大人になったボクの、ほろ苦い青春だね。‘コーヒーと何か’に出合える喫茶店

この記事では、全国(千葉県、東京都、愛知県、京都府、大阪府、長崎県)にある、コーヒーと○○に出合える喫茶店をご紹介しています。喫茶店巡りが好きな方は必見です。ほろ苦くて深みのあるコーヒーと一緒に、大人の青春を謳歌しませんか?新しい発見と美味しいコーヒーで、心を潤しましょう。

青春は、ほろ苦い

青春は、ほろ苦い

「青春なんて、ちっとも味がしないじゃないか」なんて思っていたし、目まぐるしく動く毎日について行くのが必死だった10代のあの頃。
今振り返ればそんな日々は決して無味なものではなく、酸いも甘いも詰め込まれていた、でも少しほろ苦い日々だったように感じている。

気付くのが遅かった。
もっと早くこのほろ苦さに気付いていれば、あの子に迷いなく告白していただろうに。
勇気を出して下校に誘ったのに。
後悔ばかりで、切ない気持ち。

大人になってしまった今だからこそ、もう一度ほろ苦い青春の中に飛び込みたいと切望してしまう。
でも時間は戻ってこないという分かり切った真実に抗えず、情けない気持ちになる。

大人になったボクに、ほろ苦い青春なんて、もうやって来ないのだろうか。

大人になった僕を、青い春へと誘うお店は

コーヒープラザ 壹番館@千葉県

コーヒープラザ 壹番館@千葉県

千葉県の柏にある『コーヒープラザ 壹番館』。
昔コーヒーが飲めなかった頃、背伸びして飛び込んだ喫茶店。

ボクがコーヒー嫌いを克服できたのは、このコーヒーフロートのおかげだった。
このコーヒーフロートが無かったら、ボクはコーヒーというほろ苦い青春の味に出合えていなかっただろう。

コーヒーフロートももちろん好きだけれど、このお店の良さはそれだけじゃない。
フルーツやクリームなどがてんこ盛りになったデザートを食べるこの時間も、大好きなもの。
古き良きこのレトロな喫茶店にある洋風のスイーツは、食べるだけでどこか懐かしい気持ちにさせてくれる。

詳しくはこちら

ワンモア@東京

ワンモア@東京

東京都の平井にある『ワンモア』。
純喫茶ならではの、こぢんまりとした素朴なお店の外観がボクの好み。

ボクは、ここでモーニングをいただくのが大好きだ。
朝から落ち着いた時間を過ごせるなんて、なんて贅沢で幸せなんだろう。
休日の朝はここで深みのあるコーヒーを飲み、今日は何をしようか、どこに行こうか、と一人でワクワクしながら考えている。

そしてここで出合えるコーヒーと一緒に食べるフレンチトーストの味は、本当に至福なもの。
大胆にのせられた輪切りのレモンが特徴。
酸っぱくて甘いこのフレンチトーストを、ほろ苦くて深みのあるコーヒーと共に味わう。
あぁ、これを青春と呼べるのではないだろうか?

詳しくはこちら

パスカル青山@愛知

パスカル青山@愛知

愛知県の名古屋にある『パスカル青山(せいざん)』。
真っ白で丸っこいフォルムのレトロなカップに入れられたコーヒーは何だか美しくて、思わず見惚れてしまう。

何より、緑色を基調にまとめられたユニークなお店の内観がお洒落だと思う。
純喫茶に多い無地のソファまでも、緑色で統一されている。まるで昭和時代のアニメの世界にタイムスリップしたかのような心地。
いつまでもこの優しくて独創的な緑色に、包まれてたいと思ってしまったよ。

詳しくはこちら

喫茶ソワレ@京都

喫茶ソワレ@京都

京都府の四条にある『喫茶 ソワレ』。祇園や鴨川も近いので、観光がてらサクッと寄れるのも嬉しいポイント。
インスタ映えスポットとして注目を集めているお店だけど、ボクは大学時代を京都で過ごした母に聞いてこのお店を知った。

