ゆきんちゃんっ。ゆきんちゃんっ。

普段どっちが、どれくらい払ってる?カップルの、気になる奢り奢られ事情を調査!

彼氏とのデート代は、割り勘ですか?それともどちらかが奢っていますか?この記事では、デート代の奢り事情に関するカップルの色々な声やオススメのスポット、アイテムをご紹介しています。お金のことで彼氏への不満を募らせることなく、デートをお互い楽しんで円満な関係を長続きさせましょう。

更新 2018.10.15 公開日 2018.10.15
目次 もっと見る

奢るべきか、割るべきか、奢られるべきか

大好きな彼氏とのデート。
とっても幸せな時間だけど、とある瞬間だけ突然、心理戦とお財布との相談が始まってなんだか落ち着かないんです。

それは、お会計の瞬間。
彼が払うの?私が払うの?二人で払うの?って、迷っちゃうんです。

この記事では、デート代の奢り事情に関するカップルの色々な声やオススメのスポット、アイテムをご紹介しています。

関係をギスギスさせてしまいやすいお金のことは、お互い納得のいく形をとることが大切ですよ。

カップルの奢り奢られ事情

男性に奢られる派

「デート代は男性が奢るべき(もしくは多く出すべき)」と思っている女性もいるでしょう。
この場合注意すべきは、‘男性にとって苦痛になっていないか’ということです。

女子は男子にリードしてもらいたいと考える人が多いから、つい「デート代も彼がスマートに支払ってほしい」と思ってしまうけれど、もしも彼が「本当はツライ…」と思っているならば、今後のお付き合いにも影響してしまうかも!

出典 zexy.net

「彼女を喜ばせたいから、自らすすんで奢りたい」という方もいれば、「そうじゃなきゃ彼女が嫌がりそうだから、仕方なく奢っているんだ」という方もいるはずなんです。

彼の本音をしっかり知ること、そして奢ってくれる彼に誠意をもって感謝を述べる必要がありますね。

1位:奢るけど、奢られるのが当たり前と思うなよ(56%)
2位:もちろん、女の子には奢りたい(40%)
3位:できればワリカン希望(4%)
4位:自分の分は自分で払え(0%)

出典 buutiful.jp

*▷せめて、財布はカバンから出そうよ*

奢ってもらう時の態度次第で、彼をイラッとさせてしまうかもしれません。
せめてカバンから財布を取り出し、自分もお金を払おうとはしてほしいもの。
何もせず平然として、奢ってもらって当たり前という態度をとるのだけはやめましょう。

ハートメタルウォレット 814032

¥3,780

シンプルさの中にハートマークで可愛さがプラスされている財布。
コンパクトでもち運びにも便利です。

フリーダ ミニ財布

¥6,912

大人可愛い財布で上品な印象に。
リボンが可愛い、ディティールにもこだわりを感じるデザインです。

割り勘派

「自分の分は自分で出そう」という考え方から、割り勘が多くなっている方もいるでしょう。

平等さがあれば、お互いの不満も溜まっていきづらいかもしれませんね。

・「自分のものは自分で払うのは当たり前だし、そもそも先輩後輩などの上下関係がないから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の分は自分で払うのがあたりまえだと思う」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

出典 woman.mynavi.jp

自分と彼氏との間で、上下関係や優劣関係を作りたくないと考えている場合は、割り勘がオススメ。

しかし彼はあなたに良いところを見せたいと思っているかもしれないので、別の場面で彼を引き立てたり、褒めてあげたりするのを忘れずに。

男性に奢る派

男性に、あなたが奢っているという方。
自分の方が金銭的に余裕があったり、彼に尽くしたいと強く思ったりしている方が多いのではないでしょうか?

とはいえ、その回数や金額が重なってしまうとあなた自身の首を絞めることになります。

自分でお金を払うからこそ、その回数はもちろん、奢ってでも行きたいと思える場所に足を運びましょう。

*▷オススメしたくなる、美味しいお店を*

こちらは新宿にある『七色てまりうた』という個室風居酒屋。
個室がてまりのように並んでいて、遊び心を感じますよね。

色が鮮やかでインスタ映えしそうな、美味しそうな料理に出合えます。
個室で彼との密室空間を楽しみながら、美味しい和食とお酒を楽しみませんか?

ケースバイケース派

時と場合によってどうするか決めている、というカップルもいるでしょう。

例えば自分の誕生日は彼に奢ってもらったり、彼が何かを頑張った後には、ご褒美として自分が奢ってあげたり…など。

「特別な日はおごってもらったりするけど、お互い収入が高いわけでもないからいいと思う」(29歳女性/建設・土木/事務系専門職)

出典 woman.mynavi.jp

彼にとっての特別な日には奢ってあげる、そして自分にとっての特別な日には彼に奢ってもらう、というのはお互いにとって良いやり方になるでしょう。

普段は割り勘にしていれば、‘特別な日だから、普段は奢ってもらっていないけれど奢ってもらえる’という特別感が増して、幸せな気持ちになれそうです。

いつだって円満でいたいもの

大好きな彼のことを、お金のことで嫌いになるなんて、もったいない話でしょう?
いつだって円満カップルでいたいからこそ、どうすれば良いのか自分たちで考えてみませんか?

spacer

RELATED