それ化粧してるの?菌塗ってるの?メイクブラシの定期ケアで肌・発色・質を守ろう

ブラシやアイシャドウチップ、パフなどメイク道具は種類が豊富。毎日メイクを支えてくれているアイテム、最後にいつ洗いましたか?不衛生なメイク道具を使い続けると、肌荒れや目の炎症、メイクのノリや道具の質の低下を招きます。専用クリーナーなどを使って、常に清潔な状態にしてあげましょう。可愛いメイクブラシも併せてご紹介します。

いくらいいメイクアイテムを使っても

いくらいいメイクアイテムを使っても

出典: unsplash.com

質が高くてコストパフォーマンス最強のプチプラコスメ。
自分へのご褒美としてたまに買うデパートコスメ。
どちらも毎日お世話になっているアイテム。

けどいくらいいメイクアイテムを使っていたって、そのアイテムを顔にのせるためのメイク道具が汚かったら台無しです。

例えば、チークをのせる際に使うブラシ。
アイシャドウを塗る際に使うアイシャドウチップ。
ベースを塗る際に使うパフ。
考えてみるとたくさんの種類の道具があります。

これらの道具は定期的にケアしてあげましょう。

お化粧ブラシを洗うべき理由

まず何よりお肌によろしくない

まず何よりお肌によろしくない

家に帰ってきてから、お風呂で自分の体を洗いますよね。
着た服は洗濯するし、使ったお皿も洗います。
なぜなら“汚い“からです。

メイク道具も同じこと。
化粧成分のみならず、顔の皮脂や汗も付着するため時間が経てば経つほど汚くなってしまいます。

今までそんなメイク道具が直接肌に触れていたのだと思うと…少しゾクッとしませんか?

出典: unsplash.com

危険なのは“肌”だけでなく、“目“も。
アイシャドウチップで目の粘膜近くまでアイシャドウを塗ったりしますよね。

不衛生な道具を使い続けると、“ものもらい”などのトラブルを引き起こしやすくなります。
目が腫れてしまうため人に会うのが億劫になったり、痛みを伴うため気分が落ち込んでしまいます。

メイクのノリがよろしくない

メイクのノリがよろしくない

汚れが溜まった道具でのメイクは、発色が劣ってしまいます。
きめ細かくて丁寧な仕上がりのメイクではなく、ムラのあるメイクになってしまうのです。

せっかくのお気に入りコスメを最大限に活かして、仕上がりのいいメイクにしたいですよね。

道具にとってもよろしくない

道具にとってもよろしくない

出典: unsplash.com

道具をそのまま放置し続けると、道具自体の質も下がってしまいます。
せっかく買ったお気に入りのメイク道具は、できるだけ長い間使用したいですよね。

定期的にメイク道具をケアしないことによるデメリットはたくさんあるのです。

オススメの洗い方

基本的には固形石鹸やシャンプー

基本的には固形石鹸やシャンプー

基本的には、桶などにぬるま湯を溜めて、固形石鹸やシャンプー等で洗う方法があります。

メイク道具を傷つけないように、丁寧に汚れを落としてあげましょう。
洗った後は、タオルやキッチンペーパーの上に置いて、きちんと乾かすことも忘れずに。

約1週間前後のペースで洗うのが理想です。

効果的なのは専用クリーナー

効果的なのは専用クリーナー

もっと効果的なのは、メイク道具専用のクリーナーやグッズを使うこと。
写真のアイテムは、なんと100均のダイソーで手に入れることができる商品。

筆者も実際にこのアイテムを使用していますが、紙コップ等にクリーナーとブラシを入れ、くるくるとかき混ぜるだけでOKなのでとても楽チンで重宝しています。

メイクブラシ&スポンジクリーナー

商品

メイクブラシ&スポンジクリーナー

¥497

SHO-BI(ショービ)の、ブラシのみならずスポンジまで洗うことのできる万能な専用クリーナーです。
動物毛のブラシなどを傷めにくい、中性の洗浄剤。

スポンジクリーナー

商品

スポンジクリーナー

¥825

資生堂のスポンジクリーナー。
汚れや雑菌をすっきり落としてくれる効果に加え、柔軟効果もあるとのこと。肌あたりがソフトになって、使えば使うほど肌に優しくなりそうですね。

メイクブラシホルダー

商品

メイクブラシホルダー

¥1,290

Docolor(ドゥカラー)のメイクブラシを干す専用のスタンド。
「こんなアイテムがあるなんて」と思わずびっくりしましたか?一箇所にスッキリと収納できる優れもので、乾かすのが楽になりますね。

ケアし続けたくなる素敵なお化粧ブラシ

100均のダイソー

100均のダイソー

こちらはダイソーの新商品の、マーメイドとシェルをモチーフにしたメイクブラシです。

グラデーションが綺麗で、色合いがとても可愛らしいですよね。
ブラシもフワフワした触り心地とのこと。
100円で買えるなんて…!

JILLSTUART(ジルスチュアート)

JILLSTUART(ジルスチュアート)

女の子が求める“可愛い”をこれでもかというほど詰め込んだブランド、JILL STUART Beautyはメイクブラシまで可愛いのです。

清楚でシンプルなデザインですね。
メイク道具を全てJILLSTUARTに揃えて、毎朝幸せな気分でメイクをしたいぐらいです。

SIX PLUS(シックスプラス)

SIX PLUS(シックスプラス)

SIX PLUSの大理石柄のメイクブラシがとても素敵。

ホワイトが基調になっていて、清潔感や高級感が溢れんばかりです。
他にも“貴族のゴールド”という、金色を基調としたメイクブラシのシリーズもあります。

毎日お世話になっているモノだから

毎日お世話になっているモノだから

毎日のメイクを支えてくれている、“縁の下の力持ち”なアイテムだから。
感謝の気持ちも込めて丁寧に洗ってあげよう。

いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。