母曰く「今や若い女の子たちがこぞって集まっているけれど、昔のソワレは何だか格式高い気がして、若かった自分は入るのにひるんでいた」と。
そしてもう一つ「背伸びして勇気を出して、初めて入った時に飲んだコーヒーの味は、何故かずっと覚えてるのよね。何十年も前なのに」と。

ここのコーヒーの味には昔ながらのこだわりが詰まっていて、美味しい。
でもボクにはキラキと宝石のように輝くこのゼリーポンチも欠かせない。きっと沢山の女の子がここに来る目的も、きっとこのゼリーポンチなのだろう。

吸い込まれそうになるくらい美しいこの色は、あの頃の、青春と自覚していなかった青春時代のボクのように眩しい。

味の種類も豊富なクリームソーダのグラスには、お洒落なデザインが施されている。
このグラス、どうやら950円で買うことが出来るみたい。
お会計の時に買って、母にプレゼントしようかと思う。一緒にソワレの良さに魅了されるなんて、本当にボク達は親子だよなぁ。

詳しくはこちら

喫茶アオツキ@大阪

喫茶アオツキ@大阪

大阪府の北堀江にある『喫茶 アオツキ』。
青色が昔から好きなボクだから、単純に名前に惹かれて入ったのだけど、想像以上にボクの好きな世界が広がっていた。
コーヒー片手にその世界を眺めている時間は、心満たされる至福のひとときだ。

コーヒーと、看板メニューであるホットケーキと、美しい青いクリームソーダ。そうそう、この並びがボクの大好きな組み合わせ。幸せと幸せと幸せが、共存している。
青い世界に包まれながら、たまにはこんな豪華なおやつもアリでしょう。

青い壁はインスタ映えもするみたいで、最近ではよくInstagramでこのアングルの写真も見かける。
確かに、甘さと青さが詰め込まれたこの美しい一枚は、写真に収めておきたくなるよ。

詳しくはこちら

喫茶店ルパン@長崎

喫茶店ルパン@長崎

長崎県の桜町にある『喫茶店ルパン』。
以前芸能人が来ていたらしく、どうやら人気が出てきているみたい。
でもボクは、このしっかりした味のコーヒーとノスタルジックなお店の雰囲気が大好きで、独り占めしたくなるくらい素敵な空間だと感じている。

あどけなくピンク色に輝くストロベリー味のクリームソーダは、ルパンでしか出合えない。
7年前の初恋も、こんな色をしていたのかな?なんて考えると恥ずかしくもなってくるけど、このクリームソーダは初恋がとっくの昔に終わった今でも美味しく感じる。

詳しくはこちら

コーヒーと、大人のボク、そして

コーヒーと、大人のボク、そして

青春は、ほろ苦さと、素敵な出会いで出来ている。
これがきっと、大人のボクの青春だ。
今しかない儚いこの瞬間を、今更ながら謳歌させてくれないか。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

さあ、コーヒー片手にパシャリ。美味しい&写真写り◎なコーヒーはここにあり

さあ、コーヒー片手にパシャリ。美味しい&写真写り◎なコーヒーはここにあり

  • sasamichan公式
  • 13227view
あのコーヒーマニアは持っている。コーヒーショップ“グッズ”をgetして

あのコーヒーマニアは持っている。コーヒーショップ“グッズ”をgetして

  • ゆかりん公式
  • 38055view
いつまでたってもコーヒーが飲めません(涙)!コーヒー克服のための4Lesson

いつまでたってもコーヒーが飲めません(涙)!コーヒー克服のための4Lesson

  • ぽちゃっこ公式
  • 13322view
その日の気分をコーヒーでコーディネートしてみて。意外と知らないコーヒーの種類

その日の気分をコーヒーでコーディネートしてみて。意外と知らないコーヒーの種類

  • lumiukko公式
  • 2352view
コーヒーを、ファッションにも取り入れる時代?全国のアパレルを販売するコーヒー店

コーヒーを、ファッションにも取り入れる時代?全国のアパレルを販売するコーヒー店

  • hota公式
  • 14029view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

ゆきんちゃん。公式

何でも書いちゃる。

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。