服はアル、着たい服はナイ。タンスの肥やし予備軍を復活させる5つのメソッド

山積みになった服の前で思う「服がない」。もはや女子あるあるじゃありませんか?今回は、タンスの肥やしになりそうな自分的旬の去った服を、またウキウキ気分で着られるようにする5つの方法をご紹介します。ウエストマークしたりバッグのストラップを変えてみたり…今ある服でコーデの幅を広げましょう♡

服はあるけど、今日着る服がない

服はあるけど、今日着る服がない

今日はコレの気分じゃない。
コレも着飽きた。
コレもなんか違う。

積まれた服の山を見て思う。
「「「服がない」」」

もはや女子あるある、服はたくさんあるけど着たい服はない問題。

今回は、もう着飽きてタンスの肥やしになりかけている服を復活させる、5つの方法をご紹介します。

また買った時みたいなウキウキ気分で着られますように◎

タンスの肥やし予備軍、卒業です

1)ウエストマークしてみる

1)ウエストマークしてみる

ワンピースや丈の長いカーディガン、Tシャツなどは、ベルトでウエストマークしてみると、違った楽しみ方ができますよ◎

ベルトの太さも、細いベルトだとフェミニンで華奢なイメージになり、サッシュベルトなど太いベルトだと今っぽくお洒落に着こなすことができます。

fifth フェイクレザーサッシュベルト/コルセットベルト

ZOZOTOWN

商品

fifth フェイクレザーサッシュベルト/コルセットベルト

¥990

リボンでウエストマークするサッシュベルト。
ゆったりとしたワンピースに合わせれば、メリハリをつけてくれます。
コーディネートをワンランク格上げさせてくれるかも◎

2)付け襟をつけてみる

2)付け襟をつけてみる

中にシャツを着ているように見せることができる付け襟は、カジュアルなトップスも、クラシカルで可愛らしいイメージに変えてくれます。

好きに付け外しができるので、色々なトップスに合わせて変化を楽しむことができます。

ハイネックタイプやニットタイプ、ビジューが付いているものから、レース素材でできたものなど、様々な種類があります。

1つ持っておくと便利なアイテムです◎

rps 付け衿

ZOZOTOWN

商品

rps 付け衿

¥1,393

フリルハイネックの付け衿。
脇部分にアジャスターがついているので、ズレを気にせずつけられます。
いつものトップスがガーリーに変身しちゃいます◎

3)差し色になるアイテムを投入してみる

3)差し色になるアイテムを投入してみる

赤や黄色など、ハッと目を引く色のアイテムはコーディネートにアクセントをつけてくれます。
バッグと靴を差し色で揃えると統一感がでるのでオススメです◎

あまり明るすぎる色だと浮いてしまいそうな時は、深みのあるグリーンやブルーをチョイスしてみてください。

Edit Sheen スカーフ付きスクエアポシェット

ZOZOTOWN

商品

Edit Sheen スカーフ付きスクエアポシェット

¥7,890

スクエアフォルムがクラシカルで大人っぽいポシェット。
スカーフ付きで、華やかさもプラスされています◎

menue アンクルストラップサンダル

ZOZOTOWN

商品

menue アンクルストラップサンダル

¥2,999

細ストラップが足首を細く見せてくれます。
根本が太いヒールなのではき心地も抜群!
洗練されたデザインです。

4)バッグのストラップを変えてみる

4)バッグのストラップを変えてみる

ショルダーバッグのストラップを変えてみても、印象がガラッと変わります。

チェーンに変えると、美人オーラ漂う上品バッグに。
デザイン性の高いストラップに変えると、コーディネートのアクセントになるお洒落さんのバッグに◎

MARC JACOBS ウェビング ストラップ スリム 付け替え用

ZOZOTOWN

商品

MARC JACOBS ウェビング ストラップ スリム 付け替え用

¥12,100

ウェビング素材が身体に柔らかくフィットする、マークジェイコブスのストラップ。
持っているバッグが旬顔で華やかなバッグに変身するはずです◎

5)まだ未知の組み合わせに挑戦

5)まだ未知の組み合わせに挑戦

なんとなくこのトップスにはこのスカートでこの靴。
という決まりが自分の中でありますよね。

それを全部真っ白に戻して、まだ試したことのない組み合わせに挑戦してみましょう◎

意外とそれがしっくりきて、その服のコーディネートの幅が広がるかもしれません。

モノトーンのコーディネートが多い人は、たとえばこのようにあえて全身を黒でかためてみたり◎
シックでお洒落さんという印象をゲットできるかもしれません。

コーデの幅が広がりました

コーデの幅が広がりました

もう私的旬は去ったと思っていたあの服も、まだまだ活用できるみたい。
タンスの肥やしにせず、今ある服でコーデの幅を広げていきましょう◎

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。