ワンピース着回しコーデ16選♡秋冬ものから定番の花柄・黒ワンピまでご紹介

1枚でさらっと着られるワンピース。コーディネートに困った時に便利ですが、その分着回しに悩みますよね。でも、秋冬はレイヤードするなど着回しが利くんです。ここでは合わせたいアイテム別、花柄と黒ワンピに着目してコーディネートを紹介しています。

また同じ格好…

また同じ格好…

1枚でキマるから便利だけど、いつも同じ格好に見えてないか心配なワンピーススタイル。
着ている本人も気分がマンネリ化しちゃいますよね。

そんなワンピースのコーデ術を学んで、「いつも同じ」から脱却しましょう。

秋冬に合わせたい!脱マンネリコーデ

秋冬に合わせたい!脱マンネリコーデ

まずはどんなワンピースでもできる、秋冬仕様のコーディネートをご紹介します。
合わせるアイテムによって印象もガラリと変えることができるので、ワンピースだけでもコーデの幅が広がりますよ。

アイテムで小ワザを利かせて

アイテムで小ワザを利かせて

ベロア生地のグリーンのワンピース。
グリーンは2018年AWのトレンドカラーでもあります。
そんな存在感抜群なアイテムも、小物で印象をチェンジしてみて。
首に巻いたスカーフと足元のブーツがスパイスになっていつもとは一味違うオシャレ上級者になれちゃいます。

秋になると着たくなるベロア素材のコーディネート、おすすめアイテムをまとめました。上品なプリーツスカート、カジュアルなワイドパンツ、セクシーなワンピース、ストリートなプルオーバーのおしゃれな着こなしと、あわせたらもっと可愛くなれそうなファッションアイテムもご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ハイネックを合わせれば一気に秋冬に

ハイネックを合わせれば一気に秋冬に

フリフリのタートルネックがこなれ感を出してくれるコーディネート。
アウターで秋冬感を出すだけでなく、インナーに季節感を取り入れてもバッチリおしゃれになります。

地面に引きずってしまいそうなくらいのロング丈ワンピース。そのまま着てみたり、タートルネックを重ね着したり、ベルトでウエストマークしてみたり、下にパンツやスカートを合わせてみたり、ワンピースにも着方が色々。ズルズルっとしたサイズ感に美学を感じる、そんなお洒落なロングワンピースを集めました。

ファージャケットで脱力感を

ファージャケットで脱力感を

ドットのワンピースとモコモコのジャケットで、ザ・女の子なコーディネートに。
ガーリーだけど、スニーカーを合わせると甘くなりすぎず、スッキリして見えます。
全体で使っている色を抑えるのもポイントかも。

買い物に行くと、同じ柄や素材、色のものを手に取ってしまうなんてこと、ありませんか?今回は、お洒落さんがつい手に取ってしまう柄や素材をご紹介。ドット柄、チェック柄、コットン、リネン。あなたはどれを手に取ってしまいがちですか?今回はそんな偏愛アイテムのコーディネートや今すぐ買える偏愛アイテムをご紹介します。

スカートでガーリーにレイヤード

スカートでガーリーにレイヤード

レギンスやパンツは合わせがちだけど、スカートはなかなか思いつかなかったのでは?
赤の靴下がアクセントになって、ゆるっとカジュアルながらガーリーなスタイルです。
アップヘアにしたら縦のラインを強調しすぎず、メリハリのある印象に。

ちょっぴり肩の力を抜いたラフなおしゃれに憧れます。そんなあなたには一枚でリラクシーな装いが完成するスウェットワンピースがオススメ。短めの丈ならスポーティーでキュート、長めの丈なら大人っぽいゆるっと余裕のある着こなしに。一枚でのコーデを楽しんだ後はプリーツスカートなどのボトムスと合わせればコーディネートは無限大です。

Gジャンでカジュアルに

Gジャンでカジュアルに

困った時に頼りたいGジャンなら、これ1つで安心の定番スタイルに。
襟を抜いて着こなせばこなれ感が出るのでオススメです。

春が近づいてきてお洋服選びも楽しくなってきたこの頃…。春はいつもより女の子らしいファッションにチェレンジしてみたいと考えているけど、普段パンツばっかりでいきなりガーリなのは抵抗あると思っている方必見!頑張りすぎずに自分らしくワンピースにチャレンジしてみませんか?

