重要なのは“ギャップ”でした。久しぶりの再会で、彼をドキドキさせちゃう方法♡

久しぶりに彼と会った時、「前より可愛くなったね!」って言われたい。そんなあなたへ。昔とは違った一面を見せてドキドキさせちゃいましょう♡ドキドキさせるカギは、“ギャップ”。外見はもちろん、内面の変化も見せて、グンと魅力溢れる女性に大変身してみませんか?

久しぶりの再会

久しぶりの再会

成人式、同窓会、ご飯のお誘い、飲み会、駅でバッタリ…。
そういった“久しぶりの再会”の時、男性をドキッとさせられるようになりたいっ!
そのためには、見た目や内面の変化が大きなカギになるみたい♡

今回は、久しぶりに会った男性をドキドキさせちゃう方法をご紹介します。

“ギャップ”で心をつかもう~!

“ギャップ”で心をつかもう~!

出典: latte.la

見た目の変化は、久しぶりの再会に効果てきめん。
ファッションやヘアスタイルに変化をつけてみましょう!

まず、ファッションから。
昔はカジュアルな服装が好きだった!という人は、ワンピースやスカートなど、女性らしい柔らかいテイストの洋服を選ぶと良いでしょう。
大きな変化があることで、ギャップを感じさせられます。

「大学時代はいつもジーンズだった女性が、久しぶりに再会したら大人っぽいワンピースを着こなしているのでドキッとしてしまいました。テイストが変わるとギャップ萌えみたいな感じでドキドキします」(29歳・会社員)

出典:googirl.jp

次に、ヘアスタイル。
昔はロングヘアだった人がショートヘアになっていたり、ショートヘアだった人がロングヘアになっていたり。
昔と違う姿にドキッとする男性は多いようです。

「昔ずっとショートヘアだった女の子が、久しぶりに会ったらロングヘアで『いい女になった!』ってドキドキしましたね。その逆もあると思います! ロングだった女性がばっさりボブとかにすると、その変化にドキッとします」(31歳・インテリア関連)

出典:googirl.jp

内面の変化にドキッ!

内面の変化にドキッ!

昔は地味で内向的な性格だったのに、久しぶりに会ったら明るくなっていた。

見た目の変化もそうですが、やはり内面の変化も大事。
昔はあまり話せなかったけど、今はいっぱい話してくれる!とそこでギャップを感じる人も多いんだとか。

また、何かに一生懸命に取り組んでいる姿にも魅力を感じるんだとか。
仕事や勉強、自分のやりたいことを頑張っている人って自然と応援したくなりますよね。

多くの男性は、依存的な女性に対して、良い印象を持ちません。
何だか、エネルギーを吸い取られるような感覚を感じたり、一緒にいることが苦痛になるのです。
そんな女性が、久しぶりに会って、自分の人生を一生懸命に生きていたり前向きに生きている姿を見ると、男性が驚くことは間違いないでしょう。

出典:howcollect.jp

出典: latte.la

昔は子供っぽいところがあったり、言葉遣いが少々乱暴なところがあったり…。
だけど、大人になったら丁寧な言葉遣いになって、マナーも身についていた。
そんな変化があると、「大人な女性」な部分を見せることが出来ます!

また、何気ない気遣いが出来たり、聞き上手になっていたり。
会っていなかった時間の中、いろんな経験をして魅力が増した女性にドキドキする男性も多いようです。

「当時は『こいつ、常識知らずだな』『すぐに感情的になるなんて、子どもっぽいな』と小ばかにしているところがあったけど、今では立場が逆転! 社会人になってぐっとオトナになって、魅力溢れる女性になった」(26歳・公務員)

出典:my-closet.jp

昔と変わらない

昔と変わらない

とはいえ、やはり昔のままの雰囲気に魅力を感じる男性も。
大人になるにつれてファッションやメイクは変わったけれど、中身は昔のまま。

無邪気に笑う姿や話し方など、昔を思い出す何気ない姿に心惹かれる男性も多いようです。

これは気を付けて~!

これは気を付けて~!

久しぶりの再会で気を付けるべきことは、「マウンティング発言」と「暴露話」。
この2つのNG行動について詳しくお話します!

マウンティング発言!

マウンティング発言!

自分が常に優位になっていると思い、それをアピールしてしまうマウンティング発言。
意識しているつもりはなくても、自然と会話の中で相手を見下してしまってるかもしれません。

「俺は、女性同士の話をこっそり聞いてしまいます。男の前だと、ぶりっ子もするだろうし。ゲンナリしたのは、

『お金を頑張って貯めて、初めて海外旅行をした』と本当に嬉しそうに話していた子に向かって『私もボーナス月は海外旅行が定番で〜』と自慢をかぶせていた子かな。

なんで素直に『頑張ったね!良かったね!』とか言えないの?」(27歳/不動産系)

出典:aikatu.jp

また、悪口や嫌味なども印象があまりよくありません。
昔話に花が咲いた時、ついつい言いたくなってしまうことがあるかもしれませんが、控えましょう。

陰口や悪口、嫌味などは、マウンティングの定番行動だと言えそう。またうわさ話が好きな人も要注意!という意見もありました。ただ女子同士で盛り上がっているだけのつもりでも、意外と男性目線は厳しいものだと言えそうですよ。

出典:woman.mynavi.jp

暴露話!

暴露話!

続いて、暴露話。
場を盛り上げようとして、恥ずかしい過去の話を皆の前で暴露してしまう…。
自己申告ならまだしも、他の人に暴露されてしまうなんて…自分がやられたらどう思うでしょうか?

「若い頃って、誰でも封印したい思い出のひとつぐらいありますよね?それを『◯◯くん、あのとき必死で隠してたよね!みんな気付いてた?』って暴露されたときは幻滅しました。

『昔の話だし……時効だよね?』って言ってきたけど、デリカシーなさすぎる!」(29歳/公務員)

出典:aikatu.jp

暴露話より、相手のことを褒めたり楽しかった思い出をお話するようにしましょう。
久しぶりの再会で印象ダウンは避けたいものです。

その言葉が聞きたくて…

その言葉が聞きたくて…

「なんか…可愛くなったね?」

そう、その言葉が聞きたかったんです♡
昔と変わった私、どうかな?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。