苦手なものは苦手。“無理やりホラースポット&怖い話のムード”時の回避セリフ集

夏の風物詩のうちの一つとして挙げられる“ホラー”。ホラースポットや怖い話はどうしても苦手なのです。泣いてやめさせることも、怒ってやめさせることも場のムードを壊してしまうからできない、という方に「ネタ編」「逆にホラー編」「それでも連行されたら編」と3種類に分けて回避セリフをご紹介します。苦手なものは苦手なんだ!

「なんで苦手なの?」って聞かれましても

「なんで苦手なの?」って聞かれましても

夏はプールにBBQに花火大会と楽しみなイベントがたくさんあるけれど、帰り道にかなりの高確率で発生する、また別のイベントがあります。

ムードメーカー的存在のあの子からでたセリフ。
「ねえ、怖い話しない?」
「ねえ、ホラースポット寄っていかない?」

で、でたよ…。本当に怖いものは苦手なの。
「なんで苦手なの?」って聞かれても、苦手なものは苦手なんだから仕方ない。

助けて。ムードを壊さずに、ホラーから避けられるセリフありませんか?

(♡)ネタ編

(♡)ネタ編

場のムードを壊さないことを重視するならば、やはり笑いに変えて事態を避けるのが良いかもしれません。

ホラーが苦手だという“恐さ”と、苦手だというのに聞く耳を持たない友人たちへの“怒り”が混ざったような気持ちを、ネタへと消化させて伝えます。

「夜、トイレ行けなくなっちゃう!」

「夜、トイレ行けなくなっちゃう!」

「怖い話聞くと、夜トイレ行けなくなる!困るから!夜だってトイレ行きたいから!」

怖い話を聞いて夜トイレに行けなくなる、というエピソードはたまに聞きますよね。
幼少期限定のようなエピソードを面白おかしく伝えて、なんとかその場を切り抜けましょう。

「怖い話したら、◯◯するから」

「怖い話したら、◯◯するから」

「今少しでも怖い話したら、◯◯ちゃんのスマホ一生通信制限になる呪いかけるから」

面白おかしく脅迫じみた発言をするのはいかがでしょうか。
少し腕が試される場面かもしれません。
他にも「家にあるお菓子全部食べてやる」など、上手に笑いに消化できるフレーズをひねり出してみてください。

「本当に!本当に無理!」

「本当に!本当に無理!」

「いや本当に!そういうフリじゃなくて本当に怖い話、無理!苦手なの!」

ストレートに粘り強く、怖い話が苦手だという旨を率直に伝えます。
少しオーバーリアクションに伝えると効果があるかも。

「怖い話はするなって言われてる」

「怖い話はするなって言われてる」

「お父さんとお母さんに怖い話だけはするなって言われて育った」

そんなことあるかい!とツッコまれることを見越したうえでの発言。
「まあそれは冗談だけどさ〜」と付け加えながら笑いに消化してしまいましょう。

(♡)逆にホラー編

(♡)逆にホラー編

敢えてこちらから、少しホラーな発言をするのはいかがでしょうか。

本格的なホラースポットに行けなくても&怖い話ができなくても、友人たちは一瞬だけ恐怖感を抱くことができて満足…するかも…?

「あっ…(後ろを指差す)」

「あっ…(後ろを指差す)」

「あっ…見て…」

向かい合って話している友人の後ろを指差しながらのこのセリフ。
時と場所によっては本気で怖がられるかもしれません。
「なんてね!嘘だよ〜」とネタバラシをすることを忘れずに。

「霊感あるんだ、私」

「霊感あるんだ、私」

「言ってなかったんだけど…霊感があるんだ、私。
怖い話すると本当に霊が寄ってくるんだよ」

ポイントは少し神妙な面持ちで言うことです。
このセリフに「だから怖い話はやめてくれ…」という気持ちを込めましょう。

「過去に取り憑かれそうになったことがある」

「過去に取り憑かれそうになったことがある」

「過去に、同じように怖い話しててそのうちの一人が本当に取り憑かれそうになったことがあるんだ」

自分の身を守るために、多少のウソも辞さないスタイル。
実際に経験したことがないエピソードを、さも本当にあったかのように話してしまいましょう。
後日きちんとネタバラシをすることを忘れずに。

(♡)それでも連行されたら編

(♡)それでも連行されたら編

必死の抵抗を試みても、なかなかこちらの悲痛の叫びを聞いてくれない時もあります。

無理やりホラースポットに連れて行かれる&怖い話をされることになってしまった際の、対処法も合わせてご紹介いたします。

ものすごく怖がる

ものすごく怖がる

何か怖いことが起こる前から、ひたすら怖がることです。

序盤から少しオーバーなほどに怖がるアクションをすることで「怖がる◯◯がもっと怖い」などと思ってもらえれば、怖い話をやめてくれるかもしれません。

ぴったりくっつく

ぴったりくっつく

信頼できる友人にぴったりくっついて、目をつむって耳を塞ぎます。

怖いものを見ないように、そして聞かないようにするのです。
その場をなんとか乗り切りましょう…!

ホラー抜きの夏を満喫しようじゃないの

ホラーを楽しみたい夏なのも分かるけれど。

私とは、ホラー抜きの夏も楽しもうじゃないの。
ほら、楽しいよ私と一緒に過ごす夏も。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。