基本の花柄ワンピも秋冬仕様に

基本の花柄ワンピも秋冬仕様に

春夏のイメージが強い花柄。
小物やアウターの色で季節感を出せば、実はオールシーズン使い回せる優れものです。

ブルゾンで暖かく

ブルゾンで暖かく

繊細なプリーツが可愛らしい花柄のワンピースには大きめのブルゾンを合わせてみて。
甘辛のバランスが絶妙な秋冬コーデの完成です。
ブラウンのブーツがアクセントになっていますね。

デートに女子会、パーティーなど、とびッきりオシャレしてお出かけしたい日ってありますよね。そんな時にチェックしてほしい、アウター×ワンピースの最強コンビをご紹介します。素敵なアウターと素敵なワンピースの組み合わせなら、誰にも負けないオシャレガールになれそう♡

小物を黒で統一してまとまりを

小物を黒で統一してまとまりを

カラーで秋冬感を出すならブラックの小物を取り入れましょう。
締め色にもなって、落ち着きまでゲットできちゃいます。
ベレー帽がさらに季節感を出していて印象的なコーディネートです。

カジュアルな洋服を着ることが多くなって、ワンピースを着ることに抵抗がある方は少なくないはず。気張らないデザインのワンピースを一着見つけて、久しぶりに出かけてみるのもいいかもしれません。そこで今回は、シャツワンピやサテンワンピなど、気張りすぎないワンピースについて紹介します♡

ロング丈ならおしゃれ上級者に

ロング丈ならおしゃれ上級者に

ロングのワンピースに敢えて同じ丈のアウターを合わせてみるのもありかも。
大人な雰囲気が出て、シックにまとまります。
古着のようなレトロなワンピースで合わせればアンニュイな雰囲気になりますね。

ワンピースって可愛いしラクに着られるけど、着て終わりになりがち。それでは着こなしがマンネリ化しちゃうし、せっかく素敵な一着を買ったのにすぐに飽きちゃうかも。そこで意識したいのが+αな一癖を加えること。ワンピースを長く愛すためのお手本コーデを紹介します。デニムやカラータイツと合わせるなど、着こなしの幅が広がりそう...♡

帽子にアクセントを

帽子にアクセントを

ファーの帽子が秋冬らしいスタイルです。
足元はローファーを合わせて少しクラシカルに。
全体的に落ち着いた色味なので、マットな赤リップでメイクまで楽しめば気分も上がっちゃいそう。

レトロで女の子らしい、フリルやレースをふんだんに使ったアイテムを取り扱っている『Par Avion(パラビオン)』。今回はそんなパラビオンから王道のワンピースコーデとシルエットのかわいいシャツコーデを中心にご紹介します。古着愛好家の方にもぴったり、定番USEDアイテムと一緒にパラビオンの世界を楽しんでみてください♪

ベルトでスタイルアップ

ベルトでスタイルアップ

縦長に強調されがちなワンピーススタイルも、ウエストを絞ってスタイルアップ。
スッキリまとまっていますね。
キャップも素材や色で選べば肌寒くなってきた季節にもOKなカジュアルスタイルになります。

花柄アイテムにキャップ、デニム、ファーバッグを合わせた3つのカジュアルでレトロなコーディネートを紹介しています。季節感バッチリのスタイルが揃っています。ぜひ秋冬は花柄のワンピース、トップス、ガウンを身につけて、レトロガールに変身しましょう。

同じ色味で季節感を

同じ色味で季節感を

ダークカラーの花柄ワンピースに同系色のカーディガンとシューズ、バッグを合わせれば秋冬らしい落ち着いた雰囲気のコーディネートに。
長めのカーディガンがゆるっとした柔らかい印象を与えてくれます。
ロング丈のワンピースにぴったりのスタイルですね。

全身をブラウンの色味で統一したブラウンコーディネートは、こなれ感を演出することができ、秋冬気分を盛り上げてくれます。コーデに季節感が足りないと感じた方は、ブラウンコーデに挑戦してみてください、今回は、ブラウンコーデのポイントと、ワンピースやアウターなどのアイテムを紹介します♡

定番の黒ワンピも着回して

定番の黒ワンピも着回して

シックにまとまる黒のワンピース。
1枚あればカチッと決まりますが、だからこそ印象は変えづらいもの。
でも、しっかり着回せちゃいます。

デニムをプラスしたらカジュアルに

デニムをプラスしたらカジュアルに

ロールアップしたデニムがおしゃれさんに見せてくれるコーディネート。
重くなりがちな黒ワンピースも、足首や手首、首元を出すことでスッキリした印象に変えることができちゃいます。

