こんな時どうする?美容室に行く時、気にしていること&解決策でワクワクタイムに

綺麗にしてくれる美容室ですが、行く時って気にすること結構ありませんか?そんな美容室で起こる、こんな時どうする?な悩みと解決策をまとめてみました。緊張して気まずい時間になっていたり、上手にしたい髪型を伝えられなかったり。せっかくならリラックス&好きな場所にしてほしい。美容室に行く前に、ぜひチェックしてみてください。

ちょっと緊張するんだよな〜。

ちょっと緊張するんだよな〜。

出典: unsplash.com

定期的に訪れる美容室。
髪を綺麗にしてくれるから、毎回楽しみなんだけど
ちょっと緊張するんだよな〜。

カウンセリングでうまく伝えられるか、
どんな髪型で行ったらいいの?
施術中、若干気まずくないか…?

なんて気にしていること、結構あるのでは?

出典: www.beauty-navi.com

それって、美容室あるあるの悩みですよね。
でも自分が気にしていたことって
逆に美容師さんも気にしてくれていたり。

そんな美容室に行く時に気にするべきところと
こんな時どうする?なお悩み解決をまとめてみました。

せっかく綺麗になるのに、緊張してたら
もったいないじゃない?
あなたの月一の大切なイベントが
ドキドキじゃなくて、
ワクワクなサロンタイムになりますように。

__ 何着よう髪型どうしよう:身だしなみ

▷ヘアは、ばっちりキメる!

▷ヘアは、ばっちりキメる!

出典: latte.la

美容室に行く時こそ、ばっちりキメて行きましょう。
なぜかというと、
「自分のいつもの雰囲気を見てもらう」ためです。

普段どんなヘアスタイルにしているのか、
どんな雰囲気が好きなのかな、
と美容師さんは見ています。

なのでどうせシャンプーするから〜と適当で行かず
遊びに行くおしゃれヘアにしていくと◎。
今のスタイルの改善点も見つけてくれるかも。

 →髪の悩みを分かるようにするのも大事

 →髪の悩みを分かるようにするのも大事

出典: unsplash.com

しっかりキメていくのをおすすめしましたが
もし「ここの部分がいつもハネる」など
悩みで気になることろがあるなら
それを分かるようにアレンジはせずにセットする。

など悩みと現状を見てもらえるように
して行くのがおすすめです。

▷ファッションも、おしゃれにキメちゃって

▷ファッションも、おしゃれにキメちゃって

ファッションは自分なりのおしゃれをすると◎。
これもヘアと同じく、
普段の雰囲気を見てもらうためです。
ファッションで個性が見える、
と言っても良いほど強く印象付けるもの。

服の系統によってスタイリングなどの提案や
巻き方など合わせてくれるので
休日ファッションで行くといいですね。

▷リップグロスは少なめに、パウダーは多めに

▷リップグロスは少なめに、パウダーは多めに

出典: unsplash.com

メイクも基本はいつも通りでOKですが、
まずリップグロスは少なめにして行きましょう。
どうしても髪が付いてしまうので
グロスは控えるか、少なめがおすすめ。

フェイスパウダーは多めに付けると◎です。
前髪をカットすると短い髪の毛が顔につきますよね。
パウダーを多めに付けてサラサラなお肌にしておくと
顔についた毛が落ちやすくなります。

__ どうやって伝えよう:カウンセリング

▷希望のヘアスタイルは写真で見せて

▷希望のヘアスタイルは写真で見せて

出典: unsplash.com

一番美容室で苦戦するのって、
カウンセリング時ではないでしょうか。
希望のスタイルを言葉で伝えるのって難しいですよね。

そんな時は前もって髪型、髪色を画像で用意しておいて
こんな感じにしてください、と伝えるのが◎

 →ただし、こだわりはきちんと伝えること!

 →ただし、こだわりはきちんと伝えること!

写真で見せても自分なりに
前髪のここはこう!とか、触覚の部分はこれくらいに!
とか小さいこだわりがあると思います。

そういう部分は写真を見せただけでは伝わりにくいので
自分から積極的に伝えましょう!
たくさん要望を伝えたとしても
美容師さんは嫌ではないのでご安心を。

むしろ最初に言ってくれた方が助かる、
という方も多いみたいですよ。

 →おすすめ美容師さんのIGアカウント

 →おすすめ美容師さんのIGアカウント

GARDEN harajuku(ガーデン・ハラジュク)の代表を務める
大沼圭吾(おおぬま けいご)さんの
Instagramアカウントをチェックして!

