「オタクは軽率に飛びます。」韓ドルオタクによる海外遠征のやり方・コツをご紹介!!

韓ドルファンのみなさん〜!きっと一度は憧れる海外遠征。ソウルや香港、台湾などで韓国アイドルはライブをすることが多いですよね。「海外公演のライブに行くって、楽しそうだけど不安…」という人もいるはず。今回は、そんな海外遠征に挑戦しようとしているみなさんに向けた海外遠征のやり方とコツを載せた記事になっています。

海外のライブにも行ってみたい…!

海外のライブにも行ってみたい…!

「海外のライブにも行ってみたい…!」と思う人もいるはず。

特に韓国アイドルは、世界中でツアーをやっていますよね。
だからこそ、日本以外のライブにも行ってみたいと思うもの。

今回は、そんな初めて海外(ライブ)遠征をする人に向けた記事になります♡

①:SNSで、公式情報をGETする

①:SNSで、公式情報をGETする

出典: shutterstock

まずは、ライブが行われるかという情報を得なければ、始まりません!

日本のFCに入っている場合、日本公演の情報は入ってきますが、海外公演の情報って入手しにくいこともありますよね。

そんな時は、公式のSNSをチェックしておくと◎。
公式で、発表されたら、ここからが勝負です〜!

②:チケット代行サービスを使う

②:チケット代行サービスを使う

出典: shutterstock

海外のチケットを購入するのってかなり高難易度…。

韓国のライブだと韓国語がわかる友達などに頼めばチケット入手もできるかもしれませんが、海外のチケッティングは、基本的に先着。ネットに繋がらなかったら、チケットすら入手できない…ということも。

韓国だけでなく、香港や台湾になるともっとわからないですよね。だからこそ、こういった場合は、チケッティングを代行してくれるサービスを使うのがおすすめです。

#チケットをGETするための注意!

代行は、手数料がかかります!

代行は、手数料がかかります!

出典: shutterstock

チケッティングに関しては、ネットで、チケット代行と検索すれば、代行サービスサイトを見つけることができます。
日本語で、対応してくれるところもあるので、安心して使えます。

ただ代行ということで、代行料(手数料)がかかるので、普通のチケットよりも少し高めの値段になります。しかし初めて、海外遠征に行くという人は、プロに頼むのが安心です!

会場の席を確認しましょう!(席によって値段が違います!)

会場の席を確認しましょう!(席によって値段が違います!)

出典: shutterstock

日本は、抽選で、どの席も同じ値段というのが普通ですが、海外の場合では、席によって値段が変わります。

アリーナが一番値段が高く、アイドルを近くで見ることができます。ただ椅子がなく、スタンディングという会場が多いので、ずっと立ちっぱなし、押されっぱなしで、怪我をしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

③:代行サービスにお金を振り込む

③:代行サービスにお金を振り込む

出典: shutterstock

筆者が実際使った代行サービスでは、先払いでお金を振り込みました。日本円で振込することができたので、とっても簡単でした!

チケッティングが完了すると、代行の人から「チケットが用意できた」というメールが届きます。このメールが届けば、チケットはGET!

ライブに行くことができます♡

④:海外に行く準備をする

航空券をGETする

ポイント:ライブ前日には、行く国に着いておきたい!(ライブ前日の航空券をGETする)

出典: shutterstock

チケットが取れたら、次は海外に行くための準備をしましょう!

何より大切なのが航空券の予約。予約サイトを使ったり、旅行代理店で、予約をしましょう。

ポイントは、その国にライブ前日までには到着していること。飛行機だと天候などによって、出発時間が変わってしまうことがよくあります。だからこそ、前乗りしておくと安心です!

ホテルを予約する

ホテルを予約する

出典: shutterstock

ライブ当日、日帰りするのは、なかなか難しいですよね。だからこそ、ホテルも航空券と一緒に予約しておきましょう。

「すぐにホテルに帰って眠りたい!」という人は、ライブ会場近くのホテルを取っておくと◎。「旅行も楽しむ予定だ」という人は、中心地のホテルを取っておくといいですよ〜!

いざ、出発〜!

いざ、出発〜!

出典: shutterstock

いざ、ライブ前日。
しっかりライブ遠征に行く準備ができたら、出発です!

空港は、飛行機が飛ぶ2時間前までに着くように。前もって、ホテルの場所なども確認しておきましょう!

ワクワクのライブ遠征の始まり♡

#日本から持っていった方がいいもの

うちわ

うちわ

アイドルのライブだと定番のうちわ。

現地限定のデザインのうちわなどを販売するアイドルグループもいて、思わず欲しくなっちゃう人もいるかもしれません。しかしライブ会場によって、すぐに売り切れてしまうということも。

売り切れて、うちわなしのライブも寂しいものになってしまうので、日本から持っていくのが無難です。
また日本限定のデザインなら、海外でも目立つので、推しからファンサービスがもらえるかも?

多めのお金(現地のお金)

多めのお金(現地のお金)

出典: shutterstock

日本だとお金が足りなくなっても、すぐにATMに行けば、お金を調達することができますが、海外の場合だとなかなか難しいですよね。

ライブ当日は、買うつもりのなかったライブグッズを買ったり、予定と違うものを買う場合も。その場合に対応できるよう多めにお金を持っていきましょう。

クレジットカードもあると便利ですよ!

ペンライト

ペンライト

ペンライトがないとライブが楽しめない〜!
もちろん現地で買っても良いですが、現地の場合だとうちわと同じように早めに売り切れてしまう場合が。

売り切れてしまう可能性を考えると、元々持っているペンライトを持っていくのが最善です。
キャリーケースの中で、壊れないように丁寧に扱いましょう!

予備の電池

予備の電池

出典: shutterstock

電池、地味に大事なんです…!
複数回のライブに行くオタクのみなさんなら、きっとわかるはず。ペンライトの電池の消費ってめちゃくちゃ早い!

だからこそ、予備の電池が大事になってきます。日本では、会場近くのコンビニなどで買うことができるので、いいのですが、海外だとコンビニを探すのも一苦労…という場合も。

ライブ中ペンライトが光らず悲しい思いをしないためにも、日本から多めの電池を持っていくのをおすすめします。

小さめのトートバッグ(肩にかけられるもの)

小さめのトートバッグ(肩にかけられるもの)

ライブ会場周辺だけでなく、海外だと電車の乗り換えやホテルまでの移動などたくさん移動することがありますよね。
だからこそ、重い荷物だと肩が疲れてしまい、ライブ前に身体が疲れてしまう…ということも。

またスタンディングだと大きな荷物をその場に置くこともできません。
だからこそ、必要最低限の荷物を小さなトートバッグに入れて、移動するのがいいですよ。

これで、海外のライブも行けます♡

これで、海外のライブも行けます♡

初めての海外遠征でも、これさえ知っておけば、きっと大丈夫!
この記事を見たことで、よりたくさんの人が海外遠征に挑戦できますように♡

海外遠征に行こうと思っていた人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
海外のライブも楽しんじゃおう〜!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。