なフィードづくりをサポートしていきます。

筆者と一緒に、シンプルかわいい#置き画マスターへの第一歩を踏み出してみませんか?

○:清潔感のある『白』の圧倒的支持率!

○:清潔感のある『白』の圧倒的支持率!

実際に#置き画投稿を検索してみると、やはり圧倒的に背景の白い写真が多数!下に白い布を敷いて、撮影しているパターンです。

すっきりと清潔感があって、映えさせたいアイテムを際立たせてくれる白い背景はやはりマストですね。

HINT ▷▷ シーツやティッシュで簡単に

HINT ▷▷ シーツやティッシュで簡単に

出典: pixabay.com

白い布をわざわざ買ってまで用意するのはちょっと…という人も大丈夫。おうちにあるベッドシーツやティッシュペーパーの上にアイテムを広げれば、簡単に白い背景をつくることができますよ。

ベッドシーツを利用するときは、写真のようにあえてくしゃっとさせてもお洒落。ティッシュペーパーの場合はシワにならないように、綺麗に広げて撮影するとすっきりします。

HINT ▷▷ 布の質感で周りと差をつける

HINT ▷▷ 布の質感で周りと差をつける

出典: shutterstock

使用率の高い定番人気の白い背景には、他の人たちの写真に埋もれてしまうという難点も。ベーシックな白背景でも、少し周りに差をつけたい!という人は、布の質感にこだわってみましょう。

たとえば、もこもことした素材のタオルや、編み目のお洒落な白ニットを背景に活用してみたり。

○:高級感の出る『大理石』もおすすめ!

○:高級感の出る『大理石』もおすすめ!

出典: shutterstock

アイテムを置くだけで大人っぽい雰囲気になる『大理石』を背景にすると、高級感のある印象に。

とくに、コスメや革小物、時計などとの相性がバツグンです。

HINT ▷▷ 物撮りシートを活用しよう

HINT ▷▷ 物撮りシートを活用しよう

『白』背景とは違って、さすがに大理石が身の回りにある、という人は多くないはず。そんなときは、インスタ映え写真を撮るのにぴったりなシートを使ってみてください。

最近では、写真の背景用シートが雑誌の付録についてきたり、専用のムックが販売されていたりするんですよ。

Flatlay Sheet(フラットレイシート)

商品

Flatlay Sheet(フラットレイシート)

¥540

大理石を含む、22柄32枚の背景用シートセット。インスタ映え写真はもちろん、フリマアプリに出品するときの写真撮影などにも活用できちゃいます。

○:こなれ感重視なら『新聞』を敷いて!

○:こなれ感重視なら『新聞』を敷いて!

あたたかみがあってこなれ感のある印象になる背景が、『新聞』。外国の新聞がおすすめですが、日本国内の古新聞で新開地を開拓してみてもいいかもしれませんね。

新聞を広げるだけで、ちょっと充実した生活感が出るのもいいところ。

ニュースペーパージャーナル 10枚入り

楽天市場

商品

ニュースペーパージャーナル 10枚入り

¥150

本物の新聞紙に印刷された、英字新聞風の包装紙。#置き画だけじゃなく、ラッピングやディスプレイにも使えそうです。

○:色味のある布で、個性をアピール!

○:色味のある布で、個性をアピール!

白や大理石、新聞紙などの定番背景に慣れてきたら、色味のある背景にトライしてみる?柄物よりは、単色のものを選ぶのが、シンプルかわいくキマるコツです。

投稿の背景を自分の好きな色で統一してみたら、どんどん個性溢れるアカウントになっていきそうですね。

HINT ▷▷ 服やインテリアが役に立つ

HINT ▷▷ 服やインテリアが役に立つ

お気に入りのワンピースに、クローゼットの奥底に眠っていたあの服。テーブルクロス、ペーパーナプキン、余りの手芸レースまで…ありとあらゆるものが、いい感じの背景になる可能性を秘めています。

色々コーディネートしてみて、オリジナルな背景を考えるのもきっと楽しいですよ。

+αテク →○○をレイヤード

① 自然光をレイヤード

① 自然光をレイヤード

アイテムを置く背景を選んだあと、もう少し+αの要素が欲しいならこんなものをレイヤードしてみて。それはたとえば、「自然光」。

自撮りは自然光が一番映える、なんてよくいいますが、#置き画も同様。光と影が織り成すニュアンスが、ぐっと大人っぽさをプラスしてくれますよ。

② お花をレイヤード

② お花をレイヤード

撮りたいアイテムだけじゃなんだか寂しい、背景の余白が気になる…という人は、「お花」をそっと添えてみるのはどう?

人気のドライフラワーはもちろんですが、生花を添えても鮮やかで美しく映えてくれそう。

ドライフラワー ブーケ スワッグ Sサイズ(パープル)

商品

ドライフラワー ブーケ スワッグ Sサイズ(パープル)

¥1,700

パープルが落ち着いた雰囲気を漂わす、自然な雰囲気のミニドライフラワーブーケ。自然素材を使い、手作業で作られているんだとか。

#置き画で映える第一歩は、背景にあり

#置き画で映える第一歩は、背景にあり

出典: lipscosme.com

インスタ映えに欠かせない置き画は、第一に背景選び。求める雰囲気や好みに合わせて、アイテムが映える背景づくりにこだわってみましょう。

今日から私、シンプルかわいい#置き画、始めます。

Instagramで今話題の#置き画倶楽部というハッシュタグはご存知ですか?今お洒落さんの間で親しまれているのが「置き画」です。今回は置き画センス抜群の4人のインスタグラマーさんをご紹介。たくさんのお洒落な置き画とともに様々な視点から置き画を分析しちゃいます!置き画上手になりたい女の子集まれ〜♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。