IGアカウントにはたくさんのヘアスタイルを
アップしているので、参考にしやすいです。

ショート〜ロングまでの全てのヘアスタイルを得意と
しているので、悩みなども相談もしやすいですよね。
顔周りのデザインは、とっても重要な技術なので
お任せすれば、希望通りの可愛さが叶うかも?♡
そのまま予約をするのもおすすめです。

大沼圭吾さん

▷過去の施術歴を伝えること

▷過去の施術歴を伝えること

出典: latte.la

カウンセリング時に過去の施術歴、聞かれますよね。
その時はいつくらいに何をしたのかを
きちんと伝えることが大切です。

ブリーチやパーマなどを繰り返している場合、
ダメージが強く残ることもあり
きちんと髪の状態を把握する必要があること、
また黒染めをしていることによって
カラーの方法も変えたりする必要があるそうです。

仕上がりにミスが出ないためにも
きちんと担当の美容師さんに伝えましょう。

__ 洗われてる時って、緊張する:シャンプー

▷力を抜くこと

▷力を抜くこと

出典: unsplash.com

それだけ?と思うかもしれませんが、
とても重要なことなんです。
シャンプー中は美容師さんに全部任せるつもりで
力を抜いてリラックスしましょう。
むしろ寝ていてもOKです。

自分の力で頭をあげてしまうと
シャワーがずれて首に水が入る恐れもあるので
自分はただ寝ているだけでいいのです。

▷力やシャワー温度は素直に要望を言う

▷力やシャワー温度は素直に要望を言う

「力加減よろしいですか?」

「お湯の温度よろしいですか?」

シャンプー中、必ず聞かれませんか?
この質問に、90%の方が
「大丈夫です」と答えているはず。

これでも全然問題はないのですが
もしもっとこうしてほしい、などあれば
素直に言ってくれるほうが
美容師さんは嬉しかったりするんですって。

__ たまに流れる気まずい雰囲気:施術中

▷無理にお話しなくてOK

▷無理にお話しなくてOK

出典: unsplash.com

美容師さんとお話したい方はOKなのですが、
あまり話したくない、そっとしておいてほしい。
そんな方もたくさんいると思います。

そしたら話す必要はないので、
無理に話そうとしなくてOKなんです。
初めての美容室だと、
美容師さんもお客様がどんな方なのか探るために
話しかけられることがあると思います。

そんな時は軽くお話しするだけでいいんです。
雑誌など読んでいれば、話したくない方なんだな、
と美容師さんも感じ取ってくれるはずですよ。

▷お手洗いは聞かれたタイミングがベスト

▷お手洗いは聞かれたタイミングがベスト

出典: unsplash.com

「お手洗い行かれますか?」

なんて節々に聞いてくれる美容師さん。
常識やおもてなしとして聞いていることもありますが
施術中に行けないことが多いので
キリの良いタイミングで聞いているそうです。

パーマやカラーリングなど、
時間が決められているような施術のときには
お手洗いに行くことが難しいため
聞かれたタイミングで行っておくのが良さそうです。

緊張もせず、ワクワクなサロンタイムに

緊張もせず、ワクワクなサロンタイムに

綺麗にしてもらう場所でワクワクなはずなのに、
なんだかドキドキ緊張する場所になってた。

美容師さんにとって、ヘアサロンは
「綺麗になれてリラックスできる、好きな場所」って
思ってほしいんだって。

もう緊張せずに、ワクワクするサロンタイムになりそうです♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

“幸せな寝落ち”を体験。話題のハンモック美容室で極上の安らぎと美をいただき♡

“幸せな寝落ち”を体験。話題のハンモック美容室で極上の安らぎと美をいただき♡

  • lilychild公式
  • 14643view
美容室でスタイリングは何にする?もっと可愛くしてもらうためのサロン仕上げカタログ

美容室でスタイリングは何にする?もっと可愛くしてもらうためのサロン仕上げカタログ

  • ゆいぷぉい公式
  • 11702view
その服装、美容師さんを困らせてる?美容室前にチェックをしたITEM選びのコツ

その服装、美容師さんを困らせてる?美容室前にチェックをしたITEM選びのコツ

  • いむちゃん公式
  • 75605view
サロンに行ったらココを見よ!@美容室はオシャレ女子のリアル教科書だったんです

サロンに行ったらココを見よ!@美容室はオシャレ女子のリアル教科書だったんです

  • デッカちゃん公式
  • 18516view
ハイネックはOK?NG?気になる美容室での服装は、ポイントを押さえておしゃれに

ハイネックはOK?NG?気になる美容室での服装は、ポイントを押さえておしゃれに

  • miyu公式
  • 15416view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

__imarin.公式

戦いのときだ〜

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。