今さらですが、教えてください!2つ星を獲得したココナッツオイルの特長&レシピ

「食のオスカー」と呼ばれる美食の国際大会で、日本の企業のココナッツオイルが2つ星を獲得。以前ブームになったココナッツオイルですが、実際何が良いのかよく知らない…という方も多いはず。実はココナッツオイルには、3つの嬉しい特長があったんです。カロリーを抑えるご飯の炊き方や、お菓子の簡単レシピも併せてご紹介します。

祝!2つ星獲得

祝!2つ星獲得

2018年8月に「食のオスカー」と呼ばれる美食の国際大会『グレイトテイストアワード(GREAT TASTE AWARDS)』で、日本の企業が製造・販売しているココナッツオイルが、オイル部門で初の2つ星を獲得しました。

「グレイトテイストアワード」の評価基準は味を一番重要と設定していて、最も高いものから3つ星、2つ星、1つ星と評価しています。

ブラウンシュガーファースト(BROWN SUGAR 1ST.)が製造・販売している「有機エキストラバージンココナッツオイル」が、“食のオスカー”と呼ばれる美食の国際大会「グレイトテイストアワード(GREAT TASTE AWARDS)」(主催:英国高級食品小売業組合)で、2つ星を獲得した。オイル部門においては、「有機エキストラバージンココナッツオイル」が日本企業として初受賞となる。

出典:www.wwdjapan.com

ブームは過ぎ去った?

ブームは過ぎ去った?

出典: unsplash.com

ココナッツオイルがブームになった頃は、ココナッツオイルを使ったレシピやダイエット法などがよく取り上げられていましたが、最近はあまり見かけなくなったような気がしますよね。

結局このココナッツオイルを使ったダイエットって、どんな効果があるんでしょうか…。

今さらですが、教えてください!

今さらですが、教えてください!

ブームになっていたココナッツオイルですが、耳にしたことはあっても意外とよく知らないという方も多いはず。

そんなココナッツオイル初心者の方のために、今さらながら知りたかったココナッツオイルについてまとめてみました。
日本の企業が作った安心・安全のココナッツオイルをお供に、早速Tryしてみましょう。

▽ココナッツオイルって何が良いの?

▽ココナッツオイルって何が良いの?

出典: unsplash.com

そもそもココナッツオイルとは、ココヤシの木の実を原料としています。
日の光をたっぷり浴びて育つココヤシから摂れるココナッツオイルは、オリーブオイル以上に酸化しにくいといわれています。

甘くて南国感のある香りが特長で、いろんな食事や食材との相性が良いことが人気の理由なんだとか。

①体脂肪になりにくい

①体脂肪になりにくい

出典: unsplash.com

ココナッツオイルは、普通の油と比べるとカロリーの量はほとんど大差ありません。

ですが、中鎖脂肪酸を多く含むので肝臓で効率よく分解されてエネルギーになりやすいそう。
ただし油にはかわりはないので、とり過ぎは禁物です。

ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)」という天然成分を多く含んでいます。この中鎖脂肪酸は食べた後にも脂肪組織にならずに、肝臓で効率よく分解されてエネルギーになる性質を持っています。吸収力は普通の油の約4倍、代謝速度は約10倍とも言われ、理屈的には体脂肪として貯まらない油だということになります。

出典:allabout.co.jp

②便秘解消になる

②便秘解消になる

さらに、ココナッツオイルには便秘解消を促す効果も。

もちろん油なので過剰摂取は危険ですが、便秘に悩む方は普段の油をココナッツオイルに置き換えてみると良いかもしれません。

ココナッツオイルは、腸の中に溜まっている汚れを除去し、小腸が正常に働く手助けをしてくれるといわれています。

出典:www.bibeaute.com

③保湿にも使える

③保湿にも使える

ココナッツオイルは浸透性に優れていて、肌にぐんぐん浸透します。

こちらも大量に使うのはオススメできませんが、洗顔後や入浴後に顔や全身に塗って使うと良いそう。

洗顔後は、化粧水の前にココナッツオイルを顔全体に塗ることで(小さじ1程度)、お肌が柔らかくなり、化粧水の浸透がスムーズになります。
また、むだ毛処理の際にクリームやオイルの代わりに活用、さらに、処理後の保湿ケアとしてもオススメです。

出典:allabout.co.jp

▽受賞したココナッツオイルって?

▽受賞したココナッツオイルって?

