スマホで無料で小説が読めちゃう!?「i読書-青空文庫リーダー 」アプリに注目
hotahota

スマホで無料で小説が読めちゃう!?「i読書-青空文庫リーダー 」アプリに注目

「i読書-青空文庫リーダー」という無料のアプリを使えば、スマートフォンで無料で有名小説を読むことができちゃうんです!この記事では使い方やおすすめ作品を紹介します。筆者はこのアプリをもう1年以上愛用していて、暇な時間ができた時や、通勤や通学などの時間で何冊もの本を読むことができました!

更新 2018.09.02 公開日 2018.09.02
目次 もっと見る

本を持ち運ぶのは重い…

通勤・通学時間など、スキマ時間で読書ができたら理想!
とはいっても、本を毎日持ち運ぶのは重いし、めんどくさい…そんなあなたにおすすめのアプリがあります!

スマホで無料で!?

「i読書-青空文庫リーダー」という無料のアプリを使えば、スマートフォンで無料で有名小説を読むことができちゃうんです!
この記事では「i読書-青空文庫リーダー」の使い方やおすすめ作品を紹介します。

「i読書-青空文庫リーダー」

「青空文庫」とは、作者の死後50年を経て著作権が消滅した作品と「自由に読んでもらって構わない」とされた作品をインターネット上で公開する活動です。

簡単にいうと、無料で楽しめるインターネット上の図書館のような存在です。それをスマートフォン用のアプリにしたのが「i読書-青空文庫リーダー」!

「i読書-青空文庫リーダー」では、実際に本のページをめくるようにスマートフォンで小説を読むことができるんです。
ダウンロードは以下のリンクから♡

筆者が実際使ってみて

筆者はこのアプリをもう1年以上愛用していて、暇な時間ができた時や、通勤や通学などの時間で何冊もの本を読むことができました!
もともと読書は好きでしたが、青空文庫で公開されている明治〜大正時代の作品は詳しくなかったので、このアプリを入れたことで新たに作品を知る機会が増えました。

また「i読書-青空文庫リーダー」には「月間ランキング」や「日替わりランダム100」という機能があり、人気の作品やランダムに選ばれた作品と出合うことができます。
もともと読書好きの方にとっても、普段あまり読書をしない人にとっても興味の幅を広げてくれる素敵な機能です♡

電子書籍の便利さ

筆者は実は初めは「電子書籍はちょっと…紙がいいな…」と喰わず嫌いしていたのですが、使ってみるとその使いやすさ、持ち運ばなくていいという便利さにびっくり!
もし電子書籍に抵抗がある人でも、まずは騙されたと思って1作品読んでみてほしいです。

青空文庫で読める!おすすめ作品

太宰治『人間失格』

誰もがタイトルを聞いたことがあるであろう、昭和初期に活躍した「無頼派」作家、太宰治の名作。
他人の前では道化を演じる繊細で自意識過剰な青年の人生を描きます。

夏目漱石『こころ』

高校の現代文の教科書で習ったことがある人も多いであろう、日本文学史に輝く傑作。
100年以上前の執筆時から現代に至るまで、多くの日本人の心を掴んで離さない作品です。

夢野久作『ドグラ・マグラ』

「日本探偵小説三大奇書」に数えられ、「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とまで言われている奇書。
そう言われると読みたくなるのが人間の性!!このような個性的な作品も青空文庫で読むことができます。

堀辰雄『風立ちぬ』

病に侵されていく婚約者とともに過ごすサナトリウムでの切ない日々を、繊細で瑞々しい感性で描いた傑作。

ジブリ映画『風立ちぬ』の原案でもあります。

読んだ本を記録したいなら「読書メーター」

「本を読み終わったあとはたくさんのことを感じたのに、時間が経つと忘れてしまう」「読みたい本があったのに、本屋でタイトルが思い浮かばない」といった経験をしたことがある方も、多いですよね。
そんな方におすすめのアプリが「読書メーター」。

「読書メーター」は、日々の読書量を記録することができるアプリです。レビューを検索することや読みたい本を登録・管理することもでき、読書のモチベーションを保ちたい人におすすめ!

こちらもおすすめ

ムーミン100冊読書ノート

¥421

これから読む100冊の記録でも、これまで読んだ100冊の記録を書いても良い、読書ノート。可愛い表紙で読書モチベもアップ♡

読書をもっと身近に

スマートフォンで無料で小説が読めるアプリを紹介しました。読書をさらに身近な存在にしてくれるアプリを使って、スキマ時間を有効活用しましょう〜!

spacer

RELATED