寒くて何着ればいいかわからない…。なんて言わせない!気温別コーデアイテム

季節の変わり目って服のコーディネートがすごく難しいですよね。雨も降って急に寒くなって…天気は確認しているけど、何を着たら良いかよくわからない!そんな時に参考になる「気温別コーディネート」をご紹介します。毎朝気温をチェックしたらコーデアイテムを狭められるんです。コーデの悩みが減って支度も速くなって一石二鳥♡

ちょっと寒いね

ちょっと寒いね

季節の変わり目って本当に何を着るべきか迷う。
毎日天気予報も見ているし、寒いのはわかっているけど…
何を着たら寒くないんだろう。
そういう時に参考になる筆者的気温別コーデアイテムをまとめてみました。
一緒に季節感溢れるアイテムを選んでみませんか?

22℃〜20℃

22℃〜20℃

寒いようで寒くないような気温。
ちょっと寒いけど、お昼は暑いかも。
朝と夜の気温差が大きい時に使えるアイテムは、
長袖のトップス、薄いカーディガンとジャケット、そしてデニム。

出典: www.beepsheepshamp.com

長袖のトップスは、薄いカーディガンやジャケット、オーバーサイズのシャツとも合わせられる万能アイテム。
朝家から出る時も、電車に乗った時もこのコーデなら寒くないし暑くないです。
デニムやスラックスなどの長ズボンにはニット素材の靴下がオススメ。
秋らしい季節感も出て、足元が暖かいから寒いって思うこともなくなる!

お昼暑いかもって思う時は半袖を活用してみましょう。
まだ夏服に未練が残っているなら、この時期がラストチャンス。
朝と夜が寒くなりそうな時は軽いアウターを持って行くと◎
スカートもまだタイツ無しで穿けるから、軽い服装が楽しめるんです。

チェックマキシガウン

ZOZOTOWN

商品

チェックマキシガウン

¥12,100

マキシ丈のシャツは、ベルトを使うとワンピースのように、ボタンを全部開けてアウターのようにも活用できるアイテム。
ニットカーディガンよりは薄くて軽いから昼は暑くて、夜は寒い気温差がある時期にぴったり。

19℃〜17℃

19℃〜17℃

19℃〜17℃程の気温は「秋」が感じられる。
この時に使えるのは秋服を考えた時に浮かぶものたち。
コーデュロイのアイテム、スウェットシャツ、ニットとニットカーディガン、ライダースジャケット、そして軽い素材のトレンチコート。
このくらいの気温になってからはファーなどが付いていてまだ使う気分になれなかったアイテムも使えるから、冬アイテムも少しずつ活用できます。

少し暑くて着られなかったスウェットシャツをON。
スウェットシャツは、どんなボトムスでも合わせられるアイテム。
特に白、黒、ネイビーとグレーは秋冬のシーズン持っておくとたくさん着まわしできますよ。

出典: jp.stylenanda.com

20℃以下になり始めた頃からは秋の主人公、ニットカーディガンの出番。
ニット素材は特有の女の子らしさと柔らかさがある。
中に薄い長袖のトップスを着れば、学校やオフィスなど暖かい所に入った時すぐに脱げるのがありがたい。
デニムや黒のスキニーと合わせると可愛いカジュアルに。
花柄やフリルブラウスとコーデするのもすごくキュート。
秋ガールってすぐにわかるコーデ。
単品で着るのは難しかった柄物のスカートやワンピースも、
ニットカーディガンとコーデすると可愛い♡
秋ガールらしいコーデが楽しめる。

Wパフスリーブニットカーディガン

ZOZOTOWN

商品

Wパフスリーブニットカーディガン

¥9,878

ロング丈のカーディガンは、少し寒くなっていく時期たくさんお世話になるアイテム。
パンツと合わせるとかっこいいコーデに、ワンピースと合わせるとラブリーなコーデができます。
袖にリボンやフリルなどのディテールが入ったものを選ぶとシンプルなコーデにもポイントになってトレンド感を足してくれます。

16℃〜12℃

16℃〜12℃

秋でも雨が降ったり、冬になりかけている時くらいの気温。
この時に使えるのは、冬にも使えそうなジャケット、トレンチコート、そしてMA-1。
ワンピースやスカートなど脚が見えるものを着る時はタイツをON。
ニット素材のシューズやブーツも使えるから、秋要素を残しつつ冬服に変えていくのがオススメ。

素材がしっかりしているトレンチコートは秋の始まりから終わりまでずっと仲良くできる。
中にニットなどを着込めるデザインを選ぶと◎
家にあるけど、まだ着る季節じゃないと思っていたなら、
もっと遅くなる前に出番を作ってあげましょう。

出典: jp.stylenanda.com

ミリタリージャケットは、寒くなっていく気温の中で重くないコーデを完成させてくれる。
裏起毛のトップスとコーデすると暖かくてお洒落なコーデができますよ。
眠っていた冬用のジャケットにも手を出してみましょう。
まだ着れなさそうって思ってた冬服も着てみると丁度良い♡

ダブルトレンチコート

ZOZOTOWN

商品

ダブルトレンチコート

¥15,984

トレンチコートは、ゆったりとしたフィットを選ぶと中に厚めのニットやスウェットシャツなどもコーデできるのがありがたい。
どのようにコーデするかによって印象が変わるから様々なイメージのコーデが楽しめます。
綺麗めに着たい時はベルトを使ってウエストを強調させると◎

11℃〜9℃

11℃〜9℃

着込みスキルを発揮すべき気温。
冬物の出番です!
コートから裏起毛のスウェットシャツ、レギンス、ニットスカート、ニットレギンス、ロングブーツまで全てすぐに使えます。
ニット素材や裏起毛のレギンスは、寒くてもスカートやワンピースは諦められない時に役立つアイテム。
それでも足りない時はロングブーツを履きましょう。

11℃〜9℃は、コーデュロイやニット、裏起毛などのパンツやスカートが大活躍する気温です。
クローゼットに秋服しかなかったなら、冬服を足しましょう。
ニットやスウェットシャツの下にシャツをレイヤードするのも◎
秋から冬にかけて使うアイテム、全て使えます。
コートの中にジャケットを着る、パンツの下にレギンスを履くなど着込みスキルを発揮しましょう。

寒さ対策に必要なのは、ヒートテック。
もう冬の気温だから、裏起毛のヒートテックもON。
ヒートテックは薄着したい時、お洒落したい時とても役立つんです。
ヒートテック素材のタイツや下着も寒さから体を守るのに最適!

今日も、丁度良い暖かさ。

今日も、丁度良い暖かさ。

寒いのはわかっているけれど、どれ程寒いのかわからない。
朝頑張って決めたコーデが寒くて嫌になるのは悲しいから、悩む時は気温別アイテムをチェック。
気温差が激しい時は、最低気温にフォーカスしてアウターなどを持ち歩きましょう。
寒がりだったり、暑がりだったりそれぞれ感じる気温は違うかもしれないけれど、
暖かくて可愛いコーデで風邪を引かないようにしてみましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。