今回2つ星を受賞したのは「ブラウンシュガーファースト」の有機エキストラバージンココナッツオイル。

香りがマイルドで美味しいと評判で、発売から5年以上経った今も多くのリピーターさんに愛されています。
トランス脂肪酸やコレステロールを一切含まないので、ダイエット中の方にぴったり。

収穫したばかりの新鮮なココナッツのフレッシュな胚乳のみを贅沢に使い、遠心分離(非加熱)でオイルを抽出。まろやかで優しい風味とスムースな舌触りが特長です。

出典:bs1stonline.com

オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

商品

オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

¥1,698

普段の料理やお菓子作りにも活躍してくれるココナッツオイルは、一度試す価値アリ。
優しい味わいと甘い香りで、コーヒーやパンとの相性も抜群です。

▽ココナッツオイルを使ったレシピ

→お米を炊くときに

→お米を炊くときに

なんと、お米を炊くときにココナッツオイルを加えると、カロリーが下がるという報告が。
ココナッツオイルを加えて炊くことで、小腸で吸収されにくい食物繊維のような炭水化物に変わるので、お米を食べても太りにくくなるそう。

American Chemical Society(ACS)の国際会議で発表されたものなので、試してみる価値はありそうですね。

調理の過程でココナッツオイルに含まれる脂質がお米のでんぷん質に入り込み、でんぷんの成分に変化をもたらす結果、消化されにくいでんぷん(レジスタントスターチ)に変わることが分かった、というのが報道の内容です。

出典:allabout.co.jp

→お菓子作りに

バター不使用 サクッサク!ココナッツオイルクッキー

楽天レシピ:「バター不使用 サクッサク!ココナッツオイルクッキー」より

バターの代わりとして、ココナッツオイルを電子レンジで溶かして使います。

薄力粉と卵、砂糖、ココナッツオイルの4つの材料があれば簡単に作れるので、お菓子作り初心者さんにもオススメのレシピです。

※アレルギーに注意して材料を選んでつくりましょう。

レシピはこちら
乳製品不使用★ココナッツオイルのパウンドケーキ

楽天レシピ:「乳製品不使用★ココナッツオイルのパウンドケーキ」より

ココナッツオイルの甘い香りが存分に味わえる、シンプルなパウンドケーキ。

乳製品を使っていないので、アレルギーがある方も安心して食べられます。

レシピはこちら

→普段の食卓に

秋野菜の簡単グリーンベジカレー

楽天レシピ:「秋野菜の簡単グリーンベジカレー」より

お肉を使わずに、野菜をたっぷり楽しめるグリーンカレーのレシピです。
ココナッツオイルの他にも、ココナッツシュガーや玄米を使っているのでさらにヘルシーな仕上がりに。

彩りも良いので、友達が来たときのおもてなしにも◎の料理ですね。

レシピはこちら
【ココナッツオイル】鶏肉とれんこんのごま味噌炒め

楽天レシピ:「【ココナッツオイル】鶏肉とれんこんのごま味噌炒め」より

ココナッツオイルで炒めた鶏肉とれんこんは、ごま味噌味で香りとコクをプラス。

最後にはちみつを絡めることで、子供も美味しく食べられる味になりそうです。

レシピはこちら

毎日に取り入れてみる?

毎日に取り入れてみる?

出典: unsplash.com

普段の油をココナッツオイルに置き換えるだけなら、簡単にできるかも。

いろいろ使えるココナッツオイル、ブームが去ったからといって見逃しておくわけにはいきません!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

オイル=ベタつき?テカリ?期待を超えてく、フェイスオイルが今日から私の相棒デス

オイル=ベタつき?テカリ?期待を超えてく、フェイスオイルが今日から私の相棒デス

  • だいふく公式
  • 12956view
ちゅるるんリップになりたいの〜♡ガラスみたいな唇はリップオイルで叶えるの

ちゅるるんリップになりたいの〜♡ガラスみたいな唇はリップオイルで叶えるの

  • vanillank公式
  • 46442view
ダイエットの敵だと思いがち?太りにくいオイルを取り入れて、痩せボディになる!

ダイエットの敵だと思いがち?太りにくいオイルを取り入れて、痩せボディになる!

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 3486view
○○オイルの違いって?美容オイルの特徴と効果的な使い方についてまとめました

○○オイルの違いって?美容オイルの特徴と効果的な使い方についてまとめました

  • yoppi公式
  • 7781view
朝のオイルは“油焼け”してしまう?ぴかぴか美肌に導くための正しいオイル美容

朝のオイルは“油焼け”してしまう?ぴかぴか美肌に導くための正しいオイル美容

  • hr公式
  • 22807view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

sayamaru公式

普通が一番むずかしい?

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。