一枚でお洒落にきまり、一枚でどんなシーンにも対応できる服。それこそが「黒ワンピース」でした。日常はカジュアルに、旅行ではリゾートな着こなしに、そして特別な日にはおめかしできる。どんなときにも役立つその実力に魅了されること間違いなしです。

ストールを合わせてフェミニンに

ストールを合わせてフェミニンに

暗めのグレーのストールを合わせることで落ち着いた雰囲気の着こなしに。
ストールを巻くのではなく、羽織ることでふんわりと女性らしさを演出することができます。

ワンピースをメインにストールとスヌードをそれぞれ合わせたコーディネートを4つ紹介しています。寒い冬には欠かせないストールとスヌード。ワンピースに合うアイテムをおしゃれに女性らしさを取り入れてコーディネート。ぜひ、ワンピースに合わせてみてください。

キャミワンピも秋色で着回して

キャミワンピも秋色で着回して

春夏に活躍してくれるキャミワンピ。
インナーをオレンジにすることで暖かみが出て季節感のあるスタイルになります。
小物も暗めの色で統一しているので、さらに秋っぽさが出ていますね。

ワンピースって一枚でその日のコーディネートがほとんど決まっちゃう。だから、そのコーデに合った着こなし方をすることもとっても大切です。今回はワンピースの丈をひざ上・ひざ丈・ひざ下に分けた、いますぐ真似できちゃうコーディネートをまとめました。自分に合ったワンピースを見つけてワンランク上のお洒落を目指しましょ。

ライダースで辛めにキメて

ライダースで辛めにキメて

たまにはライダースを着て辛めのスタイルにも挑戦。
スタイリッシュにかっこよくなります。
黒のライダースだと全身真っ黒になってしまうので、バッグやストールで淡い色を取り入れるとキレイにまとまります。

黒のダブルライダースを使った7つのレディスタイルを紹介しています。場面場面に合ったスタイルを7日間に分けて、ダブルライダースと共にコーディネート。フェミニンなスタイル、カジュアルなスタイルなどにライダースを合わせています。ぜひ、女性らしいスタイルをしてみてください。

アイテム次第でドレッシーにも

アイテム次第でドレッシーにも

落ち着きすぎてしまう黒ワンピースを華やかに着こなすこともできちゃいます。
袖にボリュームのあるアウターに、華奢な小物を合わせれば女性らしさを強調した、パーティーにもいける着こなしに。
レオパード柄のバッグでトレンドもバッチリ押さえてみて。

白はふわふわして甘い、黒はシックで可愛らしさが足りない、なんて、色のイメージだけで着るのを諦めたりしていませんか?今回は、“甘くない白”と“甘い黒”で叶える大人っぽファッションのご提案です。白と黒を使った、今どきなコーディネートをチェックしましょう!

ワンピースって着回し最高

ワンピースって着回し最高

知らなかったワンピースの可能性。
こんなにたくさん着回すことができるんです。
気になったコーディネート、さっそく明日からでも挑戦しちゃいましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

“ワンピース”としてだけ着るのは勿体ない。ワンピースイメチェン大作戦!

“ワンピース”としてだけ着るのは勿体ない。ワンピースイメチェン大作戦!

  • floweri.公式
  • 74198view
ワンピースじゃなくて“ワンピース感”が最大の鍵。ゆる感メインの色気にギャップ萌え

ワンピースじゃなくて“ワンピース感”が最大の鍵。ゆる感メインの色気にギャップ萌え

  • lilychild公式
  • 9191view
ワンピースを着るには理由がいるの。私と春とワンピースと、たくさんのときめきを

ワンピースを着るには理由がいるの。私と春とワンピースと、たくさんのときめきを

  • miri公式
  • 50195view
ぺたんことふわんの相性って最強すぎ。ロングワンピース×フラットシューズの関係♡

ぺたんことふわんの相性って最強すぎ。ロングワンピース×フラットシューズの関係♡

  • ねこ太郎公式
  • 9915view
夏にはやっぱりワンピースが欠かせないでしょ?“jouetie”のおすすめワンピース特集

夏にはやっぱりワンピースが欠かせないでしょ?“jouetie”のおすすめワンピース特集

  • りりぃ公式
  • 13201view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

airo_m公式

ほうじ茶系

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。